2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を使っている人間だからこそわかる補聴器の実際


business-561387_640

補聴器を使っている人間だからこそわかる事としては、実際に使用するとどうなるのか。というところに集約されます。私自身補聴器を装用している身から感じるのは、補聴器は形状によっても使い勝手は異なりますし、補聴器から聞こえてくる音の感覚は、基本音響機器と大差ないという事です。また、私は両耳とも感音性難聴という難聴ですが、それでも音声を理解する事ができます。

私自身が補聴器を装用して感じている素直な内容を載せていきます。

経験から話せる事

補聴器を装用している身からすると、わかるのは

  • 形状の違い
  • 補聴器がどのようなものかわかる

の二つがあります。

補聴器がどのようなものかわかるに関しては

  • 補聴器の効果
  • 補聴器から聞こえてくる音

の二つになります。

形状の違い

たまに補聴器の形状は「ただ単に形状が違うだけで、中身は同じ。だから好きなものを選べば良いよ」という方がいるのですが、使用している身からすると「それはありえない」と感じます。なぜなら、日常生活面で考えると、明らかに耳あな形補聴器の方が余計な音が入りづらく、楽であり、かつ扱いやすくもなります。

耳かけ形補聴器は、

  • 耳の上に補聴器が乗っている
  • マイクが耳の上にある

この二点により、余計な音が入ったり、ものが使用しづらくなるものがあります。マイクが上にあると、髪を触った時に髪の音がガサガサ入ったり、補聴器本体が外に出ている事で、マイクにものが当たる確率が耳あな形補聴器と比較して大きく、余計な音も聞こえやすくなります。また、メガネ、マスク、帽子などを使う場合は、邪魔に感じやすくもなります。

そのため「ただ単に形状が違うだけで中身は同じ、好きなものを選べば良い」というのは、言葉の表面だけ受け取ってしまうと「それはない」と感じます。実際のところは、なかなか踏み出せない方に対して、言う事もありますので、このような場合においては除きます。

日々の生活で使用する事を考えると物の対応のしやすさは、異なります。

補聴器がどのようなものかわかる

こちらでは

  • 補聴器の効果
  • 補聴器から聞こえてくる音

の二点を載せていきます。

補聴器の効果

たまに「感音性難聴だから補聴器の効果は全くない」というようなお話しを聞きます。耳鼻咽喉科の先生から聞く事もあり「じゃあ補聴器をつけて話せる自分は何なんだ」と思ってしまうのですが、これも、事実としては異なります。

感音性難聴といえば、耳の中の神経に値する部分が何らかの原因により、損傷し、音の聞こえにくさと音の理解のしにくさが出てくる難聴です。そのため、補聴器を装用しても、音は聞こえるものの、音声までは理解できないとされています。

しかし、実際には、このようになります。

self-audio-1

こちらは、一般的な聴力図(オージオグラム)ではなく、語音明瞭度測定と呼ばれるものです。縦軸が音声の正解率を表しており、横軸は、音量を表しています。▲が補聴器を装用した状態、△が補聴器なしの状態です。この図は、生まれつき感音性難聴である私の耳で測ったデータですが、注目していただきたいのは、音を入れると音声を理解できている事です。音量を上げると上げる程、上位に反応値があります。

そして、このように音を入れる事で音声が理解できる耳であれば、補聴器を使い耳に音を入れてあげる事で、日常生活上の音、音声も理解しやすくなります。その証拠に、私自身は、補聴器がない状態ですと日常生活上で普通に話す音量では、聞き取りができません。しかし、補聴器を装用する事で、聞き取りはかなり良くなります。

確かに感音性難聴は、音声を理解しにくくなる難聴です。実際に上記の図のテストを行うと結果が低い方もいます。しかし、一方で効果がでる方もいます。その理由は、音を入れれば理解できる部分とそれでも理解できない部分があるためです。

理解できる部分が大きい方は、補聴器を装用する事で、現状より、聞きやすくする事は可能です。全ての事が理解できるようになるわけではありませんが、補聴器を装用して効果を得られそうなポテンシャルを秘めた耳であれば、装用して、現状をより良くした方が、結果的に人生の質も上げる事ができます。

補聴器を装用している身からわかるのは、このような事もあります。

補聴器から聞こえてくる音

装用すればどのように音が聞こえてくるのか、そのような事もわかります。使っている私が感じているのは、「ビデオカメラで撮影した映像の音」みたいだという事ですね。具体的には、

  • 音全体が機械っぽく聞こえてくる
  • 細かいノイズがのる
  • マイクに当たったときの音が大きい
  • 特定の音がやたらと大きい(音が響きやすい)

この四つです。補聴器を装用すると、音全体が機械っぽく聞こえてきます。実際に機械を使って音を増幅していますので、当たり前といえば当たり前なのですが、このような傾向があります。

また、暗騒音と呼ばれる小さい音の集まりがサー……と常時聞こえやすくなります。静かなところでは、感じにくいのですが、音が大きいところ、あるいは、音の量が多い(音の音量ではなく音の数が多い)場所では、聞こえやすくなります。

そして、音響機器にも共通する事ですが、マイクにものが当たると非常に大きな音がします。これも特徴の一つです。具体的には、マイクに指で触れたり、髪がマイクに触れると音がします。この他には、風がマイクに当たる事でおこる風切り音も聞こえます。これらの音は、大きい音ですので、不快に感じやすい傾向があります。

これ以外には、特定の音が響きやすく、大きく感じやすい音もあります。代表格は、紙の音、レジ袋の音、物を落としたときの音です。紙やレジ袋をくしゃくしゃにすると、これでもかというくらい非常に大きい音がします。物を落としたときも同様です。これらの音も不快に感じやすい傾向があります。

実際には、聴力によって補う音の周波数ごとの音量が異なりますので、一概には言えないのですが、感覚としてはこのようになります。基本的に補聴器は、音響機器ですので、他の音響機器でも起こりうる不快な現象は、全部起こります。

なお、不快な現象が起こるからこそ、補聴器は、音の調整を行い、なるべく軽減させていくようにもします。音を調整するというのは、耳に合わせる行為でもあるのですが、不快な現象を和らげる際にも使用されます。

補聴器の実際はこんな感じ

使用している身から言える補聴器の実際に関しては、この三点になります。形状の違いによって今の現状に対する適応性は変化しますし、補聴器の効果に関しても、上記の通りです。聞こえる感覚に関しても同様ですね。

実際に装用してみると上記の事をより実感しやすくなると思います。そして、補聴器は、都合良く全てに関して理解できるようにしてくれるわけではありません。どうしても聞きにくいところはでてきてしまいます。

しかし、聞きにくいながらも良くしてくれるところもあります。それが補聴器です。気になった方は、補聴器の試聴から始めてみてはいかがでしょうか。聞こえるようになって自分自身の環境が変わるかもしれません。お金はかかるかもしれませんが、それにより生活が変わり、環境が変わればまさに人生の儲けものです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を使うタイミングは「困った時」である2つの理由

リンク:難聴者であり補聴器販売をしている私が耳あな型補聴器にこだわる理由

リンク:耳が聞こえにくい私がフォナック補聴器を使い、かつ扱っている理由

リンク:補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム