2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

初めて補聴器の相談をする際に意識したい3つのポイント

Pocket

girls-1312750_640

初めて補聴器の相談をする際に意識したいのは、お店に行った経緯について話す事、耳の状態に関して話す事、耳のデータがあれば持っていく、この三つです。その理由は、耳の状況によって現状の改善方法が異なるためです。この三つを意識していただければ、良い相談をする事ができます。

なお、耳鼻咽喉科で補聴器販売店を紹介された時も同様です。早速見ていきましょう。

相談する際に意識したい三つの内容

補聴器相談をする際にお考えいただきたいのは、まずは自分自身の状況を良くする方針を見つけていただく事です。これを見つける相談をするには

  • お店に行った経緯について話す
  • 耳の状況に関して詳しく話す
  • 耳のデータがあれば持っていく

の三つについて意識する事をお勧めします。

お店に行った経緯

基本的に補聴器は、耳が聞こえにくくなった方が装用するものではありますが、厳密には、耳を治療しても改善できなかった方、あるいは、耳の治療ができなかった方が、聞きにくさを感じる場合に装用する機器です。そのため、どのように考えてお店に行ったのか、その理由がとても重要です。

耳の状況を改善させるには、全体を見れば

  • 耳の治療
  • 補聴器を装用する

があります。もし、耳の治療ができるのでしたら、そちらの方が安く、かつ改善度も高くなります。そして、それが難しい場合に関しては、補聴器で改善させる相談を進めていきます。

耳の改善を考える際は、初めに「どのようにしたら最も現状が良くなるか」を考える必要があります。それは、補聴器を装用する際も同様で、かつ初めに相談をする際も同様です。どんなものも、初めに現状を良くする方針を打ち立てる事が大切になります。

お店に行った経緯をお話しいただければ「それならこうした方が良いですよ」と案内しやすくなりますし「でしたら補聴器で聞こえを補っていく方法が良いでしょう」と説明もしやすくなります。

補聴器を買いに行くというより、今困っている事を改善させる方法を相談しに行くというスタンスで行きましょう。

耳の状況に関して詳しく話す

補聴器販売店が一番気になるのは、こちらです。それは、

  • 補聴器を装用しても良い耳か
  • 補聴器で改善させるための方針を考える

この二つがあります。

なお、耳の状況とは

  • 医師の診断内容
  • 今現在、困っている状況

の二つになります。特にこの二点は、非常に重要です。

補聴器を装用しても良い耳か

上記の「お店に行った経緯」に繋がるお話しですが、今現在の状況がどうなのか。それが最も販売店としては気になります。耳鼻科に行かずに来店され、耳鼻科に案内した方が良いのでしたら、そのようにしますし、耳を治療中の場合は、困っている中、大変恐縮なのですが、治療が終わった後に補聴器相談をするか、しないかを改めて考えます。

補聴器には、禁忌8項目というのがあり

  • 耳の手術などによる耳の変形や傷がないか
  • 中耳炎などで過去90日以内に耳漏がなかったか
  • 過去90日以内に突発性または進行性の聴力低下がなかったか
  • 過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下がなかったか
  • 急性または慢性のめまいがないか
  • 耳あかが多くないか
  • 外耳道に湿疹、痛みまたは不快感がないか
  • 500、1000、2000HZの聴力に20dB以上の気骨導差がないか

の8つに該当する場合は、初めに耳鼻咽喉科に案内します。その理由は、

  • 受診する事で耳を良くできる可能性がある事
  • 耳を治療後に補聴器の検討した方が良い事

の二点からです。

できる限り現状を良くするために、販売店ではこれらの確認も行っています。

補聴器で状況を改善させる方針を考える

基本的に補聴器も装用する際に、補い方に関して方針を立てます。補聴器は物を買うというよりも聞こえの改善度を買うという風に考えた方がわかりやすいかもしれません。

例えば両耳とも同じくらい聞き取りが低下している場合は、両耳に補聴器を装用した方が改善度は高まります。片耳のみ聴力低下が見られる場合は、状況により、聞こえにくい側のみに補聴器を装用したり、片耳の聴力低下が非常に重い場合は、クロス補聴器という音を聞こえる耳に転送して補ったりします。これは、悪化した耳に補聴器を装用しても効果が薄いためです(※重い場合に限ります)。

このように耳の状況によって改善方法というのは異なります。どのような病気かで改善方法が異なるように、補聴器もどのような耳か、聴力かで改善方法が変化します。そして、方針を間違えると、うまく改善できなくなります。

耳のデータがあれば持っていく

聴力検査、あるいは、その他耳の検査をしたデータがあればお持ちください。データを持っていく事で、耳の状況(傾向)がわかりやすくなりますし、販売店で測定するという二度手間も防ぐ事ができます。結果的に時間もかからず、相談の質を上げる事ができます。

なお、データに関しては最新のものを含めて三つほどで構いません。最新+その前+その前くらいでOKです。病気により聴力が大きく変化したケースが多々ある場合は、なるべく多く欲しいところですが、聴力検査の内容にほぼ変化がない場合は、三つほどで構いません。

一つ注意点としては、あまりにもデータが古い場合は、販売店でも測り直します。その点は、ご承知おきください。

まずは自分の状況を良くする方針を見つけよう

初めて補聴器について相談する場合は、まず自分の状況を良くする方針を見つけましょう。これは、耳鼻咽喉科から紹介を受け、補聴器の相談をする場合も同様です。

耳を診察いただき、補聴器で補う場合も、厳密には補う方針によって聞こえは変化します。補聴器は、物を購入するという事ではなく、聞こえの改善度を得るという考えで選択した方が、結果的に現状を改善できます。

どんな物事もそうですが、まずは方針を立てる事が大切です。それは、現状を良くする事に共通する要素となります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を装用する事で得られる効果は、苦痛を減らせる事

リンク:補聴器は、こんな風に調整していますよ、というお話し

リンク:補聴器は、出張(訪問)販売ではなく病院、店舗販売が良い理由

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム