2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を装用している私が初めに語音明瞭度を測定する2つの理由


trees-1279452_640

耳を調べる測定には、聴力検査と語音明瞭度測定(語音弁別能検査)の二つがあります。聴力検査は、どのくらいの聴力なのかを見る検査であり、語音明瞭度測定は、音声がどのくらい理解できるかを調べる測定です。

私自身、補聴器の相談が初めての場合、音声がどのくらい理解できるのかを調べる測定を行います。それには、補聴器を装用して目標値を定めるため、そして、どこまで改善できるのかを予めお客様に提示するため、この二つの理由があります。

こちらは補聴器を理解するうえでは非常に重要な内容です。では、なぜそんな事を行っているのか。見ていきましょう。こちらが理解できると、補聴器の実態を理解する事ができます。

補聴器でできる事を明確に

補聴器は、耳に音を入れる事で現状を改善させる事はできますが、残念ながら耳を治す事はできません。そのため、どこまで改善できるのか、今はどのような状態で改善できるところまで改善できているのか、という確認が必要になります。その際に利用されるのが、語音明瞭度測定です。

語音明瞭度測定を行うと、補聴器を装用してどこまで改善できるのか、そのおおよその数値を割り出す事ができます。その数値を利用する事により

  • 補聴器を装用した時の目標値の設定
  • どこまで改善できるのかを予め提示

の二つができるようになります。

耳が治るのであれば、あるいは耳の聞こえが低下する前の状態に戻るのであれば、このような事をあまり考えずに済むのですが、実際は、補聴器を装用しても聞きにくさが残ります。ですので、耳の状況を確認する事が非常に重要です。

全ては耳が治らないからであり、どこまで補聴器で効果を求めるべきかを明確にするためです。

なぜ治す事ができないのか

補聴器を装用する人は、ほとんどの場合において感音性難聴と呼ばれる難聴の方です。簡単に言えば音を感じ取る神経に何らかの異変があり、音を脳に上手く伝えられないのが、感音性難聴です。この場合、単に音を大きく聞かせるようにしても、そのまま聞こえが良くなるという事がありません。

これは、音を受け取る部分の神経が弱っている、あるいはないため、音を理解する脳にうまく伝達できないためです。キャッチボールでいうキャッチする人がいない状態あるいは、キャッチする人がうまく受け取れない状態になります。

このような状況下にあるため、音を大きくして聞こえるようになるところもあれば、音を大きくしてもイマイチはっきりしない部分も出てきます。それが感音性難聴です。

なお、感音性難聴に該当するのは

  • 老人性難聴
  • 生まれつきの感音性難聴
  • 突発性難聴
  • 低音障害
  • 騒音性難聴

などがあります。感音性難聴は、手術でも治せないため(手術のしようがありません……)、聞こえが低下し、聞こえにくさによって日常生活に支障が出てしまう場合は、補聴器を装用して聞こえを補っていきます。

装用者として思う事

私自身は、補聴器を装用している人間ですが、そこから思う事は、

  • 自分自身では補聴器の効果を理解しにくい
  • 治す事ができないなら、せめて改善できるところまで改善したい

の二つがあります。

自分自身では補聴器の効果を理解しにくい

私も補聴器を使用していますが、その事から言えるのは、音が大きくなった感覚や小さく聞こえる感覚はわかるものの、それがどこまで聞こえやすくなっているのか、どこまで理解できるようになっているのかは、全くわからない事です。自分の経験から、これらの事は測定をしなければわからない事だと思っています。

私が初めに語音明瞭度測定を行う理由には、こちらも関係しています。どれだけ改善しているのかが自分で理解できなければ、補聴器の効果も理解する事ができません。そのために目標値を設定するために測定し、再度この測定を行う事で、補聴器を装用した状態の確認ができるようになります。私の場合、これらを理解しているため、お客様と二人三脚で状況を確認しつつ、改善を目指しています。

なお、これには、今聞いている音の感覚と実際の現状を理解し、その目標値まで音量を大きくしても耐えられそうなのか、できそうなのかをお客様自身が判断する事もできるからです。重要なのは、体感値と数値を組み合わせ、目標値まで改善できるのか、それともその前までしか改善できないのかを理解する事です。

特に音を聞いた感覚と音を聞いた感覚の数値化を行うと、自分自身の耳の状態がより可視化しやすくなります。すると、自ずとどこまで目指せるのかも、自分自身で判断する事もできます。これは、私自身、自分の聞こえる感覚とその数値化をずっと行ってきたからこそ、わかった事でした。

改善できるところまで改善

装用している人間として思うのは、治せないのであれば、せめて改善できるところまで改善すべきではないか、そのような考えがあります。では、そのために何が必要かといわれれば、そもそもどこまで改善できるのか、という目標値です。その目標値に関して、おおよその当たりを付けられるのが、この測定になります。

上記の「自分自身では補聴器の効果を理解しにくい」にも共通する内容ですが、自分自身では、どのくらい改善できているのか、補聴器を装用して目指せる位置まで改善できているのかは、わかりません。そのため、目標値を設定し、それに対して達成できているのかを数値化する事で、改善できるところまで改善できているのかもわかります。

上限であれば、それ以上は、残念ながら難しくなりますし、そこに達成していなければ、どのようにしたら達成できるのかも考える事ができます。

補聴器で補えるところは極力補いたいと私は考えているため、初めにこのような測定を行います。

耳の改善のために

補聴器を装用してもうまく自分では理解ができない事、そして感音性難聴という変わった耳である事、この二つから、測定する事は、非常に重要です。全ては「聞こえにくい自分がどのようにしたらより改善できるのか」を考えた結果でした。その結果は、数値化して、改善度を確認する、ただそれだけです。そのために、この測定はあります。

感音性難聴というなかなか難儀なものだから必要なのだと思いますし、感覚という不明確なもので片付けがちなものだからこそ、必要なのだとも思います。

ある程度明確にできれば、補聴器の効果も明確にできます。そうすれば聞こえにくさがどれほど改善できているのかもわかりますし、補聴器の効果も理解しやすくなるでしょう。

音という理解しにくいものを理解しやすくするには、測定が必要です。そのため、私は初めに測定を行い、可能な限り耳について可視化できるようにしています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:語音明瞭度測定で理解できる3つの事

リンク:中等度難聴の私が補聴器を使用して得られた効果を可視化してみた

リンク:補聴器の両耳装用、片耳装用の違いは、ココ。

リンク:ガサガサ、カチカチ聞こえる場合は、耳あな形補聴器の方がお勧め


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム