2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

適した補聴器を提供するために私がしている二つの事


sunset-1331088_640

どのような人も、適した補聴器を購入したい。耳に合う補聴器が欲しいと考えます。では、適した補聴器を得るには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、一旦視点を変えて、私自身がしている適した補聴器を提供するためにしている事を記載してみます。

初めに結論を書いてしまいますと、耳を理解するために二つの測定を行い、その結果から、どのように補うのが最もベストかを考えます。そして、その方針に沿って、補聴器の形状、性能に関して決めていきます。私の場合、補聴器の検討をするのは、方針を決めた後になります。

さて、これだけでは、チンプンカンプンだと思いますので、以下に詳細を記載していきます。では、早速見ていきましょう。

耳の状況によって適した補い方は違う

初めに申し上げたい事は、耳の状況によって適した補い方は、異なるという事です。補聴器を購入しにくるほとんどのお客様は、どのような補聴器があり、どの補聴器を購入しようか興味津々だと思いますが、初めに考えるのは、どのように耳を補えば現状が良くなるかになります。そして、その方法は、残念ながら耳の状況によって異なります。

耳が聞こえにくい場合、単に音を大きく入れれば聞こえるようになるとお考えの方も多いのですが、それは半分Yesであり、半分Noです。耳には、音を聞く力(どれだけ小さい音が聞こえるか)と音を理解する力(どのくらい音を認識できるか)の二つがあります。例えば、「今日はいい天気ですね」と言われた場合、この言葉の音量を示すのが、音を聞く力で、この言葉をしっかり認識できるのかが音を理解する力になります。簡単に言えば「あ」と言われたら「あ」と脳が認識できるかです。

このような事を書くと「何を馬鹿げた事を……」と思う方も多いかもしれませんが、実際に耳の場合は、音を聞く力、そして音を認識する力の二つがあります。そして、双方の数値と実際に補聴器ができる事、この二つにより、効果を出すやり方は、異なります。

補聴器がしているのは単に音を入れれば理解できる耳に音を大きくして入れる事です。それによって改善ができるのでしたら、そのようにしますが、それでは改善できない場合、他の方法を使って補う必要があります。そのため、耳の状況によって改善方法が異なります。

改善方法を見つける二つのツール

適切な改善方法を見つけるためには

  • 聴力の測定(聴力検査)
  • 語音明瞭度測定(語音弁別能検査)

の二つを行うと見えてきます。この二つを組み合わせると、どのように補聴器で補えば良いかの方針を導きだす事ができます。

聴力の測定(聴力検査)

聴力の測定は、耳の中でも最もポピュラーですね。様々な音を聞かせ、どのくらい聞こえるかを調べるものです。これは、単に音が聞こえるか、聞こえないかを調べる測定で、上記でいう音を聞く力に該当します。健康診断でも簡易聴力検査を受けますので、実質、どんな人でも受けた事がある検査ともいえます。

語音明瞭度測定(語音弁別能検査)

この測定は、言葉の一つ、一つがどのように聞こえるのか、どのくらい理解できるのかを調べる測定です。音量ごとに測定でき、一つのテストで20問100点満点で、どの音量で、どのくらい理解できるのかを調べられます。上記でいう音を理解する力に該当します。

この測定をするとえげつないくらいに補聴器を装用した時に見込める効果がわかります。仮に測定結果が低い場合は、ご本人が望んだ結果を得にくくなります。この測定をすると、音を入れて音声が理解しやすくなる耳なのか、そうでない耳かがわかり、補聴器の適正があるか、ないかがわかります。

測定結果を補い方に活かす

さて、測定をすると耳の状況がわかるわけですが、重要なのはここからになります。この測定結果をどのように補い方に活かすのか。その点が重要であり、補う方針を考えるうえで、大切な部分となります。ここで、それぞれの測定結果から見える事について見ていきましょう。その後、活かし方についても記載していきます。

聴力測定の結果を活かす

聴力の測定をするとわかるのは、どのくらい音を補ったら良いかになります。左右とも同じくらいの聴力であれば、両耳に補聴器を装用して、最も効果を出す方針を取るのですが、左右に聴力の差がある場合は、状況により変化します。この場合、なぜ変化するかと言いますと、補聴器で補える範囲というのは、予め決まっているからです。

両耳とも同じくらいの聞こえの方

両耳の聴力が同じくらいのケース

このような聴力の場合は、両耳に補聴器を装用し、聞こえを最大化させます。両耳とも聞こえにくい場合は、片耳のみ語音明瞭度が極端に低いなど一部例外がなければ、両耳に装用した方が、聞こえを最大化する事ができるからです。

両耳の聴力に差があるケース

両耳の聴力に差があるケース

しかし、左右の聴力に差があるこのようなケースは、聞こえやすい耳はともかく、聞こえにくい耳の聞こえをどのように補うかが非常に難しい問題となります。

左右差がある場合の補い方としては

  • 聞こえにくい耳にも補聴器を装用する
  • バイクロス仕様で補聴器を装用する

の二つがあります。

これだけ聴力低下をしている場合に重要なのは、聞こえにくい側に補聴器を装用する事で「効果が得られるのか」が問題となります。聴力の左右差が15〜20dBほどであれば、何とか可能なケースもありますが(厳しいケースもあります)、それ以上差が出てしまうと、左右のバランスが悪くなり、さらに聞こえにくい方は、本当に聞こえているようになっているのかすらわからない場合もあります。その場合は、奥の手として、バイクロス補聴器を装用する事を考えます。

バイクロスとは、聞こえやすい側の片耳は、補聴器で聞こえを補い、聞こえにくい側の耳に通信機器を置き、聞こえにくい側にきた音を聞こえやすい側の補聴器に送るシステムです。特にこの機器は、聞こえにくい側の耳に補聴器で補っても効果がでない方に向けて作られたもので、耳に音を入れる事で補えないなら「聞こえる耳に音を転送して理解させよう」というものです。

このように聴力によっても改善させる方法は異なります。測定結果を見て、どのように改善させようかを考える事は、非常に重要です。

語音明瞭度測定の結果を活かす

私が重視しているのは、こちらの結果です。なぜなら、聴力低下があっても、この結果がよければ補聴器の効果は見込めますし、聴力低下が、中程度、軽度でも、この結果が極端に悪いと、補聴器で補っても難しい結果となります。上記に記載した通り、この測定を行うと、耳に音を入れる事で効果が出やすいのか、出にくいのかが残酷なまでにはっきり出ます。

測定した内容を見る事で補聴器の効果がどのくらい見込めるのかがわかります。すると、上記の二つの例でも変化が出てきます。例えば、両耳とも同じくらいの聴力だったとしても、片耳の語音明瞭度測定の結果が低い場合、音を入れて耳を補っても、効果が薄い事がわかります。その際は、あえてバイクロス補聴器で補う事で、片耳装用より、効果が出しやすくなります。※厳しい場合もあります

仮に聴力の左右差があった場合でも15〜20dBの差があり、低下している耳の明瞭度が低い場合は、補聴器で補うのではなく、バイクロスに変更した方が、聞き取りが改善する可能性も上がります。

一般的な補聴器は、あくまでも音を大きくして耳の聞こえを補う機器です。しかし、音を大きくしても理解ができない、認識ができない場合は、補聴器を装用しても理解ができない、認識ができない可能性がグッと高くなってしまいます。その場合は、その耳を補うのではなく、理解できる、認識ができる耳で理解するという方針にシフトする事ができます。

この測定結果は、このように活用します。

当店がしている事

当店では、まず「適切な補い方は何か」を考えたうえで補聴器の選定に進んでいきます。これは、耳の状況によって改善方法が異なるためです。初めに考えるのは、どのような補聴器があるかではなく、どのように補ったら良いかであり、その次に、その補い方ができる補聴器は何かになります。これをするために、上記に出てきた測定二つを行っています。

場合によっては、補聴器選定をせず、適した補い方をさぐるため、初めに試聴から始めるケースもあります。例えば、左右差がある場合は、両耳に補聴器を装用し、聞こえを補う方法とバイクロスで補う方法があるのですが、明らかな場合を除き、どうしても微妙なケース、どちらが良いか試さないとわからないケースがでてきます。

その場合は、通常の場合より購入までに長くなってしまう点は、誠に申し訳ないのですが、適した補聴器を提供するために、試聴から始めます。

適した補聴器を買うために必要なのは、どれが良いかではなく、どう耳を補うかです。耳の状況によって効果の出し方が異なるのでしたら、当たり前の事ですね。

その後、補聴器の形状選定、性能選定に進んでいきます。

なお、当店以外でもしっかりやっているところは、しっかりやっていますので、安心して相談してみてください。

 

リンク: 語音明瞭度測定で理解できる3つの事

リンク:補聴器を初めて使う時に乗り越える4つの山の対応策

リンク:耳が聞こえにくい私がフォナック補聴器を使い、かつ扱っている理由

リンク:補聴器販売店の測定室にあるものと行っている4つの事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム