2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

徐々に自立のために補聴器を使う人が増えてきたというお話し


concert-768722_640

ブログからの問い合わせを見たり、補聴器の販売をしていると、タイトル通り、少しずつではありますが、自立のために補聴器を使う方が増えてきたな……と感じる事があります。

補聴器といえば、耳の聞こえを補う機器で、基本的には耳を治療できなかった方が使用するものです。そのため、聞こえにくさによる苦痛を取り除くために、使用する方が圧倒的に多いのですが、徐々に自立のために、使用する方も見えるようになってきました。

こちらでちょっと感じる事がありましたので、思った事を載せていきます。今回は、私の単なるエッセイになります。たまには、のほほんとしますか。

○○がしたいから使用する

日々、ありがたい事にご相談のお問い合わせいただくのですが、増えてきたと感じるのは、聞こえにくいから使用するというよりも、○○がしたいから使う、もしくは、このような事をしたいから耳の聞こえを補って、それをやる。というようなものです。この傾向が高まってきました。個人的には、非常にいい流れだなと感じます。

例えば、今まで補聴器がなくても何となく生活できていたけれど、これから環境が変わるので、しっかりついていくために補聴器の装用を考えたい。またまた、自分がしたいと考えている仕事でアルバイト先に入ったが、どうも聞こえにくさがある。なので、補聴器を装用して、もっと頑張りたいなどもありました。

いや〜とても良い事だ。前者は、不安を前向きに捉えていますし、後者は、自分自身に今何が足りないのかを考え、もっと自分の状況を良くするにはどうしたらいいか、自分がしたいことをするには、どのようにしたら良いかをしっかり考えている事が読み取れます。

日々「補聴器はしたい事をするためのツール」という風に考えている私からするとそのように動いてきている人がいるんだなと感じました。

なお、私がそのように感じているのは、人とお話しする必要がなかったり、社会と関わる気がない人は、補聴器を不要だと感じるからです。社会と関わる場合、そこに必ず人がいますので、意思疎通をするために補聴器は必要になります。しかし、そのような事が無い方、半諦めの方は、人とお話しする事がなくなりますので、補聴器は不要です。

テレビやパソコンの音量は、音響機器を使用すれば簡単に上げられますし、周囲の音が聞こえないのは、むしろ静かで良い事でしょう。つまり補聴器は、社会性がある方ほど必要性が高まり、それがない人ほど必要性が低くなります。

補聴器の現状

補聴器の現状としては、大抵の場合において

  • 耳が悪いから使用する
  • 聞こえにくい事から起こる苦痛のタネを取り除く

のどちらかにより、装用を考える事が多くなります。

聞こえにくくなる事により、聞こえにくい事があたかも悪いかのように感じてしまい、補聴器を装用する方もいます。本当は、聞こえにくい事によって問題が起こり、その状況は自分的にはマズいから補聴器を装用しようと考えるはずなのですが、中には、このような方もいます。

聞こえにくい事から起こる苦痛のタネを取り除くのは、ほとんどの方がそうのようになります。というよりも補聴器に求める部分は、まさにこの部分ですね。改善したいところを改善させるために補聴器を装用するのは、ある意味、求めるものとしては、当たり前ですね。

どちらにしても補聴器を装用する事により、改善できる事もありますので、良い事ではあるのですが、個人的には、少し違うように感じます。

それは、自分自身補聴器を装用している経験から感じます。

補聴器は”解決したい問題を解決する”事だけできるのだろうか?

補聴器を装用している身からしますと、補聴器を装用する事により、様々な事ができるようになると思っています。初めに結論を書くと、自分が理解している問題が改善しやすくなる以外にもできる事が増えるという事です。そして、そもそも聞こえにくくなって出来なくなっている部分は、聴力低下による問題の一部を表しているだけであり、そこが改善できた場合、それにより他の部分も改善しやすくなっている事が大半です。

例えば、日々の日常会話がしにくくなってきており、話しする人の声が聞きにくくなった。それにより、仕事先では、困る事も多くなってきた。この場合、仕事先での聞き取り改善を希望されるわけですが、そこでの聞こえが改善されれば、日々の日常でのお話しも当然理解できるようになっているわけです。

すると、近所との付き合いだってできるようになりますし、スーパーで探し物をしている時に気軽に定員さんに「○○はどこにありますか?」と気軽に聞けるようにもなります。またまた、欲しい物を購入したい時に商談だってできるようにもなるわけです。今は、ネットで気軽に購入できる時代ですが、車や家などは商談を通じて購入を検討しますよね。別に話しを聞きにいく事だってできるようになります。

さらには、近所との付き合いにより、家族ぐるみ、近所ぐるみで物事を楽しんだりしても良いですし、物のお裾分けなどを行い、お互いにとって良き人になっても良いわけです。またまた、商談など人とお話しする事によって、欲しいと思っていたもの以上に良いものを紹介いただき、自分自身の満足度も上がる事だってあるかもしれません。

私が伝えたい事は、

  • 自分が困っている事以外にもできるようになる事がある
  • そこからの派生がある(繋がりが増える)

この二つがあるという事です。

この場合、仕事上で聞きにくさを感じているかもしれませんが、それだけに限らず、お話しする事そのものがわかりにくくなっているわけですから、それに関連する部分が改善できます。そして、改善できれば、そこで新しい事をする事だって出来ますし、繋がりを作る事だってできます。

結局、この社会は、人との繋がりが非常に重要になりますので、お話しできるようになる事で得られるメリットはかなり大きくなります。そして、聞こえにくくなる事によって起こる問題は、聞こえにくくなっている事によって出てくる問題の一部を表しているだけであり、その他でも聞きにくい事により、しにくい事があります。

しかし、その問題が改善しやすくなれば、それ以外の事だってしやすくなります。補聴器でできる全体から考えると問題だけ見る事は視野を狭くする事であり、適切に補聴器の事を理解しているとは言えません。

補聴器は自立のために使うもの

補聴器を装用する事で出来る事が増えるのであれば、自分らしい人生を送る、あるいは、したい事をするために使用する。で良いのではないか。少なくとも私はそう思います。

耳が悪いから使用するという後ろ向きな内容ではなく、補聴器を装用して今の現状をより良くする。このように考えれば、視野が狭くなる事もありませんし、自分自身で出来る事だってどんどん増えていきます。日本に限らず、聞こえるようになって海外に行ったっていいですし、旅行が好きなら、旅行を楽しんだって良いですよね。またまた、何か新しい事を初めたいと思い、そのために人とお話しする時にも役に立ちます。趣味サークル、お料理教室でも何でも構いません。

補聴器は、何でもかんでも解決してくれる魔法の道具ではありませんが、できるようになる事で楽しめる事もあります。事実、私は生まれつき感音性難聴ですが、補聴器を装用する事でできるようになっている事は数多くあります。

問題だけを見るのではなく、自分自身できる事を増やしていく。このような自立型の装用が最も良いのではないか。私はそのように思います。

少しずつですが、このような方が増えつつあるように感じます。いや〜良い事ですな〜。というお話しでした。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器販売店の測定室にあるものと行っている4つの事

リンク:補聴器は、こんな風に調整していますよ、というお話し

リンク:補聴器を装用すると起こる5つの聞こえの変化

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム