Haloとその他Bluetooth機器、それぞれのお勧めな人


昨日、意外な盲点、テレビパッケージは、使い方次第で化けるかもという内容を書きました。補聴器メーカー各社、Bluetoothを利用した通信システムを作っており、その一つであるフォナック社のテレビパッケージについて紹介させていただきました。

当店では、その他、スターキーのHaloも扱っており、こちらとフォナック社のテレビパッケージ(その他Bluetooth機器)の違い、それぞれお勧めな人に関して載せていきます。どちらも一長一短ですので、自分に合う物がお勧めです。

結論から

結論から言いますと、スターキーのHaloは、若い世代向けで、スマートフォンから音が入れば良いという方にお勧めです。フォナック社のテレビパッケージのような製品は、テレビも音楽も電話も何でも聞きたいという方にお勧めです。

スターキーHaloの特徴

スターキーのHaloとは、このような形状をした補聴器です。

補聴器は右側。一般的な耳かけ形タイプがこちら。

補聴器は右側。一般的な耳かけ形タイプがこちら。

スターキーのHaloとは、補聴器とスマートフォンを直接ペアリングできる機器であり、さすがと言いますか、iPhoneから聞こえてくる感覚や操作方法、音の入りまで計算されており、快適に使えるのが特徴です。Androidは試した事がないのですが、iPhoneをよく活用し、音楽や電話、動画を楽しみたい方には、お勧めできる補聴器です。

補聴器だけしか付けないため、余計なものをつけなくても良いですし、アプリで補聴器の状態を簡易的に調整する事もできます。スマホ適正化に特化しているものですので、それ以外は何もできないのですが、スマートフォンとの相性は、良い製品です。

テレビパッケージのような製品の特徴

テレビパッケージのような製品とは、このような商品です。

その他に代表されるBluetooth機器の一種。こちらはフォナック製。

その他に代表されるBluetooth機器の一種。こちらはフォナック製。

こちらは、Bluetoothを利用し、補聴器に直接音を入れられる製品となります。今現在は、各社さまざまなものを出してきました。

この製品は、汎用性が高いというのが特徴です。基本的に通信システムを利用する場合、Bluetoothが入っていないと使用ができません。しかし、それがあろうとなかろうと、全てに対応できます。それが大きな特徴です。

世の中の製品には、Bluetoothが入っていないものもあり、例えばテレビ、昔のコンポは入っていません。ですので、通信システムを利用するには、何かしらBluetoothを仲介させなければならないのですが、そのような場合でも対応できるようにしているのが、こちらの製品です。

そのため、これを聞いてみたい、あれも聞いてみたい、それも聞いてみたい、など、様々なものに興味がある方には、お勧めできます。

自分に合ったものを選ぼう

テレビの音や音楽、その他、音をよく聞きたいという方に限定されますが、今現在は、このような機器も出てきています。それらを活用する場合は、自分に合ったものにすると、より楽しめるようになります。

どんな事ができたら良いのか、どんな事をしたいのか、それを考えていけば、自ずと製品を選べるようになります。もし、気になるのでしたらお考えになってみてはいかがでしょうか。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器のヘビーユーザーにお勧めなクイックエイド乾燥機

リンク:音が聞こえなくて起きにくい→振動式目覚ましがお勧め

リンク:補聴器を買い換えるタイミングの実際のところ

リンク:補聴器を装用するとおこる、こもる、響くにどう立ち向かうか