2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を新しくする時に起こる感覚の乖離とその改善方法

Pocket

girl-690717_640

さて、補聴器を新しく買い換える際、たまにですが、感覚の乖離が激しい方がいます。今まで感覚のみで合わせてきた場合によく起こるのですが、新しい補聴器を装用しても異質にしか感じず、今までの補聴器の方が良いというケースです。

今までの補聴器でもしっかり聞こえており、その状態が聞こえとしてよい状態であれば何もいう事はありませんが、仮にその状態ではなく、もっと聞こえが改善できる場合は、その感覚が時として仇になる事もあります。

この場合、私がやっているのは、補聴器の効果を数値化する事と快適性と補聴器の効果、どちらを優先するかを決めていただく事でした。この二つを行うと、目指すべきポイントがわかり、感覚だけに左右される事はなくなります。

結論から

結論から書きますと、冒頭の通り

  • 補聴器の効果を数値で管理する
  • 快適性、補聴器の効果、どちらを優先するかの確認

の二つを行います。買い換え時の際、聞こえを良くする時に感覚の乖離が起こる要因としては

  • 今まで補う音量が足りず、補う量が増える事で起こる
  • 耳が特殊すぎて補うのが難しい

の二つがあります。この二つの中で、多いのは、今まで補っていた音量が足りず、適切に補おうとすると音量が大きくなってしまい、感覚の乖離を引き起こすケースです。今までの補聴器でもしっかり補ってきた場合は、少ないのですが、今まで音量を控え気味にしていた場合、このような事が起こります。

この場合は、聞こえの数値化を今までの補聴器と買い換えの補聴器で行い、どのような状態になっているのかを確認します。その後、目指すべき聞こえのラインに関して、確認し、耳の感覚に関して把握していきます。

要注意点は、聞こえが良くなる事は、必ずしもよい結果をもたらすわけではない事です。聞こえるという事は、聞きたい音も入りますが、その代わり、周囲の音も大きく入るようになります。聞こえないという事は、聞きにくい変わりに、周囲の音も聞こえにくい状態です。どうしても聞きたい音だけ大きくする事はできませんので、このような事は必ず起こります。その点の改善方法が、音の快適性を優先するのか、補聴器で聞きたい音の理解度を優先するのか、の考えです。

どちらを優先するかは人により異なりますが、快適性10、聞きたい音0、というような極端な事はせず、快適性6、聞きたい音4というような割合で調整をしていきます。

実際の例

さて、上記の内容だけでは、ちょっとわかりにくいと思います。そのため、ちょっとした実例を上げてみます。補聴器の世界には、補聴器の効果を簡易的に測定する音場閾値というものがあります。これは、補聴器を装用した状態で図る聴力測定のようなものです。

数値で表現するために音場閾値測定を例に

音場閾値測定を例に見てみよう。※販売店は、特性で確認します

見方は、聴力測定と同じになります。横軸が周波数、縦軸が音の強さで、上にあるとあるほど、音が聞きやすくなります。例えば、色々と測定してみた結果、上記のような測定結果だとしましょう。この方の目標値が、赤色、今まで使っていた補聴器の聞こえが黒、買い換え時に買い換える予定の補聴器の聞こえは、青色です。

この場合、今まで黒の位置で使っていたため、まず青色の補聴器は、今までよりよく聞こえるようになっている事がわかります。250Hzは、いままでと同じですが、それ以外の音に関しては、聞きやすくなっています。これらがわかれば、全体的に音が聞こえやすくなっており、かつ1000Hz、2000Hzの音が最も良くなっているため、電話のベルの音や人の音声も聞きやすくなる可能性が高くなります。しかし、同時にビニール袋の音や紙をめくる音、ヒールのカツカツした音も聞きやすくなる事がわかります。

聴力測定の内容が良くなるという事はそれだけ聞こえやすくなる事に繋がり、同時に周囲の音や様々な音も聞きやすくなります。

そしてさらにお話しを勧めてみますと、この方の場合の聴力改善を目指す目標値は赤色の部分です。青色の状態で聞いても、まだ少し足りない状態となります。ここで、自分が感じている音の感覚と照らし合わせ、この状態で聞いてみて使えるのか、使えないのかを理解します。そして、最終的には、その感覚を元に補聴器の快適性を重視した方が良いのか、目標値まで大きくし、効果を重視した方がよいかを決めていきます。

補聴器の場合は、聞こえの目標値がないと、どこを目指せば良いのかわからなくなりがちです。また、状況を見える化しないと、今までの補聴器と今の補聴器はどう異なるのか、そして、それは自分にとってどのように異なるのかもわかりづらくなります。

買い換え時に気をつけたいのは、感覚だけで判断してしまうと、今までの補聴器の音に慣れているため、今までと異なるものは異質に感じてしまい、どのような状態が良いか判断する事ができなくなってしまう事です。そのため、状況の数値化と目標の明確化、そして自分の感覚の三つを組み合わせながら、どのような状態がベストかを探っていく必要があります。

感覚の乖離を防ぐのは数値化

このように数値化すると、状況というのは、理解しやすくなります。その後、快適性を重視するのか、効果を重視するのかを選択すれば感覚の乖離は起こりにくくなります。感覚の乖離は、今まで使っているものの感覚と今使っているものの感覚がよくわからない事から起こっている事であり、その改善方法は、状況を数値化する事と目標をどのように定めるかになります。

状況を数値化する事でできるのは、状況の理解です。しかし、これだけでは、状況を理解する事だけで終わってしまうため、どのような状況にすれば良くなるのか、それを考えなければなりません。その後に行うのは、どのような状態だとよい聞こえになるかであり、それが目標決めとなります。

感覚の乖離を防ぎ、状況をよくしていくためには、この二つが必要になります。買い換えの際、元々よく補えている方は、あまりこのような事はないのですが、今まであまり補えていなかった方、聞こえにくいために補聴器の買い換えを行う場合は、このような傾向があります。

買い換え時で覚えておきたいのは、補聴器は自分で感じる感覚でしか判断できない事、そして、音が聞こえる事は必ずしも良い事とは限らない事です。そのため、状況を理解し、どのような状態になれば良いかを数値で理解する必要があります。

これらの事を理解しておけば(実際は補聴器販売店側が理解しておく必要がありますが……)感覚の乖離は起こりづらくなります。これらの事が役立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を長く使用する場合の落とし穴とそれを回避する方法

リンク:意外な盲点、テレビパッケージは、使い方次第で化けるかも

リンク:補聴器装用時、ピーッと聞こえたら補聴器屋へ行こう

リンク:補聴器を使っている人間だからこそわかる補聴器の実際

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム