2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を装用するとおこる、こもる、響くにどう立ち向かうか


texture-1362877_640

補聴器を装用すると起こる事として、自分の声が大きく感じたり、トンネルの中に入った時ような声に感じる事があります。軽度〜中等度難聴の方に特に多い症状で、しばしばこの状態が装用の妨げになる事があります。

この現象には、対処法があります。しかし、その対処法は、良い部分もあれば悪い部分もあります。こちらに関する内容が、気になる方にとって役立てば幸いです。

装用するとおこる事

補聴器を装用する事で起こる事に、自分の声の響き、こもりというものがあります。これは、補聴器を装用する事によって起こっているのですが、厳密には、耳を塞ぐ事によって起こっている事です。そのため、イヤホンや耳せんを入れた際にも起こります。

この感覚は、強く感じる方から感じていても気にならない方まで様々です。私の感覚上ですが、常日頃、イヤホンを使っていたり、寝る前に耳せんを使っていたりすると、耳に入れている感覚に慣れているせいか、気にされない方もいます。

しかし、気になる方にとっては、不快に感じてしまい、補聴器の装用を妨げる要因にもなります。

響きを軽減させる方法と利点、欠点

この響きは、ある事をすると軽減する事ができます。ですが、その事による利点もあれば欠点もあります。

こもり、響きを軽減する方法は、耳のあなの中をしっかり塞ぐのではなく、少し空洞を設ける事です。耳から少し外した状態にし、空きを作る方法でも、耳せん、あるいは、補聴器にベントとよばれる空気穴を設ける事でも、軽減できます。この穴は、大きくすると大きくするほど、響き、こもりは軽減できます。

利点としては、

  • 響きにくくなり、不快に感じにくくなる
  • 食事をする際の噛む音も軽減できる

の二点があります。

欠点としては、

  • 聞こえを犠牲にする事
  • ハウリングが起こりやすくなる事

の二点です。穴を設ける事により、響き、こもりを軽減できるのですが、穴をあける事により、音が漏れます。その事により、音が耳にしっかり伝わらなくなる事、そしてハウリングというピーッ!と音がしやすくなります。

計画的に音を逃がしているのであれば、それは問題ありません。しかし、そうではなく、ただ響き、こもりを軽減するためだけに音を逃がすという事をすると、音がスカスカになり、場合によっては、補聴器を装用しても、聞こえているのか、聞こえていないのかがよくわからないという事も起こります。

物事には、必ず良い面もあれば悪い面もあります。

どちらを優先するか

こもり、響きの改善は、突き詰めますと、どちらを優先するかになります。基本的には

  1. 少しこもり、響きは感じるが、聞こえの効果を優先する
  2. 聞こえにくくても良いので、こもり、響きは少ないほうが良い

の二つです。聞こえを優先するか、補聴器を使用した時の快適性を優先するかです。ただ、恐らくですが、ほとんどの販売員は、その比率を

  1. 聞こえ6:快適性4
  2. 聞こえ4:快適性6

にしているのだと思います。聞こえを優先するからといい、全くもって快適性を考えない事はありませんし、快適性を重視するといっても全く聞こえに関して考えない事はありません。どちらを優先するか、というお話しです。少なくとも私は、そのようにしています。

私の場合

自分自身の事を記載しますと、聞こえ重視です。少し響く、こもるという事はあるのですが、使用できる範囲内ですので、気にせず、そのまま使っています。ずっとこのような使用状態で来ましたので、響く、こもるがあっても、そのようなものとしか認識をしていません。何より私の場合は、補聴器に求める事は、聞こえるようになる効果になりますので、こちらを重視しています。

人は非常に不思議で、その状態を繰り返し、繰り返し行っていますと、初めは気になっても段々気にならなくなってきます。補聴器も同様で、初めは響く、こもる、声が大きく聞こえる、後は、聞こえてくる音が全体的に高いというものがあるのですが、使用し続けていますと、徐々にその音を聞いても「そんなものかな」程度にしか思わなくなります。初めは異質に感じやすいのですが、補聴器を一日中使用(一日12時間くらい)し、それを1〜2週間繰り返すと、気にならなくなってきます。

これは、補聴器に限らず、メガネや靴にも言える事で、メガネ(コンタクトレンズも含む)も初めは、気持ち悪くなったり、変に見えてものすごい違和感を感じたりするのですが(少なくとも私はそうでした)、使い続けていくと、その状態が当たり前のように感じます。靴も初めは、少し違和感があっても、履き続ける事で、自分の足に馴染んできます。

どのようなものも初めに使う時間が必要になるのですが、使い続ける事により、響き、こもりは徐々に慣れてくるようになります。そして、ここが不思議なところですが、そのような感覚があったとしても気にならなくなってきます。重要なのは、その感覚がなくなるのではなく、その感覚があったとしても気にならなくなってくる事です。これが慣れです。

そのような事から、私の場合は、聞こえを重視しています。そして補聴器を使う事で、響き、こもりに関しては少し感じますが、気にはしていません。

こもる、響くは突き詰めますと、効果を優先するか、快適性を優先するかになります。そのどちらを選ぶかは、ご本人次第です。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を使用すると聞こえるざわざわした音とは

リンク:初めて補聴器をつけると起こる2つの事

リンク:補聴器は同じ金額を出したとしても効果が異なる場合がある

リンク:補補聴器相談初めての人が押さえておくべき購入にかかる時間


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム