2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

生まれつき聞こえにくい私は自分でどのように調整しているのか

Pocket

life-862967_640

たま〜に「深井さんってどのように補聴器を調整しているの?」と聞かれる事があります。生まれつき難聴の人が自分で音の調整をしているとなると、やはり皆さん気になるのでしょうか?なぜか超絶テクを持っているんじゃないか。難聴者にしかわからない秘密の調整方法があるのではないか。探り、探りの質問をしてくる方もいらっしゃいますが、そのようなものはありません。

私が自分自身にしている調整は「数値化して調整する」ただそれだけです。私自身、自分で補聴器の調整を行っていますが、自分の感覚のみで調整する事はありません。むしろ、測定した数値を重視して調整します。これは過去に手痛い失敗をしたことからこのようにしています。

結論から

補聴器の世界には、

  • 主観評価
  • 客観評価

という二つの評価軸があります。主観評価とは、実際に使ってみて感じる感覚であり、客観評価とは、聞こえを数値化してどのくらい聞こえているのかを可視化したものです。私の場合は、どちらかといいますと客観評価重視の考えをしています。

自分がしている主観評価

私が自分にしている主観評価は、単に使えるか、使えないか、それだけになります。音がうるさすぎて使用できない場合は、音量を下げますが、うるさくても耐えられるレベルであれば使用し続けます。

基本的に主観評価ではこれだけになります。簡単にいえば使えれば良い、ただそれだけですね。う〜ん、シンプル。

自分がしている客観評価

私が自分にしている客観評価は、

  • 音場閾値測定
  • 語音明瞭度測定

の二つです。音場閾値測定とは、補聴器を装用した状態で聴力検査をするようなものです。補聴器を装用した時に、どれだけ音が聞こえるようになっているのかを見る事ができます。これを見る事で、どの部分をどれだけ補っているのかを見れます。

私の測定図。補聴器装用時となしの違い

私の測定図。補聴器装用時となしの違い

例えばこちらの結果は、まさに私自身の音場閾値測定結果になります、▲が補聴器装用時、△が補聴器なしの状態です。聴力検査と同じく記号の位置が上にあるとあるほど、聞こえやすく、下にいくといくほど聞こえにくくなります。

基本的に補聴器を装用している人は、私も含めてどのくらい聞こえるようになっているのかを実感する事ができないため、このような数値化をして、聞こえを確認します。また、それぞれの周波数が調べられますので、ちゃんと補えているのかも確認できます。ちなみにしっかりと聞こえている方は、▲の位置が30〜40dBの間に来ている事が多いですね。

一方、語音明瞭度測定は、様々な音量で音声の理解力がどれほどあるのかを確認する測定です。補聴器あり、なしの状態でどれだけ音声を理解できるのかを調べる事ができます。

自分の明瞭度表。装用時と非装用時で大きく違いますね

自分の明瞭度表。装用時と非装用時で大きく違いますね

こちらがまさにその結果で、音場閾値測定と同じく、▲が補聴器装用時、△が補聴器非装用時です。この見方は縦軸が音声の正解率で、横軸が音の大きさです。補聴器がない状態は、音が大きくなるとなるほど正解率が上がり、補聴器装用時は、40dB〜80dBまで常に上にある状態となっています。この数値を測定したのは、主にお話しする音量がその辺りだからですね。

この表の見方をより理解するには、以下の二つを見るとよくわかります。

理解度からわかる状況。こちらの理解が重要

理解度からわかる状況。こちらの理解が重要。

補聴器フィッティングの考え方を参考に製作

こちらと

日常生活上の音量表、音声の大きさレベルに注目しよう。

日常生活上の音量表、音声の音量レベルに注目しよう。

こちらです。60dBの音量は、主に普通の会話音レベルです。それを補聴器なしの状態だと25%ですが、補聴器ありで90%。少し離れたところでの会話音は50dBでそこの理解力は、補聴器なしで0%、補聴器ありで95%というように、現状を客観的に見やすくなります。

この測定をすると、補聴器を装用してどれほど聞きやすくなっているのかの確認ができますので、私としては重宝しています。もっとも私の場合、厳密には、音場閾値測定の結果を変化させ、語音明瞭度測定を行うとどのように正解するのか、どこがどう変化するのかを確認するために行っています。言い換えれば、補聴器の調整で音を変化させ、実際にどう影響がでるのかの確認ですね。

私の場合は、音場閾値測定と語音明瞭度測定の二つを主に意識しています。

過去の手痛い失敗

このようにしているのは、過去に手痛い失敗をしていたからです。補聴器販売店に入社した頃辺りの過去の私は、音の感覚のみで、補聴器の調整をしていました。やたらと補聴器の調整をしていたのですが、一向に良くならず、あげくの果てに遠くの音の方が近くの音より大きくなるなど、聞こえてくる感覚までおかしくなってしまう始末です。※同じ音が近づいてくる際、なぜか遠くの方が大きいという事がありました。

これはおかしい。やり方を変えなければならないと思い、一旦感覚を捨て、今度は客観評価を重視して考えるようになりました。すると、自分の感覚が徐々にわかるようになり、変な調整になる事も少なくなってきました。よく考えればわかるのですが、上記のように普通の音声の音量や人が話す周波数帯など、世の中のものはある程度決まっています。音の感覚という不明確なものではなく、そのような決められたものが存在しているという事ですね。それらを一切無視して自分の感覚のみで調整するのは、間違っているのではないか、そもそも自分の耳は、感音性難聴ですし、聞こえる音の感覚も他の人と違い、高い音が聞きにくい状態です。であれば、自分の耳は高い音が聞きにくい状態で常に聞いており、自分の感覚そのものがおかしいのではないかと思うようになりました。

そこから感覚はおまけ程度に考え、すべて数値で管理するようになりました。そのおかげで今があり、上記の通り、聞こえるようになっていますし、数値で管理する事は、自分自身の経験から重要な事だと思っています。もちろん、補聴器でできない事もありますので、いくら数値がよくなっても、改善しにくいところはあります。

しかし、数値で明確にする事で、今現在、しっかり改善できているのか、できていないのかを自分自身が理解する事はできるようになりました。私はこのようにして自分で調整しています。

「おや?単に確認しているだけじゃないか」と思った方は賢いですね。物事全てに言える事ですが、重要なのは、ゴールを決める事であり、どのような状態になれば良いかを数値で示す事です。それを感覚で表現すると迷路に迷います(ゴールがない状態ですね)。ですので、私は、聞こえの効果に関して数値化をしています。そして、自分が設定するゴールに対し、どのくらい近づいているのか、達成できているのかで判断しています。

お客様にもそうしています

私は、お客様にもそうしています。測定を行い「今、こんな感じの聞こえです」と数値で示し、自分の聞こえる感覚を数値化するという事をしています。そのようにすると、自分の聞こえている感覚がわかりやすくなるからですね。特に補聴器は初めのうち、そう音量を大きくできない事もあり、今現在の感覚と目指すべきラインを数値化する事で、どのようにしたら良いかをお客様と考えるためです。

感覚という不明確なものにしておくのではなく、それを数値化し、どのくらい大きくしても良いのか、そして今現在、どのような状態なのか、それらをしっかり理解するという事は重要な事だと思っています。私も補聴器を装用していますが、聞こえる音の感覚がわかったとしてもそれが良い状態なのか、そうでなくもっと改善した方がよいのかは、使用している立場からしますとよくわかりません。

今聞こえている感覚を数値にする事とその数値の意味、そして目指すべき音の数値、これらがわかると、一気に聞こえを可視化できます。それらを理解していると補聴器がよい状態なのかもわかりますし、そうでないのかもわかりやすくなります。

それらを理解するために私はこのように行っています。全ては自分自身の聞こえを改善させたプロセスをそのままお客様に適応しています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

リンク:初めての方に補聴器を調整する際に行われている3つの事

リンク:中等度難聴に合う補聴器と形状別特徴のまとめ

リンク:耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器を選定する2つのポイント

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム