2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

情報を得る事よりも自分でどう感じたかを重視しよう

Pocket

dandelion-1366856_640

インターネットが発達し、今現在では、様々な情報が簡単に得られるようになりつつあります。そのおかげで、色々と知る事ができる反面、情報を得ただけになってしまい、その後の行動に結びついていない方も増えつつあるのかもしれません。

補聴器の世界も同様で、情報が徐々にではありますが、増えつつあります。しかし、実際の行動となるとあまりされていない方も多いのではないでしょうか。ここで私がお伝えしたいのは、情報を得るだけではなく、実際に体験していただきたいという事です。

特に今現在、聞こえにくさにお困りであり、医師に感音性難聴と診断され、かつ補聴器を勧められた場合、改善方法は、補聴器しかありません。

どんな事もそうですが、情報を得るより、体験する方がよい情報を得られます。補聴器も同様で、体験した方がずっと様々な事がわかります。

補聴器は体験する事でしかわからない事が多い

補聴器の事を調べてみますと、あ〜聞こえる、こ〜聞こえる、というような内容はあるかと思うのですが、そのような事を書かれていても、実際に体験してみないとわからない事が多くなります。これには、

  • どう聞こえるか言われても、実際にどうかがわからない
  • どのように変わるかもわからない

の二つがあります。どちらも情報を得るだけでは、理解しづらい部分です。

どう感じるかは人によって様々

どう聞こえるかを言われても、実際のところ、どのように自分が感じるかは、誰にもわかりません。こちらのブログでは、私自身の体験に関しても書いていますが、誰もがそのように感じるかと言いますと、実際のところ、そのような事はありません。

実を申しますと、補聴器の場合は、耳の状況によって大きく変化します。補聴器は音を大きくして聞こえるようにさせる道具ですが、その方法で改善できる方は、私のように効果を感じやすく、それが難しい方は、残念ながら効果は薄くなります。

さらに感覚となると、感じ方、表現方法も色々ですので、なかなか判断が難しくなります。大きく聞こえるというのも、大きく聞こえる事でしっかり音が入り、良いと評価する方もいれば、大きく聞こえてうるさいから嫌だと表現する方もいます。大きい音がうるさいと感じる方には、信じられない事かもしれませんが、中には、音が大きく聞こえた方が良い方もいます。

このように耳そのもののベースもそうですし、その人が音に対してどのような評価、感情を持っているかでも表現方法が異なります。個人差が強いものは、情報を得ても、あまり役に立ちません。

実のところ、自分の耳で感じる感覚は、自分で体験しない限り、わからない状態となります。

どのように変わるかもわからない

仮に情報を探し、聞こえるようになる感覚はわかったとしても、残念ながらそれがどのように自分の状態を良くしてくれるのかに関しては、さらにわかりづらい傾向があります。特に補聴器を装用する方は、感音性難聴ですので、補聴器を装用したとしても、聞きにくいところが出てしまいます。

すると、どのくらい補聴器で改善し、どのくらい状況が良くなるのか。そして、生活はどのように変化するのか、それらの事は、実際に装用してみなければわかりません。どうしてもこれらの事は、頭の中だけで想像できるものではありませんので「実際にどうか」というところが非常に重要となります。

メガネ、コンタクトレンズを使った事がない方が、これらを使った時の視野、見え方がわからないように、補聴器も実際に使用してみないと、どのように聞こえるかは理解する事ができません。そして、その先の生活となるとさらにわかりません。

注意が必要なのは、相手が効果がないと言っても、そのまま自分に関しても効果がないとは限りません、これは「どう感じるかは、人によって様々」と同様、耳の状況によって大きく変化するためです。

体験してみないとわからないのは、このようなところもあります。

補聴器を体験してみてわかる事

では、わからない事がある一方、わかる事はどのような事かといいますと実際に体験してみて「こんな感じに聞こえるのか」や「何かガチャガチャうるさいな」といった事がわかります。さらに補聴器を使い続けていくと「ガチャガチャってこの音か。ん?今まで聞こえていたっけ?」というような事もわかってきますし「あれってあんな音なんだな」という事もわかります。

そして遠くから聞こえる音については「ん?あんなに離れたところからも聞こえるの?今まで気が付いていたかな……」と感じるかもしれませんし「ガヤガヤしていてうるさいな、聞こえている人はうるさくないのかな?」なんていう事も思うかもしれません。※ガヤガヤしているところは、基本的に一般の方もうるさく感じています。

さらに進んでいき、補聴器を装用した状態としていない状態を体験すると「使っていない時は、こんなににも聞こえないのか……」とわかるようにもなります。音は聞こえていないとその存在に気が付く事ができないため、聞こえにくい状態に慣れると、自分自身がどれだけ聞こえにくい状態なのかを把握しづらくなります。補聴器を装用し、聞こえるようになった状態から、補聴器を外すと、その差に気付けますので、そこで初めて聞こえにくい状態がどのような状況なのかを把握する事ができます。

このように補聴器を体験してみるとわかる事は色々あります。

体験を重視しよう

補聴器の場合、情報を集めるよりも実際に体験してしまった方がよくわかります。補聴器の大きさ、扱い方、耳に入れた感覚、音を聞く感覚、様々な事が体験する事で初めてわかります。何か行動する前に情報を得ておくと安心なのは、そうですが、最も重要なのは、体験する事です。

もっとも体験が重要なのは、補聴器だけに限りません。どんなものも情報と体験では差がでます。体験する事でしかわからない事もありますので、補聴器以外でも体験が重要です。

もし、聞こえにくさを感じており、補聴器をお考えでしたら、体験を重視してみてください。音が聞こえる事は、音が聞こえる事でうるさく感じる可能性がある反面、自分が今まで聞こえにくかった部分が聞こえ、良くなる可能性も秘めています。今現在の状態は、静かな反面、聞こえにくい状態で、様々な事がわかりにくい、あるいは、不便な状態です。

聞こえるようになる事は全てが全てよい事に直結するかと言いますとそのような事はありません。うるさい事でイライラする事もありますし、細かな音が聞こえて気になる事もあるでしょう。ただ、この部分は一般的な方も感じることですので、個人的には、むしろ感覚が一般化し、良い傾向だと思っています。

補聴器を体験してみて、どのような状態なのか。それを試してみるとより補聴器の事は理解できます。案ずるより産むが易し、実際にあれこれ心配ばかりするより、やってみた方がよくわかったり、それほどでもない例はたくさんあります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:【どのくらい聞きにくい?】難聴レベル別聞きにくさのまとめ

リンク:感音性難聴と診断され、補聴器を勧められてお困りの方へ

リンク:補聴器販売店の測定室にあるものと行っている4つの事

リンク:補聴器を装用するとおこる、こもる、響くにどう立ち向かうか

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム