2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の買い換え時、同じメーカーが良いのか、別メーカーが良いのか


apple-256263_640

補聴器を買い換える際、同じメーカーにする方が良いのか、それとも別メーカーにした方が良いのか。たまに迷ってらっしゃる方がいます。この内容の結論としては「装用して使えて、効果が出れば何でも良い」となります。

今現在の補聴器は、良くも悪くも調整が自由になってきていますので、おおよそではありますが、前の補聴器を参考にして、音の調整をする事ができます。それにより、以前の補聴器のような装用感覚で別メーカーでも使用できるようにもできます。

今回は、買い換え時に関する事をまとめていきます。

買い換え時における知っておきたい事

買い換え時に知っておきたい事としては

  • 耳の感覚は、補聴器が基準になる
  • 同じメーカーでも音は変わる

の二つがあります。

耳の感覚は、補聴器が基準になる

補聴器を買い換える時に覚えておきたい事は、耳の感覚は補聴器が基準になっているという事です。少し言い方を変えますと、今装用している補聴器から聞こえてくる音の感覚を基準にして、新しい補聴器の音質や音の感覚を評価する事になります。

ここから得られる事は二つあります。それは

  • 別メーカーでも音を似させれば感覚も似る
  • 音の感覚だけでなく、効果に関しても見る事

の二つです。評価基準が、音の感覚となりますと、たとえ別のメーカーであっても、音の波形を似させれば、対応ができるようになります。ほとんどの販売店さんは、以前に使っていた補聴器の波形とその評価、補聴器の効果を見て、どのような状態かを判断したうえで、対応しています。ですので、同じメーカーでないと、耳に合わないという方は、たまに見えますが、少ない傾向にあります。

また、買い換え時は、音の感覚のみで評価しがちになるため、補聴器の効果も見る事もお勧めします。これは、音の感覚だけでは、装用した感覚だけわかり、補聴器の効果そのものがわかりにくくなるためです。音の感覚だけではなく、効果も見て、よしといえる補聴器がベストですね。

このように申し上げているのは、補聴器の調整時、新しくする事により、聞こえの効果を良くする事ができる可能性があった場合、

  • 効果を重視して感覚を少し外すか
  • 今まで使用していた感覚を重視するか

という選択ができるためでもあります。効果を重視して、感覚も違和感がなければそれがベストですが、中には、出る場合もあります。その場合は、どちらがご自身にとって良いのかを判断するために、感覚と効果に関して見ておくと、よりベターな選択ができるようになります。

なお、以前の補聴器で限界まで補っているケースは、ほとんどの場合において新しい補聴器でもそこまでしか調整できない事が多くなります。それはそれで、今までの調整がよくされていた事の証でもあります。

同じメーカーでも音が変わる

補聴器の買い換えサイクルは、約5年に一度とされています。そのくらい年月が経過しますと、例え同じメーカーであっても3世代、もしくは、もっと先の機種が出ており、今現在使用している補聴器とまるで別ものになっているケースもあります。この点は、お気をつけ下さい。

今現在の補聴器は、1年〜1年半に新しい製品が出るようなサイクルになっていますので、5年も経過すると、別物になります。すると同じメーカーであっても「何か違う」「しっくりこない」というような感覚に陥る事もあります。

こちらは、必ずしも同じメーカーが良いわけではない、という内容です。もし、このような事があれば、別メーカーを試してみても良いかもしれません。そのようにする事で、意外にすんなり行く事もあります。

装用して使えて、効果があればOK

私の考えは、非常に単純ですが、「補聴器が装用できて、使えて、効果があればOK」こちらです。同じメーカーを使ってみて、良ければそれで構いませんし、別メーカーも使ってみたいと思い、別メーカーを使用してみても構いません。どれを使っても「使えて、効果があればOK」なのは、変わりありません。

もし、何かしら困っている事があれば、別のメーカーにしてみても良いですし、今までの補聴器であまり不自由していなければ、そのまま同じメーカーを使っていっても問題はありません。

補聴器を評価する時は、感覚だけでなく、効果も測定すると、より正確な比較ができるようになります。よりよい比較をするために、効果も見る事をお勧めします。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:生まれつき聞こえにくい私は、自分の聴力をどう改善させたか

リンク:ガサガサ、カチカチ聞こえる場合は、耳あな形補聴器の方がお勧め

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

リンク:補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム