2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

フォナッククロスの旧型とⅡの違いを比較してみました


child-1452585_640

フォナック社で出しているフォナッククロスというクロス補聴器(送信機)には、旧型(フォナッククロス)と新型(フォナッククロスⅡ)の二つがあります。大抵の場合において、比較するまでもなく新型を選ぶケースが多いのですが、こちらではあえて比較をしてみます。

さて、この二つは、どのように異なるのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

なお、こちらには性能に関するお話しが出てきますので、こちらを予めご覧になっておいた方が理解しやすくなります。

リンク:クロス補聴器の性能の違いを理解する3つのポイント

フォナッククロス、旧型とⅡの比較

こちらで比較したのは

  • 金額
  • 性能
  • 電池の持ち

の三つです。用意しているラインナップや形状に関しては、違いがありませんので、この三つに関して比較しました。なお、初めに結論を言いますと

  • 金額:フォナッククロス>フォナッククロスⅡ
  • 性能:フォナッククロス<フォナッククロスⅡ
  • 電池の持ち:フォナッククロス<フォナッククロスⅡ

となります。金額は、あくまでも本体価格での比較になり、電池のランニングコストまで考えるとフォナッククロスⅡの方が、断然、安くなります。

これだけ見ると「比較する意味ないのでは?」という方もいるかと思いますが、この二つの違いについて見てみましょう。クロス補聴器に関して理解が深まります。

金額は、フォナッククロスの方が安い

何と比較するかでどのくらい安いかは変化するのですが、同じ耳かけ形のクロスで比較しますと、フォナッククロスの方が安くなります。

旧型のフォナッククロス、金額&性能表

旧型のフォナッククロス、金額&性能表

こちらは、耳かけ形の補聴器と耳かけ形のフォナッククロスを組み合わせた金額&性能表です。旧型の場合、フォナッククロスと補聴器の組み合わせが自由にできるため、耳かけと耳あなの混合もできます。その中の一つとして、最も多い形式である、耳かけ形同士のものが、上記になります。

新型のフォナッククロス、性能&金額表

新型のフォナッククロス、性能&金額表

こちらが新型のフォナッククロスⅡと耳かけ形補聴器の組み合わせになります。フォナッククロスⅡの場合は、耳かけ形なら耳かけ形、耳あな形なら耳あな形で統一する必要が出てきました。

この二つを比較してみますと、旧型の方が安くなります。エコノミークラスでは、あまり差がなく、ビジネスクラスあたりから差が大きくなってきます。

なお、耳あな形のクロス(旧型)の場合、組み合わせによりますが、耳かけ形の補聴器と耳あな形のクロス(旧型)とする場合、上記の旧型の表の金額に27,000円プラスすれば、その金額になります。

性能は、フォナッククロスⅡの方が優秀

性能に関しては、フォナッククロスⅡの方が優秀です。厳密には、フォナッククロスⅡが使える補聴器が優秀となります。

主に性能には、

  • ①音を調節する機能
  • ②騒音下で聞き取りをなるべく下げない機能
  • ③快適性を上げる機能

の三つがあります。この内、①に関しては、旧型も新型も変わりません。しかし、②と③については変化があります。

旧型のフォナッククロス、金額&性能表

旧型のフォナッククロス、金額&性能表、見づらくなるので、持ってきました。

旧型のフォナッククロスの特徴は、音を転送する機能と快適性を高める機能がある事です。指向性と呼ばれる②の部分は、ありません。これは、フォナッククロスⅡになってから搭載されるようになりました。

また、それ以外の快適性に関しても、実際のところは、新型の方がよく感じるようです。

新型のフォナッククロス、性能&金額表

新型のフォナッククロス、性能&金額表、同じく見づらくなるため持ってきました。

フォナッククロスⅡになり、指向性がつき、かつ快適性の部分に関してもより充実するようになりました。これが、フォナッククロスとフォナッククロスⅡの違いになります。

電池の保ちは、フォナッククロスⅡの方が優秀

電池の保ちは、フォナッククロスⅡの方が優秀です。約1.5〜2倍ほど保ちが良くなっています。

フォナッククロスの電池の保ち比較

フォナッククロスの電池の保ち比較

一つ辺りで使用できる時間が長くなれば、交換の手間も省けますし、購入する電池代も安くなります。この点は、大きい魅力です。

なお、クロス補聴器は、基本、補聴器とクロス送信機の二つをセットで購入しますので、実際に発生するランニングコストの差は、3〜4倍もの大きな差になります。補聴器側も保ちが良くなっていますので、その差も大きいですね。

よってフォナッククロスⅡの方が、優秀です。

フォナッククロス、旧型とⅡの比較のまとめ

身も蓋もない結論ではありますが、冒頭の通り、フォナッククロスの場合は、新型の方が優秀です。旧型で一つ、優秀な例を上げるとしますと、耳あな形と耳かけ形でクロスさせる事ができる点でしょうか。

私の方で試聴を繰り返すうちにわかったのは、耳かけ形のクロスより、耳あな形のクロスの方が、聞こえの効果に関しては、感じやすい事です。新型の方でも耳あな形のフォナッククロスと耳あな形補聴器を使う事はできるのですが、聞こえる耳側に耳あな形補聴器を作ると耳が詰まった感覚を感じやすく、かつ自分の声がこもったような感覚も感じやすくなります。

フォナッククロスⅡの場合、効果をとるか、快適性を取るかの二択なのですが、旧型のクロスの場合、聞こえる耳には、耳かけ形の補聴器、聞こえない耳には、耳あな形のフォナッククロスをつける事ですんなり解決できます。この点は、旧型の方が優秀です。

どのように考えて補聴器選定を行うかにより、最終的に決める補聴器は異なりますが、フォナッククロスとフォナッククロスⅡの違いは、以上です。参考になりましたら幸いです。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム