補聴器の音が耳に合わない場合に考えられる三つの事とその改善方法


snow-man-592022_640

補聴器の音が耳に合わない。これほど辛い事はないだろう。音が強く感じすぎてしまい、耳が痛くくなれば補聴器を装用する事が難しくなるし、難しくなれば、補聴器で改善できたところも諦めざるを得ない。音が小さい場合もそうだ。聞こえにくい状態でずっといるのは、何とも心苦しい状況となる。

では、このような場合、どのような方法を使って改善していくのだろうか。こちらでは、私自身がしている事を紹介しよう。基本的には、補聴器販売店でしかできない方法となるが、少しでも耳に関する理解が進めば幸いだ。

補聴器の音が耳に合わないのは、三つ

補聴器が耳に合わないと言われる場合、基本的には三つしかない。それは

  • 音が聞こえにくい
  • 特定の音が気になる
  • 声が響く、こもる

の三つだ。声が響く、こもるは、少々次元が異なるが、耳に合わないと言われる事が多い原因の一つなので、ついでに載せていく。

では、早速別々に見ていこう。

音が聞こえにくい

こちらを理解する場合

  • 全体的に聞こえにくいのか
  • 特定の環境下になると聞きにくいのか

によって異なる。どちらに関しても基本的に行うのは

  • 現状の補聴確認
  • 必要があれば調整

となる。

音量が足りていなければ、補聴器を調整し音量を大きくしてあげれば良い。しかし、特定の音、あるいは、特定の環境下になると聞きにくい場合は、補聴器の調整ではどうにもならない事がある。この場合の改善方法は、状況によるため、まずは現状確認のため各種測定を行う。

測定を行う理由は、適正値まで補聴器で聞こえているかを見るためだ。主に

  • 補聴器を装用した状態の数値(音場閾値測定)
  • 補聴器から出ている音の数値(特性器で測る)
  • 聴力の数値(聴力測定)

の三つを調べる。それを見れば、おおよその聞こえの現状がわかるため、補聴器で限界まで補えているのか、そうではなくまだまだ改善できる状態なのかがわかる。

なお、限界まで補えており、かつ適した補い方をしている場合は、それ以上改善できない事にもなる。この場合は、補聴器の音の状態により調整する事もあるが、限界である旨、伝える事もある。感音性難聴であるため、補聴器で出せる効果はある程度限られる。その限界値まで来ている場合は、大変申し訳ない。

特定の音が気になる

特定の音が気になる場合だが、その際に行うのは

  • 不快閾値の測定後、調整
  • 音の調節

の二つだ。音の調節には、主に二つあるが、それは下記で紹介しよう。

不快閾値の測定後、調整

不快閾値とは、大きい音にどれだけ耐えられるかの測定になる。補聴器は、聞きたい音を大きくする道具ではあるが、基本的には音そのものを全体的に大きくするため、難聴の耳でも聞こえるくらい大きい音もより大きくする。すると、その大きい音が気になってしまうケースがある。

この場合、大きい音はある程度抑えなければならなくなるのだが、その際の指針となるが、この不快閾値だ。不快閾値を調べる事で、不快に感じる前に音を抑えられるため、耳が辛くなりにくい。詳細は、こちらを参照していただきたい。

リンク:補聴器を耳に合わせる際に使われる不快閾値測定とその活用方法

こちらで不快閾値を調べ、調整する事で、辛くなる感覚を抑える事ができる。

音の調節

音が気になる場合における音の調節は、

  • 気になる音の音量を下げる
  • 音の音色変更を行う

の二つになる。順に説明していこう。

気になる音の音量を下げる

多いのは、こちらだ。気になる音量を下げるタイプの調整になる。気になる音の場合、中音域〜高音域にある音が気になる事が多いため、こちらを軽減する事をよく行う。

なお、中音域〜高音域を削ると音がマイルドになる変わりに聞き取りはしにくくなる。高域を入れると音の歯切れが良いおかげで聞き取りもしやすい傾向があるのだが、マイルドにすると言葉がくっついていると言えば良いのか、うにゃうにゃ聞こえるといえば良いのか、はっきりしない感覚になる。

音を下げるというのは、聞こえにくくなる事を意味する。補聴器を使う前と後での差を少なくする事になるので、覚えておこう。

音の音色変更を行う

音の音色変更とは、補聴器の調整を一辺変更する事だ。具体的には、現調整より、

  • 低域を上げ、高域を下げると音がマイルドになる
  • 低域を下げ、高域を上げると音がシャープになる

このように聞こえてくる音の感覚を変化させる事も補聴器ではできる。しかし、注意点として

  • マイルドになると音声は聞きにくくなるが、音が柔らかく感じる
  • シャープにすると音声は聞きやすくなるが、音がキツく感じる

補聴器は、耳の聞こえを補う機器だが、基本的には、音響機器なので、音楽の機能にあるイコライザーのように調整する事が可能だ。補聴器から聞こえてくる音の傾向を変える事で、感じる音の感覚は変化する。

  • 音が全体的に甲高く聞こえる
  • 全体的に音がもっさり聞こえる

という場合は、このような調整をし、改善させる。なお、音のマイルド化やシャープ化は、少し変更するだけでも全体的に感じる音の感覚は、変化するので、試してみると面白いだろう。どのような音の感覚が良いかを見つけられるかもしれないし、比較する事で、良いポイントが見つかるかもしれない。

目の付け所がシャープでしょ?

声が響く、こもる

補聴器を装用すると感じる声の響き、こもり。こちらは、主に耳あな形補聴器で感じやすく、これもまた状況によって変化する。補聴器販売店の常套手段だが、補聴器の電源をOFFにし、補聴器を耳の中に入れた状態で、声を出し

  • 響く感覚がある場合
  • 響く感覚がない場合

の二つで分かれる。

響く感覚がある場合

これを改善させる場合、基本的に耳を塞がないように作る。ベントと呼ばれる空気穴をより大きくしたり、シェルと呼ばれる耳あな形補聴器の表面を削り、耳の穴の中に触れる面積を小さくする事で軽減は可能だ。

ただし、やりすぎると補聴器の補聴効果まで失うため、やりすぎ厳禁だ。補聴器で効果を出すには、これが無くなるまでやるのではなく、我慢できる範囲内にとどめておく事が重要となる。無くなるまでやると基本的に補聴器の効果はなくなる。

無くなるまでやっても良いが補聴器の効果も同時になくなるので、私はお勧めしない。

響く感覚がない場合

この場合は、補聴器の調整で低域〜中音域の部分を全体的に下げる事を行う。ただし、大きい音の入力と中くらいの音の入力付近を中心に行う。この二つで操作すると効果を感じやすいためだ。

大きい音付近でやる理由は、補聴器からすると自分の声は大きい音の入力と認識されるためだ。補聴器の調整のお話しで申し訳ないのだが、大きい音の入力音を下げると、声は小さくなり、大きい音の入力音を上げると声は大きく聞こえるようになる。

ただ、理論上はそうなのだが、実際に調整してみると、上げる方は、そこそこ効果を感じるが、下げる方は効果を感じにくい。そこで、私の場合は、大きい音の入力と中くらいの入力付近を中心に行っている。この部分を調整すると改善しやすい。

基本的に、響く感覚の方が多くあるため、この調整をする事は少ないのだが、このようなケースでは、このように調整する事で楽になる。

自分の声の大きさは調整が可能である事を覚えておこう。

耳に合わない場合のまとめ

さて、まとめていこう。基本的に耳に合わないといわれた場合は、状況の確認を行う。状況の確認に関しては、各種様々になる。そして、どのように合わないのかを伺い、それによって、対応方法を変える。

音がキツい場合は、上記の通り、できるかぎり、音を抑制する方針をとる。そして、音が聞こえにくい場合、限界まで補えていない場合のみ、調整をして、改善させていく。

限界と考えられている部分まで補えている場合は、大変申し訳ないのだが、これ以上、良くするのは、補聴器を変えたり、聞く方法を変えるなど、調整以外で考えないと改善が厳しくなる。ただ、音が足りていない場合は、音量を上げて改善させていく。

また、こもり、響きに関しては、上記の通りだ。

あくまでも私がしている事だが、補聴器の理解に繋がれば幸いだ。