2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

電話の音声が聞きにくい中等度難聴の方に送る改善方法

Pocket

apple-blossoms-1368187_640

聞こえにくい人にとって難しいのは、電話である。働いている人からすると電話のやり取りは、非常に億劫に感じる事もあるだろう。聞きにくいと不安だし、返答にも自信がなくなってしまう。

そこで、こちらで紹介している電話の聞き取りを改善させる方法を紹介しよう。主に、中等度難聴〜一部高度難聴の方までの対応となるが、ご自身の状況改善に役立てば幸いだ。

電話の聞き取り改善のまとめ

まず結論から記載しよう。

電話の場合、主に改善させる手法は

  • 電話の受話音量を上げる
  • 自分の耳の聞き取りを良くさせる

この二つしかない。そして、電話には、

  • 固定電話
  • 携帯電話

の二つがある。

固定電話の場合は

  • テレアンプを使う
  • 補聴器で聞き取る

になり、

携帯電話(スマートフォン)の場合は

  • ボリューム調整
  • 補聴器で聞き取る

となる。

厳密には、スマートフォンの受話音量を上げるアプリがあれば、良いのだが、探し方が下手なのか見つからなかった。そこで、こちらでは、ボリューム調整にしている。私は中等度の難聴だが、ボリュームをMaxにする事なく使えているので、恐らく携帯電話(スマートフォン)での電話は、固定電話以上に困っている方は、少ないのではないかと思っている。

では、早速見ていこう。

固定電話の音声を理解しやすく

こちらの場合、上記に記載した通り

  • テレアンプⅢを使う
  • 補聴器で聞き取る

の二つである。テレアンプⅢは、受話音量を上げる事で聞きやすくする機器だ。補聴器は、自分の耳を聞こえるようにして聞き取る方法となる。

テレアンプⅢを使う

テレアンプⅢとは、自立コムで発売されている固定電話に繋げるアンプだ。この機器は、補聴器から音を聞くのではなく、生で電話の音を聞く方が聞きやすい方にお勧めとなる。

テレアンプⅢ、自立コムの電話機音量を上げる機器

テレアンプⅢ、自立コムの電話機音量を上げる機器

テレアンプⅢは、このようなもので、電話機本体と受話器の間に差し込んで使用する。

 

テレアンプⅢの使用例

テレアンプⅢの使用例

株式会社自立コムより引用

これが使用のイメージだ。

テレアンプⅢは、ボリュームを調整して音量を上げ下げする。

テレアンプⅢは、ボリュームを調整して音量を上げ下げする。

真ん中のダイヤルを回す事で、音量を上げられる。このようにして操作をする。

注意が必要なのは、受話器と本体にコードがある場合となる。最近は、受話器と本体がコードレスになっているものも増えてきており、この場合、中間に差し込むという事ができない。その点だけは、注意が必要だ。

以前の職場では、私はこれをよく使っていた。私の場合は、補聴器で音を聞くより、電話の音を大きくした方が聞きやすかった。補聴器を通して聞くと、高音すぎて、上手く理解できなかったからだ。

ただ、一つ注意が必要で、使用する場合、ハウリングが起こりやすくなる。自分自身が望む音量にする際、ハウリングがあまりにもする場合は、お勧めできない。

〜職場で使う場合の注意〜

職場で使う場合、自分だけの電話機があるか、共用の電話機になるかで話しが変わる。自分自身が使う電話機であれば、自分に合った設定でやれば良いが、もし共用の電話機になる場合は、許可はもちろん、設定方法に関しても気をつけておこう。

せっかくだから設定についても記載しておこう。テレアンプは、電話機の音量とテレアンプ自身の音量の二つの軸が存在する。ここでポイントは、電話機の音量を大きくしすぎない事だ。共用で使う場合、一般の方の耳も考えなければならない。

電話機の音量は、普通くらい(標準設定)にし、テレアンプで主に音量調整すると良いだろう。電話機の方を上げすぎると、元々の音量が上がってしまい、下げる事が難しくなる。すると聞こえる人には辛い設定になってしまう。

共用の場合は、周囲の方の事も考えなければならない。音量の幅は広げられるように設定し、皆ボリュームで操作できるようになると、良いだろう。このような配慮も一緒に使うなら決める必要がある。

なお、自分が使用したら元に戻しておこう。私は元に戻し忘れ、何度、職場の人に迷惑をかけたかわからない(いや、ほんとすまん)。極力、戻すクセをつけておこう。私が言える義理ではないが……。

補聴器で聞き取る

補聴器で聞き取るやり方は、最もポピュラーなやり方だ。耳あな形補聴器を使用している場合は、今まで通りやってもらえば良いし、耳かけ形補聴器の場合は、上に少し受話器をズラす必要がある。音を拾うマイクが上にあるためだ。

上にずらす位置は、音が出る部分に指を乗せ、そのまま補聴器に受話器を持ってくれば良い。指が補聴器に触れられると、受話器がどの位置にあるかわかりやすくなるだろう。受話器から音を出しながらやると、受話器の音も聞こえるようになるので、より理解しやすい。

携帯電話(スマートフォン)をの音声を聞きやすく

こちらの場合も上記に記載した通り

  • ボリューム調整
  • 補聴器で聞き取る

の二つに分かれる。

ボリューム調整

普通にスマートフォンの音量を上げる。スマートフォンや携帯電話は、固定電話より、音量が大きくなる傾向があるので、恐らく固定電話以上に聞きにくい方は少ないと思われる。

補聴器を外して聞こえ、さらにその状態の方が聞きやすいのならそのまま電話して良いだろう。ただし、補聴器を外す場合、補聴器をしまう位置は気をつけておこう。外で補聴器を外す事は、特に紛失に繋がる傾向が高くなる。

紛失で多いのは、耳から落ちる事ではなく、どこにしまったかわからない、あるいは、慌ててやってしまったため、現状がわからなくなる事によって起こる事が多い。

この場合防ぐ方法はしまう位置を必ず決めておく事だ。どこでも良い。決めておこう。そうすれば、習慣でできるようになり、仮に外すとしても慌てる事や失くす事は少なくなるだろう。

補聴器で聞き取る

補聴器で聞き取る場合は、二つある

  • 補聴器を使用し、そのまま聞き取る
  • 通信機器を使用して聞き取る

の二つだ。説明しよう。

補聴器を使用し、そのまま聞き取る

これは、固定電話と同じだ。耳あな形なら今まで通り行えば良いし、耳かけ形の場合、スマートフォンのマイクの位置に指をあて、そのまま今掛けている補聴器に触れられれば良い。特にスマートフォンのマイクは小さくわかりづらいので、指で確認しながらやるとわかりやすいだろう。

通信機器を使用して聞き取る

スマートフォンの場合、Bluetoothが入っている。このBluetoothを使用して、直接補聴器に音声を送る事も可能だ。それにより、電話の音声がより理解しやすくなる。補聴器を両耳につけている場合は、両耳に音声が入るため、より理解しやすくなるだろう。

その場合、方法として二つある。

  • 補聴器とスマートフォンそのものが同期するもの
  • 補聴器とBluetooth仲介機器を利用し、スマートフォンを同期

の二つだ。前者は、リサウンドのリンクス、スターキーのHaloが有名で、仲介機器を使用しなくても直接電話の音声が補聴器に入る。補聴器そのものから変えなければならないが、直接入ってくる事で理解がしやすくなる。

後者は、それぞれの補聴器メーカーにあるBluetooth仲介機器を使用し、補聴器とスマートフォンを同期する。ただ、こちらの場合は、使用できない機種もあるため、その点は注意が必要だ。気になるなら、自分の補聴器が使用できるのかどうか調べてみよう。販売店に問い合わせれば答えてくれるだろう。なお、金額が抑えめのものは、使用できないケースが多い、この点は、申し訳ない。

電話の音声を改善する方法にはこれだけある

電話の音声の聞き取り改善には、これだけある。改善のために自分で試してみても良いだろう。私がしているのは、まず、補聴器から聞く音でしっかり理解できるかを確認する。それがよければ、耳あな形が最も楽にでき、聞こえが改善できる事がわかる。

それよりも自分の耳で聞いた方が理解できるのなら、テレアンプを使ったり、今使っている電話機のボリュームを上げて聞くという方法がお勧めだ。その方が理解できるだろう。

電話の聞き取りが良くなれば自信を付ける事ができる。聞きにくいと言った事はわからないし、相手の言っている事を理解する事もできない、すると聞きにくい事によってどんどん自信をなくしてしまう。無理に自信をなくす事はない。聞こえるようになる方法を試して、聞こえるようになれば、きっと自信を取り戻せるだろう。

聞きにくい事は自信を低下させる。そのような事は必要ないし、誰かが得する事でもない。これらの内容で少しでも聞こえを良くできれば幸いだ。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器落下防止器具は必要?原因から紛失防止策を考える

リンク:補聴器を守る汗カバー、使用上の注意

リンク:自立コムサイト一新、サイト上から商品を借りれるように!

リンク:補聴器の聞こえを数値化して初めて補聴器の効果を実感したお話し

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム