2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

クロス補聴器の聞こえの効果と実際に体験したお客様の感想


woman-591576_640

クロス補聴器の試聴が徐々にではあるが、増えてきた。そこで感じるのは、クロス補聴器を装用した時の感想だ。実際に使用した人は、どのようなところに効果を感じているのか。それについて気になる方も多いと思う。今まで教科書的に理解していたが、実際に使用してもらうと、思いのほか、異なる事もわかった。こちらでは、実際のところに関して載せていく。

クロス補聴器とは、片耳に補聴器を装用し、もう片耳に音の送信機を載せる。聞こえにくい側に送信機を載せる事で、聞こえる耳に音を送る機器がクロス補聴器だ。

特殊な機器だが、片耳のみ聞こえにくい人には、耳を治す事はできないにしても、ある程度、効果がある。こちらでは、その聞こえの効果と実際に体験したお客様の感想に関して載せていく。補聴器を考えている人の参考になれば幸いだ。

クロス補聴器の効果、望めるところ

私自身が試聴を繰り返して感じているクロス補聴器の効果は

  • 聞こえにくい側からのお話しが理解しやすくなる
  • 聞こえにくい側からの音がわかる
  • ある程度、騒がしいところでもお話しがわかりやすくなる

というものだ。

片耳のみ難聴の方は、静かなところでは、対面でのお話しは理解でき、お話しも問題なくできるケースが多い。実際にこのような場面では、問題を抱えていない人が大半だ。恐らく、これをご覧になっているあなたも静かな所は、問題ないのではないだろうか。

しかし、距離が離れてしまうと気が付けなかったり、理解しづらい傾向がある。特に聞こえにくい耳側の後方は、かなり気が付きにくく、呼ばれたのに気が付けなかったケースや音がしてもわからないケースが多くなってくる。これらの部分で理解しやすくなるのがクロス補聴器だ。

また、片耳のみ難聴の方が非常に聞きにくさを感じてしまうのは、騒がしい中でのお話しだ。通常、騒がしい中での話しは、両耳で音を聞き分け、理解しているのだが、片耳のみ聞こえる場合は、極端に理解度が落ちる。落ちるというよりも、聞きたい音がそれよりも大きい音にかき消され、一体なんて言っているのか、正直よくわからないというのが、よく感じるケースとなる。

あまりにも騒がしすぎると難しいが、

  • ショッピング街
  • 外(交通量の多い道路も含む)
  • 職場の騒音下の環境

これらの場所で、音声や音の理解がしやすくなる。特に職場が少々騒がしいだけで、隣の席の人の会話すら聞き取れないという事をよく聞くが、この部分は、クロス補聴器を使うと効果が出る部分となる。

これらの部分を改善できるのがクロス補聴器だ。

クロス補聴器の効果、望みにくいところ

一方、残念ながら効果が望みにくいところもある。それは

  • 騒がしすぎる環境下
  • 複数の人の会話
  • 音の方向感覚

の三つだ。残念ながらこの三つに関しては、今までと変わらない傾向がある。

騒がしい環境下の場合は、実は聞きたい音が周囲の音に負けてしまい、聞きにくくなる事が多々ある。居酒屋さんやパチンコ店、クラブクラスの音量を出すところは、音が大きすぎて理解しづらくなってしまう。もちろん、これらのところでは、一般の方も聞きにくさを感じているケースがあるので、なんとも言えないが、改善が難しいところの一つとなる。

複数の人の会話も同様だ。少数であればまだ理解しやすいのだが、大勢だと厳しくなってくる。

音の方向感覚に関しても同様だ。片耳が聞こえなくなると感じる事ができないのは、この音の方向、即ち、どこから音が聞こえてきているのかがわからないという事だ。お金を落としてもどこにいったかわからなかったり、大きな音がして、一人だけ違う方向を向くというのは、片耳難聴の方からすれば、よくある事だと思う。これが補聴器を装用してもわかりにくい。

中には、補聴器から聞こえてくる音と生の耳で感じる音の感覚の違いを理解したうえで、おおよその位置を割り出す方もいるが、基本的には、理解しづらい状態となる。

これらの部分では、どうしても理解がしづらくなり、改善が望みにくくなる。クロス補聴器を装用する事で、今まで以上に聞きにくくなることはないが、このような場面ではいままでと変わりないケースが多い。

試聴したお客様の声

では、実際に試聴した方からは、どのような感想をいただけたのか、それについて紹介すると、多かったのは、

  • 職場で隣の人の声も聞こえるようになった
  • 死角からの音や呼びかけに反応できるようになった

の二つだ。私のところに相談に来るお客様は、若い方が多く、ほとんどの方は

  • プライベートでは聞こえにくくてもまぁ何とかなる
  • しかし、仕事では困る事があるので、できる限り良くしたい

とお考えの方が多かった。このような方々に貸出した結果が、職場での聞こえの改善に役立っているという事だった。多かったのは、隣の人の声が聞こえるようになったというものだ。また、今まで気が付かなかった部分からの音に気が付いた時は、感動したと言っている方もいた。

会議の席でもかなり気を使っていたり、集中して聞いている方もおり、そのような場所でも聞きやすくなる事で心が楽になるという方もいた。

人によって大きく効果が異なる傾向はあるが、効果を感じている方は、とても効果を感じているケースが多い。片耳難聴の場合、今現在、治療方法がなく、そのまま不自由なまま過ごされている方が多いと思う。そのためか、聞こえにくい側から聞こえやすくなるだけでも、結構違いを感じている方がいる。

全ての事を改善させる事はできないが、このように効果を感じる部分もあり、そして、生活が改善できる部分もある。それがクロス補聴器だ。

効果とお客様の声のまとめ

クロス補聴器は、効果を感じやすいところと、今までと変わりがない部分の二つがある。しかし、効果を感じている方もいる。クロス補聴器には、いくつか性能と形状があり、実際には、その二つによっても効果が異なる。お客様の声をそのまま言うと、耳あな形のクロスの方が聞こえが非常によく、お勧めになる。

もし、今現在、聞こえにくさを感じているのなら、補聴器を試してみて実際に生活が改善するのか、見てみるのも良いだろう。金額はするが、それでも日々の生活が楽になり、心に負担を感じる事が少なくなれば、憂鬱に感じる日は少なくなる。そして、少し聞こえるだけといっても気軽に人とお話しができるようになれば、楽しめる事も増えてくるだろう。それは、とても良い事だ。

気になる場合は、販売店で扱っているかを確認した後に行くと良いだろう。どのお店にもあるわけではなく、いくつか限られている。当店でも扱っているので、もしご用命があれば、お試しもできる。

こちらの内容で聞こえを良くするヒントが掴めれば幸いだ。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:クロス補聴器の性能の違いを理解する3つのポイント

リンク:片耳が聞こえない方にクロス補聴器をご購入いただいた実例

リンク:耳あな形のクロス補聴器を実際に購入いただいた方にした補聴器相談


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム