2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

クロス補聴器をつけると起こる3つの事

Pocket

love-pen-bed-drinking

クロス補聴器に限らず、補聴器を装用すると起こる事は、いくつかあります。このクロス補聴器版として、装用した際に、どのような事が起こるのか、こちらに関してまとめていきます。

なお、こちらの内容は、ある程度、クロスについてご存知の方へ向けて記載していきます。もし、クロス補聴器そのものに関して、ご存知ない方は、こちらの内容をお勧めします。

リンク:片耳が聞こえない方、誰でも対応。クロス補聴器を理解する5つの要素

クロス補聴器をつけると起こる三つの事

クロス補聴器を装用すると起こる事として

  1. 音が聞こえるようになる
  2. 耳がかゆくなりやすい
  3. こもりを感じやすい

の三つがあります。1に関しては、どのクロス補聴器でも感じやすい事で、2は、耳かけ形のクロスで感じやすい傾向があります。3は、耳あな形のクロスで感じやすい傾向があります。

音が聞こえるようになる

音が聞こえるようになると記載しますと、当たり前のように感じますね。クロス補聴器を装用する事で、今まで聞こえなかった側からの音が耳に入ってきます。

この際ですが、音の聞こえ方としては、少々、機械っぽく感じやすく、かつ、周囲の音もよく入るようになります。聞こえが良くなると言う事は、良くも悪くも音の聞こえる範囲が広がる事を意味します。そのおかげで、聞きたい音も聞こえるようになります。

しかし、補聴器から聞こえる音はそれだけではありません。補聴器は音響機器ですので、暗騒音と呼ばれるザワザワした音や何とも言えない空気感を音にしたような物音も聞こえてくるようになります。そして、マイクにものが当たると大きな音がし、風が強い日などは、風の音がヴォーヴォー聞こえたりします。このような音響機器特有の音も聞こえてくるのが補聴器の特徴です。

補聴器は、聞きたい音も邪魔する物音も聞こえます。そして、音響機器ならではの現象も起こります。これがクロス補聴器です。

なお、補聴器を装用する前は少々気になるかもしれませんが、補聴器を装用し続けると、このような音がしても、当たり前に感じようになりますので、徐々に気にならなくなってきます。

耳がかゆくなりやすい

クロス補聴器を使い始める頃に起こりやすいのは、こちらです。耳かけ形のクロス限定ですが、少々、かゆくなりやすい傾向があります。

先端についているグレーの耳せんが耳のなかに入る。少々小さいので、くすぐったい感覚がある

先端についているグレーの耳せんが耳のなかに入る。少々小さいので、くすぐったい感覚がある

耳かけ形のクロスは、耳の中に入れる先端が上記のような形をしています。なるべく耳に触れないような形状をしているせいか、この先端を耳の中に入れると、少しくすぐったい感覚があり、初めだけ、かゆみを感じるケースがあります。

1週間ほど使っているとかゆみはなくなるケースが大半です。

こもりを感じやすい

耳あな形のクロス限定ですが、聞こえる耳側に耳あな形補聴器を作ると、

  • 耳が詰まった感覚
  • 自分の声が耳で響いている感覚
  • 自分の声が低くこもっている感覚

の三つを感じやすい傾向があります。こちらの原因は、耳を塞ぐ事によって起こるものです。

耳あな形のクロスの例。耳あな形はこのような形をしている。

耳あな形のクロスの例。耳あな形はこのような形をしている。

耳あな形のクロスの場合、耳の型を採取し、その方の耳に合わせて製作しますので、最も耳を塞ぎやすくなります。

聞こえにくい側のクロスに関しては、全く問題ないケースが多いのですが、聞こえる耳のみ、これらの事が感じやすくなります。製作時、なるべくこれらの事が起こらないように製作するのですが、耳かけ形のクロスよりは、感じやすい傾向があります。

こちらは、起こりやすい事の一つでもあり、耳あな形のクロスの欠点の一つになります。

なお、仮にこちらを感じても使える範囲内であれば全く問題ありません。クロス補聴器の場合、聞こえの効果は、耳かけ形のクロスより、耳あな形のクロスの方が良いため、悩ましいところです。

クロス補聴器をつけて起こる事のまとめ

クロス補聴器をつけるとこれらの事が起こりやすくなります。聞こえる事による変化は、耳あな形のクロスでも耳かけ形のクロスでも起こりえます。耳がかゆくなりやすいのは、耳かけ形のクロスのみですが、使い続けている内に、かゆみは消えていきます。そして、耳あな形のクロスは、こもりやすさを感じやすくなります。こちらも使い続けているとそのような感覚があるものの、あまり気にしない……というような状態になります。

クロス補聴器を装用すると、このような事が起こります。一方、様々な音が聞こえるようになる事で、できる事も増えてきます。実際には、どうなのか。コチラに関しては、実際にご自身でお確かめになる事をお勧めします。

クロス補聴器に関して理解が深まれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:クロス補聴器の聞こえの効果と実際に体験したお客様の感想

リンク:【重要】補聴器屋の私がクロス補聴器の試聴をし続けてわかってきた事

リンク:クロス補聴器の性能の違いを理解する3つのポイント

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム