2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

クロス補聴器を購入したけれど騒がしいところで思うように聞こえない方へ

Pocket

teddy-1338809_640

過去に、クロス補聴器の耳かけ形を購入したけれども思うように聞こえない、あまり意味がない、聞きにくさが強いため、タンスに閉まっているという方は、いらっしゃいますでしょうか。このようなケースの場合、耳かけ形のクロス側を耳あな形に変える事で、聞こえの改善ができます。

当店の方で、ちょうど、改善できた例がありますので、お聞こえにお悩みの方の参考になれば幸いです。

結論から

結論から申し上げますと、仮にフォナッククロス、補聴器とも耳かけ形で購入していましたら、フォナッククロスは耳あな形に変更し、補聴器は、耳かけ形のままで使用いただくと、聞こえやすさをより改善できます。

もし、こちらに当てはまるのでしたら、少々代金はかかりますが、その代わり、聞こえの改善ができます。

効果が高いのは、耳あな形のクロス

クロス補聴器には、耳あな形と耳かけ形の二つの形状があります。この内、聞こえの効果が高いのは、耳あな形のクロスである事が試聴の結果、わかってきました。

過去のクロス補聴器(フォナッククロス旧型)の形状による違いは、以下の通りです。

旧世代のフォナッククロス、形状別特徴。旧世代なら、あえて耳かけ形を選択する理由はない。

旧世代のフォナッククロス、形状別特徴。旧世代なら、あえて耳かけ形を選択する理由はない。

当店の方でクロス補聴器の試聴を繰り返してわかった事ですが、クロス補聴器は、耳かけ形よりも耳あな形の方が効果が高く、聞こえる部分や聞こえやすさについては、少し高いどころではなく、全くの別ものというくらいに異なる事がわかりました。

そのため、過去にクロス補聴器の耳かけ形を購入された場合、クロス側を耳あなに変えるだけで大きな効果を得られます。

今現在主流となっているフォナッククロスⅡは、クロス補聴器側、補聴器側の両方とも同じ形状にしなければならないのですが、旧型のフォナッククロスは、補聴器、クロス補聴器とも形状が別々でも使用ができます。クロス側を耳あな形にし、補聴器側を耳かけ形にする事も可能ですし、その逆も可能です。

もし、前のフォナッククロスの耳かけ形、そして補聴器側も耳かけ形にしているのでしたら、フォナッククロスのみ耳あな形に変更し、補聴器側を耳かけ形のままにする事で、より聞こえを改善できます。

耳あな形と耳かけ形の実際の効果

耳あな形のクロスと耳あな形のクロスの効果の違いですが、聞こえを改善できる共通部分は、同じになります。クロス補聴器により改善できるところには、

  • 聞こえにくい側からの呼びかけに反応しやすくなる
  • 聞きにくい側に来られても話しが理解しやすくなる
  • 騒がしい中でのお話しが理解しやすくなる
  • 複数の人とお話ししやすくなる

があります。この内、全ての部分において、耳あな形のクロスの方が性能が良い事がわかってきました。特に音を拾う範囲や騒がしい中での聞き取りに関しては、耳あな形の方が、より聞きやすい状態となります。

お客様から伺ったお話しでは、会議の際は、明らかに耳あなの方が聞きやすい、音を拾う範囲は、耳あなの方が広いという事でした。それ以外には、騒がしい中の聞き取りも違いがあるとの事でした。

日常生活上の騒がしい環境下を出してみますと、概ね、以下のようになります。

  • 少々騒がしい事務所(仕事場)
  • 飲食店、レストランの店内
  • 交通量の多い道路
  • 人通りが多い道路
  • ショッピング街
  • 電車の車内(地上線)
  • 電車の車内(地下鉄)
  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 車の中(一般道路&ガソリン車)
  • 車の中(高速道路&ガソリン車)

この中で、耳あな形のクロスであれば、電車の中(地下鉄)以外は、概ね聞き取り良好になるのですが、耳かけ形のクロスの場合、

  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 車の中(両方)
  • 電車の中(両方)
  • 一部交通量の多い道路

も難しい傾向が出ます。

このように耳かけ形のクロスと耳あな形のクロスでは、大きく聞こえが異なるという事がお客様に試聴をし続けてわかってきた事となります。

対象となる補聴器、クロス補聴器

対象となるのものは、

クロスは、フォナッククロスが対象となる

クロスは、フォナッククロスが対象となる

フォナッククロスは、こちら。

補聴器の対象その一、クエストシリーズ

補聴器の対象その一、クエストシリーズ

補聴器は、こちらと

補聴器の対象その二、スパイスシリーズ

補聴器の対象その二、スパイスシリーズ

こちらです。基本的に、Q(クエスト)シリーズ、スパイスシリーズ、コアシリーズの補聴器であれば、耳あな形のクロスは使用できます。

聞こえを改善させる場合は、旧型のクロスは、耳あな形に変えよう

旧型のクロスで耳かけ形をお使いの方は、ぜひ耳あな形のクロスに変えてみてください。形状は、いかにも補聴器という状態ですので、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、聞こえの効果は保証します。

欠点としては、少々耳が塞がった感覚がするかもしれませんが、それが強く出ないのであれば、また、装用している感覚に違和感がなければ、それが最も聞こえが改善できるものとなり、お勧めできます。

実際に過去の耳かけ形のクロスを使用の方からは、効果は全く異なるもので、形状が違うだけでも非常に異なると教えていただきました。もちろんこの方は、そのまま耳あなのクロスを購入されています。

こちらの試聴結果、考察に関しては、こちらに記載しています。

リンク:【重要】補聴器屋の私がクロス補聴器の試聴をし続けてわかってきた事

もし、旧型の耳かけ形のクロスを使用されており、聞きにくさを感じているのでしたら、耳あな形のクロスに変更する事をお勧めします。そのようにする事で、今感じている不自由を軽減できます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム