2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳のみ聞こえる感覚に違和感を感じる方に行った改善のプロセス

Pocket

paper-1100254_640

つい先日、両耳とも聞こえにくく、かつ片耳の聞こえの感覚が、もう片方の耳と比較すると、通常の状態で、響く、こもるなどの違和感を感じる方にお会いしました。その方に行った事は、初め補聴器を両耳に試聴してみましたが、片耳から感じる違和感が強いため、補い方を変更し、バイクロス仕様にしました。このようにする事で違和感を感じる耳に音を入れる事無く、かつその耳に来る音を反対側の耳で補う事ができました。

補聴器を選ぶ際、補聴器の種類や性能の部分に目がいきがちですが、重要なのは、初めに補い方を決める事です。その後、形状や性能に関して煮詰めていきます。

今回は、少し特殊な無いようになりますが、補聴器でどのように聞こえを改善させるのか、そして、そのプロセスに関して記載していきます。特に当店の場合、特殊な方が来店されるケースが多く、この補い方を初めに理解する事が非常に重要となる事が多くあります。

プロセスの結論

最終的に補い方として決定になったのは、バイクロスと呼ばれる補聴器です。こちらは、聞こえを補える耳には、補聴器で聞こえを補い、補聴器で音を入れても補いにくい、あるいは、補聴器の音が異質に感じ、装用が難しい耳には、音の送信機を乗せ、その耳に来る音を聞こえる耳に転送します。

基本的にクロス補聴器は、拾った音を一般的な補聴器に転送する機器

聞こえる耳には、一般的な補聴器、補聴器が難しい耳には、クロス補聴器を載せる(クロスもバイクロスも同じ意味になります)

補聴器には、そのまま補える耳と、残念ながら補いにくい耳が存在します。音が聞こえる事と音を理解する事は異なり、かつ、音を大きく入れても、音の理解に繋がらない、あるいは、違和感が強く感じる場合は、通常の補聴器を装用するのではなく、このような機器を使って補う方が、楽に、かつ効果的に補う事ができます。

つい先日、対応したケースは、まさにこちらでしたので、このような対応をしました。

補い方の方針は、耳の現状から決める

では、どのように補い方を決めたか。そちらに関しても見ていきましょう。詳細は書く事ができないのですが、似たケースを書き、状況に関して説明していきます。

耳の状況に関してですが

  • 聴力:両耳とも同じ
  • 語音明瞭度:片側が少々下がっている
  • 備考:耳以外の病気になり、その影響で聴力が低下

初めに聴力測定と語音明瞭度測定を行い、現状に関して確認しました。聴力測定は、馴染みのある言葉かもしれませんが、単に音の聞こえを調べるための測定です。

このような図で表示されるのが、聴力です。この聴力はあくまでもイメージとなります。

このような図で表示されるのが、聴力です。この聴力はあくまでもイメージとなります。

語音明瞭度測定とは、音の理解力について調べる測定です。主に音声がどれだけ理解できるのかの測定となります。

語音明瞭度測定とは、このような図で表現されます。縦が正解率、横が、音の強さです。例により、この図もイメージです。

語音明瞭度測定とは、このような図で表現されます。縦が正解率、横が、音の強さです。例により、この図もイメージです。

語音明瞭度の数値の理解に関しては、

パーセンテージ別、理解レベル。こちらを理解する事が何よりも重要

パーセンテージ別、状況。こちらを理解する事が何よりも重要

補聴器フィッティングの考え方を参考に製作

の図で読み取れます。重要なのは、測定する事ではなく、測定結果から何がわかるのかになります。明瞭度に関して言い換えれば、正解率がどのくらいか、そして、その正解率からどのような事が言えるのか。となります。

この二つを調べてみますと、音を入れる事で聞こえが良くなり、そして、補聴器の効果もある程度、期待できる事がわかりました。この図で、表現しますと60〜80%の中に両耳とも入ったため、そのように判断しました。中には、この結果が低く、思うように補聴器で効果がでない方もいるのですが、この方は、補える耳である事が判明しました。

耳の状況を伺ってみますと両耳とも病気によって聞こえが低下し、片側は、聞こえてくる音に違和感を感じるとの事でした。携帯電話の音を聞くと、片耳は綺麗に聞こえるけれど、もう片耳は、濁って聞こえる、少々、感覚が変との事でした。

私が初めに出した補い方としては、両耳装用でした。その理由は、耳の状況を調べた結果、両耳とも補聴器を装用する事で、音声が理解できる可能性が高く、お客様が最も望む事が、音声の聞きやすさだったためです。両耳とも音を大きく入れる事で理解できるのでしたら、そのように補う事で、最も望む事を提供できると考えました。

実際にした事

その後、補聴器の形状や性能に関する説明を行い、実際に補聴器の試聴を両耳装用で開始します。試聴の際は、少々、音が響く、こもるという事はあるようですが、我慢ができる範囲内だという事でした。補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを調べる測定があるのですが、初めての状態にしては、効果が出ている様子でした。

補聴器を装用する際ですが、聞こえにくくなってから、長時間放置しているとしているほど、補聴器を装用した時の違和感を感じやすくなります。かつ、補聴器から聞こえてくる感覚は、機械っぽい感覚がありますので、どうしてもそのような事は感じやすい傾向があります。こちらの方も試聴した際、そのような事をおっしゃっていました。

しかし、明らかに補聴器を装用した状態の違和感が一般の状態より強いようでしたので、再度、耳について確認してみました。すると初めに記載した耳の状況である事が判明しました。初めは、聴力が少し異なるので、それにより感じているのかもしれないと考えていたのですが、それにしては、違和感が強いと疑問に思い、片耳ずつつけてみる事にしました。

その後、違和感がない耳であれば、普通に補聴器は使える事がわかりました。その点から、補う方針としては、違和感が強い耳は、使わず、そちらの耳に来る音は、転送して補うように補い方を変更しました。このようにする事で、過度に耳に負荷をかけず、かつ今現在のお困りの状況をより良くできるためです。

なお、片耳のみにしなかった理由は、片耳のみですと、聞こえにくい側からのお話しや音に気が付かず、なかなか反応しにくくなるためです。片耳のみの場合、その部分に関して、不自由な部分が出ますので、予め、それによって聞こえにくさが出てしまうのであれば、初めから対策しておいた方が、聞こえにくさは、より改善できます。

まとめ

当店の場合は、このようにして、聞こえにくさを改善しています。基本的に補聴器を売るというスタンスではなく、聞こえの改善を売るというスタンスです。耳の状況によっては、上記のように初め、間違えてしまう事はありますが、試聴をする事で、耳の状況がわかります。その後、明らかに、この状態より、より良い補い方があるとわかった段階で、他の補い方を提示しています。

上記の例もこれ以上に良くする方法は何か。それを考えた結果、上記のような少し特殊な補聴器をお客様に提示しました。なるべく耳に負荷がかからず、かつ聞こえるようになれば、それがもっとも良いためです。補聴器の形状や性能に関しては、補う方針が決まった後、お客様の状況によって判断しています。

という事で、補聴器で改善させるプロセスに関して参考になれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム