2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器販売している私が耳あな形補聴器を優先して販売する理由


girl-1507680_640

補聴器の種類には、主にポケット形補聴器、耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器の三種類があります。私の場合、ご希望がある場合は、そちらを優先しますが、それがない場合、耳あな形補聴器を勧める事が多くなります。

もちろん、耳あな形補聴器を使っても問題無い方が対象となり、多くは、軽度〜中等度難聴の方に当てはまります。

形状は、好きに選んでいいというような風潮はありますが、使用している、あるいは、聞こえにくい方に試聴を繰り返している身としては、そのような事は感じていません。形状によっても効果は、変わります。

厳密には、補聴器は、音響機器ですので、マイクを置く位置で大きく聞こえが変化します。どの形状もマイクを置く位置は変化しますので、それに伴い、効果も異なります。

ここで私自身が耳あな形補聴器を優先して販売する事に関して載せていきます。

結論から言うと効果が高い傾向があるため

結論から申し上げますと、聞こえの効果が高くなる傾向があるためです。言い換えれば、不自由さを軽減しやすい補聴器とも言えます。私自身がそのように感じる理由としては

  • 音が邪魔されにくくなる
  • 音を補える効果が高い
  • 前方の音をより拾う

の三つがあります。いずれも耳かけ形補聴器と比較した点ですが、私自身、このように感じています。

音が邪魔されにくくなる

耳かけ形補聴器と比較して良い点の一つ目は、こちらです。耳かけ形補聴器は、

  • 全方向の音を拾う
  • マイクが耳の上にあるため、そこにある音も拾う

の二つがあります。耳かけ形補聴器は、全方向の音を拾いますので、補聴器特有の暗騒音と呼ばれるざわざわした音、サーッというノイズ音が聞こえやすくなります。これは、周囲の音の数が多くなるとなるほど、聞こえやすくなり、聞き取りを邪魔する要素にもなります。

耳あな形補聴器にすると、聞こえる範囲が耳かけ形よりも狭くなる(前方を中心に聞くようになります)ため、この暗騒音も少なくなります。音を拾う範囲が異なれば、このような音も少なくなります。もしかしたら、聞こえる範囲が狭くなる事は危険では?と考える方もいるのですが、元々耳は、前方を中心として聞くようになっていますので、むしろ、自然な状態にしているとも言えます。

また、耳かけ形補聴器は、マイクが耳の上にあるため、そこにある音も拾います。代表的なものは、髪がマイクにふれ、ガサガサ言ったり、メガネを装用している時にカチカチ聞こえたりする事です。これらは、耳の上にマイクがある事によって起こっていますので、耳の中にマイクがある耳あな形補聴器にするとなくなります。

そして、耳の中に作れると、風切り音も少なくなります。風切り音とは、風がマイクに当たり、ヴォーヴォー大きな音がする事です。この音は、補聴器をつけている方であればわかるのですが、とても大きい音ですので、この音が聞こえている状態で会話は、まずできません。

補聴器で重要な事は、いかに邪魔する音を入れないかになります。マイクに触れると大きな音や邪魔な音がしますので、これらが少なくなれば、聞こえを阻害する事も、そのような邪魔な音も聞かなくなり、よい状態にしやすくなります。

聞こえを補える効果が高い

私の方では、耳かけ形と耳あな形で比較する機会が多々あるのですが、耳あな形の方が最終的に聞こえを補える数値が高い傾向があります。

補聴器には、音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)という補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを測定する機器があるのですが、こちらで補聴器の効果を見てみると、耳あな形補聴器の方が、全般的に聞こえが良い傾向があります。

音場閾値測定とは、補聴器で聞こえを補った際、どのように補えているのかを確認する測定。耳あなの方が結果がよい傾向がある

音場閾値測定とは、補聴器で聞こえを補った際、どのように補えているのかを確認する測定。耳あなの方が結果がよい傾向がある

音場閾値測定とは、このような図になります。▲が補聴器を装用した状態で、△が補聴器なしの状態です。補聴器を装用した状態でどのくらい音が聞こえているのかを調べる測定であり、この数値が良いとよいほど(上に行くといくほど)、補聴器の効果も感じている傾向があります。

耳かけ形ですと、2000Hz、4000Hz辺りが厳しくなってくるケースがよくあるのですが、耳あな形ですと、高い音に関して、より補いやすくなっている傾向があります。高い音は、子音の部分の聞き取りに影響しますので、ある程度、補った方がよい音となります。

補聴器を装用した状態の効果を見比べても、耳あな形補聴器の方が優秀だと経験上、私は、考えています。

前方の音をより拾う

耳かけ形と耳あな形の違いは、音を拾う範囲にもありますが、お客様に試したり、自分自身で試してみると、どうもそれだけではないというように感じています。ひと言で言えば、前方の音をより拾うという事になります。

耳あな形補聴器は、前方のみ音を拾うように一般的には考えられています。音を拾う範囲に関して記載してみますと

一般的に言われている音を拾う範囲。耳かけと耳あなの違いは、このようになる。

一般的に言われている音を拾う範囲。耳かけと耳あなの違いは、このようになる。

のようになります。耳あな形補聴器のみ、後方が-5dBと書かれており、これは、耳の遮蔽効果というものです。

しかし、自分自身で耳かけ形の補聴器、耳あな形の補聴器を使ってみますと、後方が聞きにくくなっているのはわかるのですが、それにプラスして、前方も理解しやすくなっている感覚があります。どちらかと言いますと、前方の音が理解しやすくなっている感覚の方がわかりやすいくらいです。

お客様に試聴しても、そのように感じる事が多い事から、耳あな形には、後方の音を聞きにくくする効果もそうですが、前方の音を聞きやすくする効果もあるのではないかと考えています。そして、そのおかげで、音場閾値測定の結果も良くなる事が多くなります。

まとめ

私の場合は、これらの事から、耳あな形補聴器が合う方に限りますが、こちらの補聴器を勧めています。その理由は、聞こえの効果が高くなれば、それだけ聞きにくさを軽減でき、今まで感じていた悩みが改善できるためです。どんな人も好きで聞きにくくなっているわけではありませんので、私の場合は、できるかぎり、それを取り除ける選択を行います。

もちろん、耳あな形補聴器には、

  • 自分の声がひびきやすい
  • 耳が詰まった感覚がする
  • 人によっては、ハウリングしやすい

などがあります。これらの部分は、できる限り、軽減し、補聴器を耳に合わせていきます。そして、中には、作れない理由にやお勧めしない方に当てはまってしまう方もいますが、その場合は、他の補聴器を選んでいただき、そこでできる限りの改善を行います。

補聴器を装用する事で耳を治せるわけではありませんが、できる限り、改善できるところは、改善していきます。

私の場合は、どのように聞こえにくさを改善したらよいかを考えるうちに、このような考えになりました。補聴器販売している私が耳あな形補聴器を優先して販売する理由は、合う方であれば、最も聞こえにくさを改善できる補聴器である可能性が高いためとなります。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム