2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器におけるメールのみの相談は、無駄

Pocket

mail-box-615936_640

たまにメールで補聴器に関する相談を受ける事があるのですが、正直、最近無駄だと感じています。こちらは、メールのみで補聴器の相談を行う事を意味します。当店にご来店いただける事を前提でメールいただく分には、全く構わないのですが、そうでは無い場合は、改善できない事が多くあります。

結論から言いますとこのようなケースでは、問題の本質が見えにくく、いくらやりとりしてもらちがあかず、かつ解決する見込みがありません。特に問題の本質が見えないところが致命的で、その部分を調べることもできませんので、ただ単に時間の浪費になりがちです。

お客様もご自身の問題改善のために連絡してくださるのだと思いますので、お客様のためにも、情報共有として、メールの問題点に関して記載していきます。

もし、地方在住の方でメールのみで相談しようとお考えになっている方がいましたら、実際に来ていただくか、私に相談するよりもお近くの販売店に直接相談しに行った方が、ずっと早く、楽に改善できますので、そのようにする事をお勧めします。

結論から

結論から申し上げますと、メールの問題点は、補聴器の状態、耳の状態が確認できない点にあります。耳の状態によっても音の感じ方、補い方も異なりますし、補聴器の状態が確認できないと、そもそもどのように使っているのか、どのように音を入れているのかもわかりません。

補聴器の世界は、耳の状態×補聴器の状態で理解する必要がありますので、どちらか一つ欠けても適切に理解する事はできません。

耳の状態には

  • 聴力(音がどれほど聞こえるか)
  • 語音明瞭度(言葉がどれほど理解できるか)

があり

補聴器の状態には

  • 補聴器の特性(補聴器の音の出方)
  • 補聴器装用時の聞こえ(どのくらい聞こえるようになっているか)
  • どのように補っているのか

が入ります。

メールのみでご相談しようとお考えの場合、実際のところがつかめず、現状がわかりません。お店であれば、わからないところは、その場で測定したり、調べたりして確認ができますが、メールの場合は、調べようがありません。お店に様々な設備があるのは、耳や補聴器の状態を理解するためです。

この点がメールで相談する事の致命的な欠点です。予約のやり取りや時間外による予約連絡、そして当店に来店できる範囲内でのご相談であれば、大いにご活用いただければと思うのですが、それ以外の要素で活用する場合、改善できない旨、予めお伝えさせていただきます。

なお、こちらは、セカンドオピニオン的な意味でご相談いただいた時も同様です。聴力だけ出されましても、補聴器でどのように音を出しているのか、その補聴器を装用して、どのように聞こえているのかもわからないと何とも言えません。

たまにお願いされるケースがあるのですが、お願い以前に現状がわかりませんのでアドバイスのしようがないケースが大半です。そのため、素直に「それだけでは何とも言えません」となってしまいます。

このような場合、解決するには、実際にお店に来ていただき、現状を確認させていただくか、来るのが難しければお近くの販売店に相談し、現状を確認いただくことです(確認できるレベルがあるかどうかはさておき)。補聴器は、ただ単に装用すれば聞こえる、理解できると言うわけではありません。耳も補聴器の効果がある耳もあれば、残念ながら補聴器の効果が見込めない耳もあります。

それらを確認するもので、現状を調べない限り、ちゃんとしたアドバイスは、できません。ですので、補聴器販売店には、耳の状態を調べられるものがあったり、補聴器の状態を調べられるものがあります。それらで確認しなければわからないことが多いためです。

実際にメールで相談するとどうなる?

私の方で相談される系統で多いのは

  • 補聴器が合わないのですが、どうすれば良いですか?
  • 過去に補聴器を合わせてみたのですが、合いませんでした、最近のは合いますか?
  • 騒がしい所で聞きにくいのですが、聞きやすくできますか?
  • このような耳なのですが、改善できますか?

などになります。これらのものは、残念ながら現状がわからないケースが多いため、メールで相談されるだけでは改善できません。

補聴器が合わないのですが……

このような系統で多いのは、補聴器が合わない……という部分です。申し訳ないのですが、この部分は、耳の状態と補聴器の状態を確認しないと、どのようになっているのかさっぱりわかりませんので、何とも言えません。

聴力に対し、補聴器から出す音が足りなければ、足りていない部分を補うことで、より聞こえさせることは可能です。逆に、補うべきところまでしっかりと補えている場合は、今現在の状態がベストな状態となります。

耳の状態と補聴器の状態を見ないと何とも言えないケースの代表例が「補聴器が合わない」となります。冒頭のとおり、補聴器は、耳の状態がどうなのか。補聴器の状態がどうなのか。その2つを見なければ、現状がわかりませんのでアドバイスのしようがありません。

過去に合わせた事があるのですが……

過去に合わせたことがある、今現在、別のものを試聴中ですが、もっと聞こえがよくなりますか?のようなメールもいただきます。正直に申し上げますとわかりません。と言いますのも、過去に合わせたものがどのように補っていたのか、今現在、試聴中のものがどのように補っているのかがわからないためです。

何度も繰り返しますが、補聴器は、耳の状態と補聴器の状態の2つを見なければ、どのように聞こえを補えているのか、どのように聞こえているのかがわかりません。その状況がわからないと、適切に補えているのかもわかりませんし、補えていないとも言うことができません。

お店にご来店いただければ、耳の状態と補聴器を装用した状態、この2つを測定し、ちゃんと聴力から補聴器で目指すべき目標値まで聞こえを補えているのかを見て、しっかりと補えているのか、そうでないかを見ることができます。

こちらもメールではアドバイスのしようがないパターンです。

騒がしいなかでの聞き取り

こちらも何とも言えません。しっかりと耳を補った状態でそのような状況下であれば、それ以上の改善は難しい傾向があります。しかし、耳を補っている状態を確認するには、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを測定しなければわかりません。よってこちらもメールのみでは、返答しかねます。

難しい環境下ではあるのですが、しっかりと補えていない状態によって聞きにくさが出ている場合、耳を補う事により、もう少し改善できる可能性はあります。しかし、どのような状態かを確認する手段がありませんので、何とも言えません。

このような耳ですが、改善できますか?

どのように聞こえるのかをメールで言われても、実際には、聴力測定と語音明瞭度測定を行わなければ、なんとも言えません。

耳の症状には、単に音が聞こえにくくなる症状と音が歪んで聞こえるようになる症状、そして、音声が理解しづらくなる症状もあります。この際、単に音が聞こえにくくなる症状の傾向が強ければ、補聴器での効果は見込めますが、それ以外の要素が入ると改善が難しくなるケースがあります。

こちらのケースもそもそも耳の状態は、どうなのか。その点をしっかり調べさせていただかないとわかりません。耳の状態を調べさせていただければわかります。

補聴器販売店は、なぜかそこらへんで商売している商店のようなイメージを持っている人が多いのですが、医療的観点で見なければならないことが多いため、どちらかと言うと病院のようなところです。

状況の確認ができないメールのみの相談は無駄

私の方でよくいただくメールは、以上のものが多くあります。多いのは、耳に合わないというものでしょうか。こちらは、状況さえ確認させていただければ、より良くできるのか、そうでなく、今現在の状況がベストなのかがわかります。また、音の聞こえが合わない場合は、別の補聴器を使用して見て、どのように音を感じるのかのテストもできます。

しかし、わからないなりにメールで私にご相談されても、測定して現状を調べる方法がないため、私もどうアドバイスしたら良いかもわかりません。お店に来られないと、改善させる方法もありませんし、現状をよくする道も提示できません。

お店に来られた場合は「では、調べてみましょう」で気になるところを全て調べ、現状を数値で説明したり、どこを目指して調整したら良いのか、どういう状態がベストかを一から説明できるのですが、それをする事もかないません。

これらの事を私は多く経験しましたので、ご相談されるお客様には誠に申し訳ないのですが、現状の確認ができないメールのみの相談は無駄だと感じています。耳が聞こえにくくなる事により、どのような事が起こるのかも重々承知していますので、適当な返信を送る訳にもいきません。

大変申し訳ないのですが、改善に向かわない相談は、時間の無駄にしかなりません。お客様も貴重な時間を消費して、私に相談してくださっているのだと思いますので、このようにはっきりと無駄なものは、無駄と申し上げます。

冒頭の通りですが、状況を明らかにし、改善させるには、お手数かもしれませんがお店に来店するのが一番です。お店であれば、色々と調べられますし、知りたい事がはっきりわかります。私のところに来るのが難しければ近くのお店でも良いですし、そこで見てもらった方が、状況を理解しやすくなります。

こちらに関してご理解いただければ幸いです。そして、耳を改善しようとお考えでしたら、お店に行ってみてください。それが最もご自身のためになります。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム