私がしている補聴器の調整方法は、数値で確認する事


ありがたい事に様々なお客さんが来られ、かつお話ししていて感じる事は、補聴器の販売店によって、色々とやり方が違うんだなぁ……という事です。こんな風に対応してくれた、ある販売店では、こんな風に補聴器の確認をしてくれた。違うお店に訪ねられる場合は、どちらかというと悪い評価が多かったりするのですが、一方で、良い評価をしてくださっているお客さんもいます。

個人的には、やり方に正解はなく、まぁ聞こえにくさが改善できればそれで良いのではないかと考える人間なのですが、ここで、私がしている補聴器の調整方法に関して、少々ざっくりではありますが、記載していきます。タイトルにもう答えが出ていますが、私の場合は、数値にして確認し、補聴器の調整をしています。

基本的には、数値で確認

補聴器の販売や調整方法、効果の確認方法に関しては、色々とやり方があるかと思いますが、私の場合は、聞こえの効果を数値化して、補聴器の調整をしています。補聴器を調整し、補聴器を装用した状態を測定し、どのくらい聞こえているのか、その聞こえは目標とする聞こえに対してどうか、そして、足りないく、まだ大きくできるのであれば音を上げる……などとやっています。

中には数値化できないものもありますが、できるものは、なるべく数値化します。その理由ですが、

  • 補聴器を装用するだけでは、よくわからない
  • 聞こえが良くなる数値はおおよそ決まっている

の二つからです。

補聴器を装用するだけではよくわからない

私自身も補聴器を装用していますが、補聴器を装用しても音が大きく聞こえたり、声が大きく聞こえるだけで、正直、どのくらい聞こえているのか、あるいは、聞こえるようになれば良いかという点は、わかりにくい傾向があります。音が大きく聞こえても、どのくらい聞こえれば良いかがわからなければ、どう評価したら良いかもわかりにくいですね。

これは、メガネでも同じで、メガネもかければ見えるようになりますが、見えるようになったとしても、どのくらい見えるようになっているのかは、測定しなければわかりません。このように補聴器に限らず、感覚類は特に自分自身で状況を把握する事は、困難です。

しかし、聞こえている感覚を数値化し、聴力から、どのくらい聞こえるようになれば良いかという目標があれば、目標と現在地を比較し、どのような状況かもわかります。そして、より、良くしていくには、どうしたら良いかもわかります。

どんなものもそうですが、重要なのは、チェックと目標の部分です。チェックや目標が曖昧だと、評価も曖昧になります。

聞こえが良くなる数値はおおよそ決まっている

補聴器装用時の効果を調べる測定があるのですが、測定を繰り返していくと、どのような数値が出ている人が補聴器の効果が高く、どのような数値が出ている人が補聴器の効果が薄いのかがわかってきます。

人の声の音量レベルがおおよそ決まっているように、それが聞きやすくなる数値もおおよそ決まっています。この数値は、聴覚医学会の論文を見ても、その傾向は見られますし、私自身がお客さんに行っても見られます。

数値で判断できるようになると、どのような状況かもわかるようになりますし、どうしたらより良くなるのかもわかるようになります。

補聴器の調整は様々

私のやり方が正解というわけではありませんが、私の場合は、基本的に自分自身を良くさせた方法で、調整しています。補聴器を装用しても、効果や聞こえに関してよくわからなかったからこそ、感覚ではなく、数値で判断してきました。

中には、数値化できない方もいますが、なるべく数値化し、補聴器を装用時の状況を把握します。そして、どのようにしたらより、聞こえやすくなるのか、より良くなるかの思考材料とし、調整をしていきます。

見える化は、ビジネス面でも良く言われる事ですが、補聴器にも共通する事です。感覚だけではなく、数値でどうなのかが理解できると、より自分の状態がわかります。今の聞こえが補えるだけ補えているのかもわかりますし、補えていないのであれば、どのようにしたら聞こえやすくなるのかもわかります。

私の場合は、基本的に聞こえの効果を重視するため、それを行いやすい数値で判断という手段を用いています。効果が出る数値は、おおよそわかっていますので、そこをなるべく目指す事により、聞きにくさを改善しやすくなります。

もちろん、感音性難聴とあり、耳を治すという事はできないのですが、できる限り、改善させるためにこのようなスタイルで調整しています。