2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器買い換えの方に説明している聞こえを改善させる方法


cat-1438832_640

補聴器を買い換える理由は様々ですが、聞こえにくいという理由で買い換えを行う方にしている改善方法の提示は、まず始めに状況を確認し、どのようにしたら、聞こえやすくなるかを説明しています。

私の場合は、補聴器を装用した状態でどのような状態なのか、そして、そこからどのような事が言えるのか、どのようにしたらより聞こえが良くなるのか、これらを確認し、説明します。中には、すでに限界値まで補えているケースもありますが、それは、それで、そこまで補えているという説明をしてあげるだけでもお客様は安心されます。

補聴器は、耳に装用するだけでは、感覚しかわからないので、自分自身がどのような状況なのかをしっかり理解する事が重要です。個人的には、意外にも自分の聞こえを客観的に評価している人がいないように感じていますので、こちらに関して載せていきます。

音場閾値を測定してどうか

補聴器の世界には、音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)と呼ばれるものがあります。こちらは、補聴器を装用した状態で行う聴力検査のようなもので、補聴器を装用し、どこまで聞こえが改善できているのかを見やすくしたものです。

聞こえの例。この図には、聴力を検査した数値と補聴器あり、なしの数値が書かれている

聞こえの例。この図には、聴力を検査した数値と補聴器あり、なしの数値が書かれている

耳の聴力から、補聴器の装用した状態を調べた結果、このようなデータが取れたとします。○と×はおなじみ、聴力検査によって得られた数値になり、▲と△は、補聴器を装用して得られたデータです。▲は、補聴器を装用した状態で得られた数値で、いわば補聴器を装用して、ここまで聞こえるようになった、という数値になります。一方、△は、補聴器なしの状態で測定したデータです。

勘が良い方は、気付いたかもしれませんが、補聴器なしの状態で測定した数値△は、ほとんど聴力検査の時と同じ内容になります。つまり、聴力検査と音場閾値測定を行うと、今現在の聴力から、補聴器を装用する事で、どのくらい聞こえがよくなったかを見る事ができます。

おおよその難聴度合い。こちらで見ると、少しはわかりやすくなるかも。

おおよその難聴度合い。こちらで見ると、少しはわかりやすくなるかも。

理解しやすくするために画像を加工すると、このようになります。補聴器装用前は、概ね、中等度難聴の聞こえにくさがある状態ですが、そこから、補聴器を装用する事で、軽度難聴くらいにまでは、改善するようになっています。

音場閾値の良いところは、周波数別に改善値が見れるところです。補聴器を装用した場合、聞こえるようになっている感覚こそわかるものの、このようなところまではわかりません。各周波数の部分を可視化する事で、このような事もわかるようになります。

そして、そこに目標値を加えれば、どのように聞こえを改善させていけば良いかもわかります。

音声をしっかり理解できる聞こえのレベルは、決まっているので、基本的にそこを目指すのがセオリー

音声をしっかり理解できる聞こえのレベルは、決まっているので、基本的にそこを目指すのがセオリー

状況を可視化するにあたり重要なのは、そのデータから何が読み取れるかであり、今後、どのようにしたら聞こえにくさが改善できるかを見る事となります。目標を数値化すればわかりやすくなりますので、改善の糸口も見えやすくなります。

上記の聴力の場合は、概ね、上記のような赤い部分を目標値にします。理想は、装用して、良い値の部分が30dB、平均は、35dB、最低でも40dBといったところでしょうか。この位置までくると聞こえの効果は、高くなる傾向があります。

余談ですが、重度難聴の方は、補聴器ではなく、人工内耳という機器を装用します。その理由は、上記の音場閾値が、補聴器で目指せるラインと人工内耳で目指せるラインに天と地の差がでるためです。聴力にもよりますが、重度難聴の方が目指せる補聴器装用時の音場閾値は、よくて50dBですが、人工内耳の場合は、30dBくらいまで平気でいったりします。

このように数値で確認すると、現状とそして、どのように今後、よくしていこうか、という相談がしやすくなります。

こんな風にやっています

あくまでも私の場合ですが、こんな楓に行っています。補聴器で聞こえを改善する場合、まずどのくらい聞こえていて、今、感じている感覚になっているのかを確認します。音声のレベルは、おおよそ決まっていますので、上記の数値を見れば、概ね、どのような聞こえにくさがあるのかは、想像ができます。

音量が足りていなければ、そこを補うようにして改善も可能になりますし、周波数別に見る事で、しっかり補えているのかの確認もできます。補えていれば、補えている状態をキープし、その状態を目指す事で、良い状態のままにする事もできます。

補聴器は、装用した感覚だけでは聞こえる感覚くらいしかわからないため「ちゃんと補えているのか」を見る場合は、測定が必須です。メガネでいう視力検査のようなもので、メガネを装用すれば、見えるようにはなりますが、どのくらい見えるようになっているのかはわからないように、その効果を数値化すると、より現状が理解しやすくなります。

中には、この測定ができない方、意味をなさない方は、いますが、そのような方は除き、測定を行って改善させるようにしています。

状況を理解し、それを達成できる補聴器を選ぶ。シンプルですが、私の場合は、このようにして改善を行っています。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム