注意したい骨導補聴器が合わない二つのケース


骨導補聴器とは、伝音性難聴の方に合う補聴器として有名な補聴器です。こちらの補聴器は、聞こえが良く、耳を塞がない補聴器とあり、理想の補聴器のように感じますが、今現在の難聴の方の9割以上には、適さない補聴器となります。

意外にも骨導補聴器に関して、誤解されている方が多いため、こちらに関して記載していきます。

骨導補聴器が合わない二つのケース

骨導補聴器が合わないケースとは

  • 感音性難聴の方
  • 伝音性でも音が理解できない耳

の二つとなります。この二つに当てはまる場合は、骨導補聴器は、耳に合いません。

感音性難聴の方

難聴には、伝音性難聴か感音性難聴かの二つに分かれます。この内、伝音性難聴と分類されるものは、骨導補聴器が合うのですが、感音性難聴である場合は、耳に合いません。

感音性難聴に当てはまるのは

  • 老人性難聴
  • 突発性難聴
  • 騒音性難聴

などが当てはまります。難聴の中で治療ができない難聴は、ほとんどの確率で感音性難聴になります。そのため、もし医師から治らないと言われた場合は、骨導補聴器は、ほとんどの場合において合う事はありません。

伝音性でも音が理解できない耳

伝音性難聴でも音が理解できない耳というものが存在します。耳の場合、音が聞こえる事と音声が理解できる事は、同意ではなく、全く別となります。伝音性難聴の場合でも、音声を聞こえにくい耳に流すと(言葉の理解力を調べる検査があります)、全く理解できない耳があります。

このような場合、骨導補聴器で音を聞こえるようにしても、音声を聞きやすくする事ができません。音が聞こえる事と音声を聞きやすくする事は別となりますので、注意が必要です。

骨導補聴器は特殊なので気をつけよう

最近、骨導のイヤホンや聞こえさせる機器が増えてきたせいか、自分に骨導が合うのではないかとお考えになる方も増えてきている傾向を感じます。誠に申し訳ないのですが、骨導補聴器は、ごく限られた方々にしか合いません。そして、骨導補聴器が合う耳の大半は、耳鼻咽喉科で治療ができるものとなります。

補聴器は、自分の耳の状況によって使う機器が異なりますが、それ以前に、改善させる方法も異なります。聞こえを良くさせる方法には、治療と補聴があり、初めに行うのは、治療です。その後、どうにも治療ができない場合において、補聴します。その補聴も耳の状況によって提供するもの、聞こえが改善できるものは、異なります。

もし、骨導補聴器が合うのでは?とお考えで、耳鼻咽喉科に行った事がないのであれば、まず耳の状態を見ていただく事をお勧めします。そして、治らない、あるいは、感音性の難聴であると言われた場合は、残念ながらこの補聴器は合いません。その場合は、一般的な補聴器を装用して、聞こえを補っていくのが良いでしょう。

また、片耳のみ聞こえにくい場合や音を入れても音声がうまく理解できない場合に関しては、クロス補聴器なるものもあります。状況によっては、このような機器を活用して、聞こえをより補っていきます。

骨導補聴器は、特殊な補聴器であり、大半の人には合いません。合う人の方が珍しく、少ないくらいです。そのため、注意が必要です。みなさん、補聴器は、自分の耳に合うものを選びましょう。

くれぐれも補聴器を買いに行くというスタンスではなく、自分の聞こえはどのようにしたら良くなるのか。というスタンスで望む事が大切です。