2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

聞こえの効果を重視したクロス補聴器の選び方

Pocket

coffee-1245891_640

おかげさまで、クロス補聴器の試聴が増え、モリモリと経験値が上がってきております。クロス補聴器は、対象者が少なく、かつ、特殊な機器なため、なかなか経験を積む事ができないのですが、当店には、幸い、一定の新規来店がありますので、実験や試聴を繰り返して、どのようにしたら、最も聞こえを改善できるのか、良い状態で補聴器を提供できるのかが、徐々にわかってきました。

ここで、私自身が掴んだ事に関して載せていきます。聞こえにくさを感じている場合は、ぜひ、参考にしてみてください。そして、聞こえにくさを改善させるきっかけになれば幸いです。

結論から

結論から申し上げますと、耳あな形のクロスを使用する事となります。耳あな形のクロスを選択した場合、

  • 旧タイプの耳あなクロス+耳かけ補聴器
  • 現行タイプの耳あなクロス+耳あな補聴器

の二つの選択肢があります。

フォナッククロスのカタログ。今現在、旧タイプ(クエスト)と現行タイプ(ベンチャー)がある

フォナッククロスのカタログ。今現在、旧タイプ(クエスト)と現行タイプ(ベンチャー)がある

カタログで表示しますと、このようになります。

こちらのみでは、わかりにくいため、写真で説明すると

あくまでもイメージ図。旧タイプの場合は、耳かけ、耳あなの組み合わせができるため、このような事が可能

あくまでもイメージ図。旧タイプの場合は、耳かけ、耳あなの組み合わせができるため、このような事が可能

が旧タイプの耳あなクロス+耳かけ補聴器

こちらが現行の耳あなクロス。こちらは、両方とも耳あな形にする必要があるため、両方とも耳あなとなる。

こちらが現行の耳あなクロス。こちらは、両方とも耳あな形にする必要があるため、両方とも耳あなとなる。

が現行タイプの耳あなクロス+耳あな補聴器です。

この内、無難な選択をしたい、耳に装用する感覚を楽にしたい場合は、旧タイプの耳あなクロス+耳かけ補聴器がお勧めで、体を良く動かす方や性能面を重視したい場合は、現行タイプの耳あなクロス+耳あな補聴器がお勧めとなります。

では、詳細に関して見ていきましょう。

クロス補聴器の種類

初めにクロス補聴器の種類を載せてみますと、大まかにわけて

  • 耳かけ形のクロス
  • 耳あな形のクロス

の二つにわかれます。

基本的に、補聴器は、この二つの内、どちらかになります。そして、お客様に試聴を繰り返した結果、効果が高いのは、耳あな形のクロスでした。厳密には、クロス側(聞こえにくい耳に装用する側)を耳あな形の形状にする事で、より効果が高くなります。

片耳のみ難聴の方がクロス補聴器を装用すると

  • 聞こえにくい耳側から聞きやすくなる
  • 騒がしい場所であっても聞きやすくなる(限度はあります)
  • 複数の方とのお話しが理解しやすくなる

の三つが起こるのですが、耳かけ形のクロス、耳あな形のクロスで比較をすると、この三つとも効果が高くなります。

試聴されたお客様のお話しを伺うと、聞こえる音の範囲が大きく変わり、かつ前方からの音が入りやすくなるので、周囲が騒がしくても、耳かけのクロスより、聞きやすさが異なるとの事でした。その違いは、お客様によっては、耳かけと耳あなは、全く別物というほど、効果が異なるようです。

何人かの方に試聴、もとい実験を行いましたが、誰一人、耳かけ形の方が聞こえが良いと言った方はいませんでした。

私の場合、様々な方に試聴、実験した経験から、聞こえの効果を求める場合は、耳あな形のクロスがお勧めしています。

なお、耳かけのクロスと耳あなのクロスの比較に関しては

こちらは、現行のクロスⅡの比較。この場合、耳かけ形と耳あな形の比較となり、それぞれ、このような特徴がある。

こちらは、現行のクロスⅡの比較。この場合、耳かけ形と耳あな形の比較となり、それぞれ、このような特徴がある。

のようになります。知りたい方は、ご参考にどうぞ。

耳あな形のクロスが使えるもの

そうなりますと、次に考えるのは、耳あな形のクロスが使えるものを考える事になるのですが、それが、初めに結論に記載した

  • 旧タイプの耳あなクロス+耳かけ補聴器
  • 現行タイプの耳あなクロス+耳あな補聴器

の二択になります。今現在、旧タイプの耳あな形のクロス(フォナッククロス)と現行機種(フォナッククロスⅡ)があります。この内、細かな性能の差はあるものの、聞こえの効果に関しては、どちらも高く出ます。

初めに結論から記載しますと

耳あな形クロスが使えるものの特徴表。それぞれ、欠点を見よう。欠点が欠点でなければ、長所しか無い事になり、良い補聴器となる。

耳あな形クロスが使えるものの特徴表。それぞれ、欠点を見よう。長所は誰にとっても良い事だが、欠点は、人によって欠点になる場合とならない場合がある。

となります。この二つの特徴を見ながら、クロス補聴器の選定をしていく事になります。

旧タイプの耳あな形クロスの特徴

旧タイプの耳あな形クロスの利点としては

  • 耳を塞がない

となり、欠点は

  • 補聴器が動きやすい
  • 電池の消費が大きい

となります。旧タイプの耳あな形クロスは、耳に装用した感覚が楽ですので、装用している感覚の良さを求める場合は、お勧めになります。また、仕事の時のみ使用する方にもお勧めです。

クロス補聴器を考える際に重要な事は、聞こえる耳側をどのようにするかになります。一般的にイヤホンを入れたり、耳に詰め物をすると塞がった感覚、自分の声が低く響くような感覚、こもったような感覚を感じるようになります。

しかし、旧タイプの耳あな形クロスは、耳の中を塞ぎませんので、このような感覚を感じにくくなります。結果として、耳に装用した感覚が良く、使いやすいのが特徴です。

ただ、その代わりですが、補聴器が少々、動きやすく、スポーツをする、あるいは、体を良く動かす(走るなど)場合は、補聴器が動きやすくなりますので、使用してみて外れる、ズレる感覚がある場合は、お勧めできません。また、過去の機種ですので、電池の消費が大きく、電池を消費する傾向があります。

現行タイプの耳あな形クロスの特徴

現行タイプの耳あな形クロスの利点としては

  • 耳に固定される
  • 電池の保ちが良い

となり、欠点は

  • 耳を塞ぐ傾向がある

となります。

こちらは、両方とも耳あな形の機器を使います。そのため、耳にしっかりと入り、保持に関しては、良い状態になります。また、性能面は機能面が向上しており、電池の持ちに関しては、過去のクロスに比べ、2倍になっています。その他、転送できる周波数帯が広く、音質に関しては、こちらの方が良くなっているのもポイントです。

しかし、耳の中に型を採取したものを入れるため、耳を塞ぐ傾向があります。実際にこちらを作ってお客様に試してみた結果、ある部分のみ、聞こえが低下していました。ご本人にお話しを伺いますと、聞きにくくなった感覚は、感じないとの事でしたが、耳あな形補聴器あり、なしで聴力検査をすると、4000Hzのみが10dBほど下がっていました。この部分は、耳の形状や補聴器の形状によって変化する可能性がありますので、あくまでも調べてみた結果となります。

なお、耳あな形の補聴器を健聴の耳に装用すると

  • こもる
  • 自声の響きが出る

が出る可能性が高まります。イヤホンを耳に装用して、これらのものを感じる場合は、耳あな形補聴器を装用した際にも感じやすく、それらを使ってみても、あまり感じないのであれば、あまりこちらは出ないかもしれません。耳に栓をすると起こる感覚なのですが、強く感じると不快感を感じるようになりますので、重要なポイントの一つです。

こちらをお勧めできるのは、体をよく動かす方やスポーツをしている方です。私の方で、依頼を承ったケースは、ダンスインストラクターの方や日常生活、仕事環境がこちらに当てはまったケースで、両耳、耳あな形で製作しました。

クロス補聴器を試してみてから考えよう

私の方で、クロス補聴器をお客様に試しながら行った結果、これらの事がわかってきました。全体から見れば、耳あな形のクロスと耳かけのクロスは、どちらの方が良いか、聞こえが改善できるのか、から始まり、この二つを試してみると、耳あなのクロスの方が聞こえが改善できたケースから、さらに深堀りし、現行の耳あな形クロスと旧耳あな形クロスの比較を行ってきました。

現行の耳あな形クロスと旧耳あな形クロスは、どちらも一長一短です。現行の耳あな形クロスの方が、機能面では優れていますが、耳を塞ぐという事で、こもり、響き、装用側の聞きにくさに影響が出る可能性があります。こちらがなければ、最も良い補聴器は、現行の耳あな形クロスとなります。

しかし、これらが出る場合は、電池の保ちが悪くはなりますが、その代わり、快適な使用感覚が得られる旧耳あな形のクロスがお勧めです。これは、補聴器を使い続ける事を考えたうえでの選択になります。

中には、現行の耳あな形クロスを作るには、適さない耳もあり、例えば耳の穴が明らかに小さすぎる場合は、耳の中に部品を入れるだけで精一杯ですので、現行の耳あな形クロスは適さない事もあります。そのようなケースは、旧耳あな形クロスの方がお勧めとなりますが、そのような事がなければ、どちらか良い方を選択する事で、より良い選択ができるでしょう。

こちらには、色々と記載させていただきましたが、実際に補聴器を装用してみてから考えると色々な事がわかります。耳かけ形のクロスでも良いですので、聞こえにくさを感じている場合は、補聴器を装用するとどのように感じるのか、から、耳の装用感は、どのような感覚なのか、そのようなところまで試聴で見れるようになると、選びやすくなります。

私自身感じている事ですが、補聴器は、100回の説明より、一回の試聴です。100回説明されるより、1回試聴する事の方が、多くの事がわかります。

という事で、気になっている場合は、実際に試してみる事をお勧めします。聞こえにくい方にとってより良いものを選べるようになれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!