同じ補聴器でも調整する人によって聞こえは違う


補聴器を長く使用している方とお話しすると、様々な気付きを得られるのですが、最近、妙に納得したのが、タイトル通り、同じ補聴器でも調整する人によって聞こえは、違うという事です。ついこの間、私が扱っているメーカーを前に試した事がある方が来られ、実際に試したところ、聞こえの改善ができました。ご本人は不思議そうにしていましたが、こちらからすれば、別に不思議な事ではありません。

こちらは、そのままの意味で、同じ補聴器でも調整する人によって聞こえ方は、違ったりします。補聴器って、不思議ですね。なぜそのような事が起こるかと言いますと、最終的には、補聴器メーカーが推奨する値ではなく、補聴器をフィッティングする人の調整で音が決まるからです。ですので、例え同じ補聴器でも聞こえ方は、異なったりします。

そして補聴器は、どのように耳に合わせていくかが重要になってきますので、その考え方によっても聞こえや調整の方法は変わります。

補聴器の調整方法とは

補聴器の調整方法は、大まかに聴力データを入力し、その聴力に合うよう、初めにパソコン側で音の調節をしてくれます。その次に、音の微調整を行い、耳に合わせていきます。この合わせるというのも表現が難しいのですが、使える状態で、かつ聞こえるようにしていく、という状態と理解いただければ差し支えありません。

補聴器のフィッティングをする側からすればよくわかるのですが、基本的にメーカーが推奨する値は、結構音が大きかったりします。ですので、その状態から音を減算する事になるのですが、その減算ぐあいが人により異なります。

なぜ減算の数値が異なるかと言いますと、人によって「どう補聴器を合わせるのか」という思考が異なるからです。この変化は、メーカーのものを少し変化させる程度から、自分オリジナルの調整方法でやる方まで様々です。

ポイントは、どう合わせるか

どんな人も補聴器を調整する目的は、補聴器を装用でき、かつ聞こえを良くさせる事になるのですが、厳密に人によって、どのように聞こえを良くさせるかは、異なります。聞こえを良くさせる方針、聴力別にどのくらい音量を入れるか、といえばわかりやすいかもしれません。

例えば、私の場合は、昨日記載しましたが(私がしている補聴器の調整方法は、数値で確認する事)、基本的に、測定を通じて、どのくらい聞こえるようになっているのかを確認しつつ、調整しています。言い換えれば、補聴器装用時に聞こえの目安を決め、そこを目指していくイメージです。ただし、不意に大きくしすぎないよう、大きくできる範囲内で決めていきます。

補聴器で目指す目標値は、数々のお客さんに実際にそこまで音を入れてみる事で、改善しているケースを元に決めています。この点は、おそらくどの販売店の調整者もドクターも同じでしょう。

意外かもしれませんが、調整する人の考えやドクターの方針、それらにより、補聴器で聞こえを改善させる方法は異なりますので、例え、同じ補聴器でも、調整する人によって、聞こえは異なります。

ちょっとした情報提供ですが、ご参考なまでに。