2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【以前の補聴器より聞きやすく】両耳中等度難聴の方の聞こえを改善をしました

Pocket

今回から、本格的な補聴器の販売事例に関しても載せていきます。今回は、70代男性、両耳とも中等度難聴の方で、元々耳かけ形補聴器を使用されている方から補聴器のご相談をいただきました。今現在、騒がしいところでの会話や人によって聞きづらさを感じており、これらを改善したいとのことでした。

当店で改善を行なった結果

  • 騒がしいところでもより聞きやすくなった
  • 今までうるさかった事がうるさくなくなった
  • テレビの音が今まで以上にわかりやすくなった

との声をいただきました。

では、どのように聞こえにくさを改善したのでしょうか。お客様の状態を記載しつつ、こちらに関して記載していきます。補聴器についてお考えであれば、参考にしてみてください。

お客様の状況

お客様の状況をざっと並べますと

  • 名前:Y・Tさん
  • 年齢:70代
  • 性別:男性
  • 症状:感音性難聴
  • 聴力:両耳とも中等度
  • 改善:両耳に耳かけ形補聴器を装用(RIC補聴器)
  • 備考:H24年に大動脈解離となり、聴力が両耳とも低下
  • 備考:補聴器は、元々使用中(RIC補聴器を両耳装用)

となります。

年齢による難聴ではなく病気による難聴で、H24年から補聴器を使用中。しかし、補聴器を装用しても聞きにくさを感じていました。元々は、メガネ店で相談されており、その後、補聴器販売店でも相談。しかし、聞こえが良くならず、かつ、対応に疑問を感じていたため、こちらに来店になりました。

聞きにくいのは、騒がしいところでの会話や外での会話など、会話全般。その他、補聴器をいくつか試されてきましたが、周囲の物音、騒がしいところでのザーザーいう騒音、ざわざわした音などもなるべく入らないようにしたいとの事でした。その理由は、大きく音が入ったり、スーパーや人が多い所など、音が多く入ってしまうと頭がワーンとしてしまい、とても付けられる状態でなくなるとの事でした。過去にそのような体験もしている事から、大きく音が入らず、なるべく耐えられる音量で、聞こえを改善したいとのご要望でした。

耳に関しては、大動脈解離による難聴で、医師より、「言葉の聞こえに関しては(語音明瞭度測定の結果)、半分くらいだから補聴器はしても……」といわれ、耳の状態も厳しい状況でした。

聴力に関しては、このようになります。

お客様の聴力、低い音よりも高い音の方が聞きにくい耳となる

お客様の聴力。だいたい、45dBよりも下になると聞きにくさを感じやすい

聴力形としては、よく見る形であり、聞こえにくさを強く感じる頃合いが、大体、このくらいの聴力となります。

この他、明瞭度(音声の理解度)に関しては、当店で確認した限り

測定した限り、右は、75%、左は、60%が最大の明瞭度。

こちらは、語音明瞭度測定。主に音声の理解力を調べられる測定で、耳が持つ言葉の理解力は、どれほどかを理解できる。測定の結果、右は、75%、左は、60%が最大の明瞭度であることがわかった。

結果としては、このような状態でした。半分より上ではありますが、厳しい環境である事は、変わりません。右側は、左側に比べると良い状態でした。

状況改善への考え

状況改善をするためには、

  • 補聴器の選定
  • 補聴器で聞こえを目指す数値をどこにするのか

この二つがあります。どちらも補聴器で聞こえを改善させる上では、重要な内容です。

補聴器の選定思考

お客様の希望としては、必要以上に音を大きくしないで、聞こえを改善させる事。基本的に補聴器の形状に関しては、拘らないという事でした。過去に耳かけ形、耳あな形補聴器を一通り試され、補聴器に関する理解は深い方でしたので、効果重視で、耳あな形を選択しました。

耳あな形補聴器の良いところは、邪魔な音が入りづらく、聞こえる音が邪魔されにくい事にあります。これは、実際に発生している音が入りにくいのではなく、音響機器上で発生しやすいいわゆるノイズが発生しにくいという意味です。邪魔する音は、なるべく無くす方が、聞こえが良くなるというよりも、聞こえが邪魔されにくくなる事により、結果的に聞きやすくなります。良い状態をキープしやすくなるといえば理解しやすいかもしれません。

また、メガネや帽子をつけている事もあり、邪魔されにくいものであれば、より快適に使用できるだろうと考え、初めはこちらを選択しました。

しかし、過去に耳あな形補聴器を試した事があり、その時は、こもりや自声の響きが強く感じたとの事でした。そのため、耳あな形が使用できるのであれば、耳あな形補聴器、難しければ耳かけ形補聴器で改善していく事としました。

補聴器で聞こえを目指す数値

さて、補聴器で聞こえを改善させる場合ですが、どのくらい聞こえさせるか。その目標の立て方が重要になります。補聴器には、形状と性能の2つがありますが、それ以上に重要なのは、どこまで改善させるか。となります。

聴力から考える目標値。あくまでも目標はおおよそ程度で、実際には、やってみて補えるだけ補うという方針。

聴力から考える補聴器を装用した時の目標値。あくまでも目標はおおよそ程度で、実際には、やってみて補えるだけ補うという方針。

今回のケースは、聴力より、このように目標を設定。こちらは、音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)という、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを見る測定があるのですが、その目標値になります。

私のお店の測定室。このような部屋で測定を行う

私のお店の測定室。このような部屋で測定を行う

このような防音室の中で測る測定で、補聴器を装用した状態を見れます。

中は、このような状態。なるべく音がしないよう吸音材や防音材が敷き詰められている。

中は、このような状態。なるべく音がしないよう吸音材や防音材が敷き詰められている。

あくまでも私のところにはなりますが、このようになっており

音場閾値測定は、このスピーカーから音を出す。

音場閾値測定は、このスピーカーから音を出す。

スピーカーから音を出し、測定します。

音は出す位置や距離によっても大きく変わる。比較できるよう長さを決めたヒモを使い、決められた位置で測定を行う。

音は出す位置や距離によっても大きく変わる。比較できるよう長さを決めたヒモを使い、決められた位置で測定を行う。

測定方法は、距離を必ず、決めて、音を出し(距離を固定しないと数値がデタラメになり、比較ができません)

box14

聞こえたら、このボタンを押して測定する。やり方としては、聴力検査と全く同じ。

聞こえたら、このボタンを押す。というものです。聴力検査の補聴器版が、音場閾値測定になります。

中等度難聴の方であれば、1000Hzが35dBほど聞こえるようになると聞こえの効果が高くなります。1000Hzは、そこを目指し、かつ、それよりも高い音に関しては、使える範囲内を目指す事としました。これは、大きな音が入ると強い不快感を感じるという事から、そうしています。高い音に関して初めに考えていた数値は、40〜50dBの間になります。

実際の対応

実際の対応に関しては、

  • 初回
  • 中盤
  • 終盤

の三つにわけて記載していきます。

初回の対応

初めにお店にて、耳かけ形補聴器のRICで試聴。RICを選択したのは、実際に使用されているものがRICである事から、同じものであれば、操作がしやすいと考えたためです。

RIC補聴器とは、音を出す部品と本体が離れている補聴器。部品を分離させることで、小型化しやすくなった補聴器

RIC補聴器とは、音を出す部品と本体が離れている補聴器。部品を分離させることで、小型化しやすくなった補聴器

RIC補聴器とは、このような耳かけ形補聴器となります。

音の調節を行い、どのくらい聞こえているのか、調べた結果、

初回の対応時、1000Hzは、目標より低いが、その他は、概ね良し。

初回の対応時、1000Hzは、目標よりかなり低いが、その他は、概ね良し。

音場では、このような結果になり、

明瞭度については、このような状態。こちらを見ると、補聴器で、最も良い数値は、85%であり、耳の明瞭度より、良くなっている事がわかる。

明瞭度については、このような状態。こちらを見ると、補聴器で、最も良い数値は、85%であり、耳の明瞭度より、良くなっている事がわかる。

語音明瞭度では、このような状態でした。補聴器を装用する事により、補聴器なしの状態の明瞭度を超え、お客様の評価としても、お持ちの補聴器より、聞きやすいとの評価。耳あな形の場合、こもりが気になっていた事もあり、こもりの確認をするものの、こちらでは、使用できるという状況でした。

この時点で、以前の補聴器より改善できる事がわかりました。

中盤の対応

RICでそれなりに効果を出せる事がわかりましたので、耳あな形の製作に移行。耳あな形補聴器のもう一つの利点は、補聴器で補える数値(音場域値の測定結果)が良くなりやすいというのがあります。

実際に製作し、補聴器の調整をし、測定をしてみますと

明瞭度については、このような状態。こちらを見ると、補聴器で、最も良い数値は、85%であり、耳の明瞭度より、良くなっている事がわかる。

耳あな形を使った時の結果。なぜか500Hzは、25dBで出たが、それ以外は、良い状態となった。

音場閾値は、このような結果に。

基本的に音場閾値の数値がある程度よくなると、こちらも良くなる傾向がある。

基本的に音場閾値の数値がある程度よくなると、こちらも良くなる傾向がある。

語音明瞭度に関しても、このようになりました。音場閾値測定の結果では、RICよりもさらに上昇し、明瞭度は、若干で上がりました。

ご本人に使用感覚に関して聞いてみますと、聞こえに関しては、すごく良いという評価。気になりやすい紙の音やドアをバタンッ!と閉める音も気にならず、コップを叩き付けても気にならない。しかし、自声の響き、こもりがかなりきつい状態で、とても使用できる状態ではないとの事。

耳あな形補聴器には、シェルと呼ばれる耳の中に入る部分があり、この部分は、どのメーカーも3ヶ月ほど再作期間があります。

シェルとは、耳の中に入る部分。肌色の部分がシェル。

シェルとは、耳の中に入る部分。こもり、自分の声の響きが強い場合は、再度製作し直して、改善する事が多い。

この間は、無償で作り直しができるようになっています。そのため、それを使い、再度作り直しを実行。

しかし、こもり、響きは、少々良くなったようですが、使用できる状況ではないのは変わらず。そのため、耳あな形で聞こえを改善するのは断念し、ここから、耳かけ形のRICで改善していく事となります。

終盤の対応

RIC補聴器で改善していくにあたり、初めにフィッティングした内容、耳あな形補聴器でフィッティングした内容の二つを考慮し、なるべく効果が出やすく、かつ必要以上にうるさくならないように調整。

結果的には、音場閾値が

再び、RICにて調整。なお、耳あな形のデータを利用し、より良くなるよう調整。

再び、RICにて調整。なお、耳あな形のデータを利用し、より良くなるよう調整。

になり

概ね、耳あな形補聴器と同じくらいだが、少々低い傾向がある。

概ね、耳あな形補聴器と同じくらいだが、少々低い傾向がある。

語音明瞭度がこのようになりました。まずまずの結果と言えます。

その後、実際に日常生活で使用いただいた結果、

  • 騒がしいところでの会話がよりしやすくなった
  • 騒がしいところの音は、うるさすぎず、使用できるようになった
  • 待合室など様々な音があるところでも聞きやすくなった
  • テレビの音量が下がり、かつ聞きやすくなった

との評価でした。

以前の補聴器では、聞きにくかった騒がしいところでの会話が理解しやすくなり、すごく聞こえやすくなったとの評価でした。少し騒がしいところや少し離れたところの会話、自転車を乗りながらお話しする場合は、今まで結構難しく、何を言っているのか、よくわからない事もあったようですが、それらが改善されたとの事でした。

また、音が大きい場所、人が多い所では、音が多く入る事でワーンと入ってしまい、すごくうるさく感じてしまう事もあったようですが、こちらで調整した補聴器の場合、うるさく感じる事もなく、使用できるようになりました。これらの事により、ご本人としては、非常に満足されていました。

聞こえが改善できた事、そして、補聴器が使える状態である事、これらを評価いただき、補聴器をご購入いただきました。

なお、最終的な結果に関しては、

最終的には、このように。

最終的には、このように。

音場閾値測定がこのようになり、

明瞭度も若干だが、良くなった。

明瞭度も若干だが、良くなった。

語音明瞭度測定はこのようになりました。どちらも良い結果ですね。

お客様の声

実際にご購入になられたお客様より、改めて相談されてどうだったのか。こちらに関してお伺いしてみました。その結果

coe-t-y-13

とのことでした。こちらとしても、聞こえにくさを改善でき、何よりです。

なお、当店でご相談になり、実際に購入された理由に関してお伺いしてみたところ

co-e-y-t-22

とのことでした。こちらとしても、Y・Tさんが望む事を提供でき、良かったです。

まとめ

以上、Y・Tさんの症例でした。補聴器の聞こえを可視化し、着実に調整することで、聞こえの改善ができ、何よりでした。基本的には、ご自身の持つ耳の明瞭度より、補聴器を装用した方が明瞭度がよくなるケースは、ほとんどないのですが、よくなったのであれば、良かったと感じています。

聞こえの効果を一番に望まれ、耳あな型を初め作成しましたが、使いづらそうでしたので、耳かけ形補聴器に変更しましたが、そちらでも一通り、効果を感じれて何よりです。

補聴器は、耳を治すことこそできませんが、補聴器で目指せる改善値まで改善させることができれば、それなりに効果を感じることができます。そして、無事、現状お持ちの補聴器より改善でき、本当によかったです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム