2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

耳あな形クロス補聴器の成功例と失敗例から見るお勧めするもの


book-1421097_640

耳あな形のクロスには、現在、旧型のクロス(クロス)と現行のクロス(クロスⅡ)の二つがあるのですが、どちらも一長一短になります。それ以上に、現行のクロスの場合、聞こえる耳側にも耳あな形補聴器を作る必要があるため、耳の大きさによっては、聞こえる側を塞いでしまい、聞こえる側からの音が聞きにくくなってしまう事もあります。

こちらでは、色々な人を経験し、一通り、現行機種のクロスⅡ耳あなでうまく行く人、そうでない人がわかってきましたので、情報提供という事で載せていきます。

なお、こちらに記載しているのは、フォナック(メーカー)のクロスとなり、その他のクロスには、当てはまらない内容になりますので、ご注意下さい。

耳が小さい人は、クロス、耳が大きい人は、クロスⅡ

初めに結論から言いますと

  • クロスがお勧め:耳が小さい方、女性の方
  • クロスⅡがお勧め:耳が大きい方、男性の方

となります。クロスとクロスⅡで比較しますと、機能面は、クロスⅡの方が優秀です。しかし、こちらには、一つ大きな問題があり、それは、聞こえる耳側を塞いでしまう可能性が高くなる事です。

これは、聞こえる側から来る音が聞きにくくなる事を意味します。そのため、聞こえる側につける補聴器に穴を空けるのですが、耳のあなが小さい方は、空ける大きさに限界があり、空けても聞きにくさが残りやすく、大きい方は、大きく空けられるため、聞きにくさを感じにくい傾向がある事がわかってきました。

基本的にこの部分が、クロスⅡにおける大きなネックになるため、この部分が改善しやすい耳が大きい方、あるいは、比較的男性の方は、クロスⅡ、そうでない方は、クロスがお勧めです。

クロスに関するおさらい&まとめ

少しおさらいですが、耳あな形のクロスを選択する場合、クロスとクロスⅡの二つがあります。こちらに関して、まとめますと

cros-ite-type

のようになります。

クロス補聴器を考える場合、初めに考えなければならないのは、聞こえる耳をどうするかになります。聞こえる耳は、聞こえる側の音を聞きつつ、かつ、反対側の音は、クロスで転送して聞くようにします。その際ですが、人間の耳は、耳を塞ぐと、こもった感覚や耳が塞がった感覚がでます。そして、塞ぐと当然、聞こえる耳側の音も伝わりにくくなります。

ですので、聞こえる耳側は、塞がないようにしなければならないのですが、クロスⅡは、それがしやすい耳かけ形補聴器と耳あなのクロスの組み合わせができません。この組み合わせができるのは、一つ前の機種であるクロスとなります。こちらであれば、ミックスしてできるため、それぞれ重視したいポイントを重視できます。

クロス補聴器で効果が高くなるのは、聞こえにくい側につけるクロスを耳あな形にする事です。基本的に私の場合は、耳かけ形のクロスを初めに試聴いただいき、どのような感覚なのかを理解していただいたうえで、耳あな形のクロスの製作に移ります。その際、必然的に、耳かけと耳あなの比較をする事になるのですが

  • 音が聞こえる範囲
  • 騒がしいところでの聞き取り

まさに片耳のみ聞こえにくい方が聞こえたいと思うシーンでは、今のところ、全ての人が、耳あな形の方が聞きやすいという評価でした。

そのため、聞こえを重視する場合は、聞こえにくい側を耳あな形にする必要があるのですが、その場合における選択肢は、冒頭の通りです。

クロスとクロスⅡのポイントとなる部分

クロスは、電池寿命が短くなる変わりに装用感覚が良くなります。過去のものとなりますので、燃費が悪いのですが、その代わり、快適な使用感覚を得られます。そして、しっかりと聞きやすくもなります。

電池寿命が短い点はありますが、無難な選択肢であり、女性の方や耳の穴の中が小さい方は、こちらがお勧めです。というよりも実質、耳の穴が小さい方は、こちらしか選択肢がないとも言えます。

一方クロスⅡは、耳が塞がり、

  • こもる感覚
  • 耳が塞がった感覚
  • 聞こえる側を塞ぎやすい

これらの傾向はありますが、体をよく動かす方、仕事が肉体系、スポーツインストラクターなどの方には、お勧めです。耳あな形は、耳の型を採取して作るため、耳にしっかり入るものを作ります。そのため、耳かけ形よりもしっかり固定され、安定性は、こちらに分があります。

もっとも耳が小さい場合は、聞こえる側が聞きにくくなりやすいため、こちらはお勧めできないのですが、そうでない方は、こちらがお勧めです。電池の寿命もクロスよりも二倍良くなっていますので、交換の手間や電池代もかかりにくくなります。

クロスⅡはいくつか欠点はありますが、それが気にならない方には、理想のクロス補聴器となります。

実際の選択方法は、クロスをつけても耳かけ形補聴器側が動いたり、落ちそうにならない事がなければ、後は、気に入った方を選択する……という方法でも良いと私は考えています。そこで、電池の部分をより重視したいのであれば、クロスⅡで良いですし、快適な使用感覚を重視したいのでしたら、クロスが良いでしょう。

と、実際に試聴や様々なお客さんを対応しきて、このように感じます。

ポイントの優先順位

何事も優先順位が重要ですが、一番に優先すべきは、聞こえの部分です。クロスⅡは、特に聞きやすい側が聞きにくくなる可能性があり、この部分は、強いデメリットを持ちます。お客さんに試してきて感じるのは

  1. 聞こえやすさ
  2. 補聴器の装用感覚
  3. 内面(電池や使いやすさ)

で重要になるという事でした。

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、クロスⅡにして、聞こえる側が聞きにくくなるというのは、想像以上に気にされる事が多く、まずは、こちらがないようにするのが先決です。その部分が解決しやすいのか、そうでないのかでクロス、クロスⅡどちらにするのかが分かれやすくなります。

なお、厳密には、1、2どちらも同じくらい重要ですので、両方ともクリアできるものがベストです。

クロス補聴器に関するまとめ

様々な実験もとい試聴をしてきてわかったのは、これらの事でした。一番初めは、片耳難聴の方は、どのようにしたら聞こえやすくなるのだろうか?という疑問から始まり、そもそも耳かけと耳あなで聞こえは違うのか、そして、違うのであれば、どう違うのかなど、自分なりに一つ一つ調べていったのですが、これらを試していった結果、様々な事がわかってきました。

最終的に今現在の段階では、聞こえにくい側を耳穴のクロスにする事、こちらで聞こえにくさを最大限、軽減できる事がわかりました。ただ、その選択に関しては、上記の通り、二つあります。

どちらをとっても聞こえにくさは改善できます。自分にとって良い方を選び、今感じている聞こえにくさの改善に繋がれば幸いです。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム