2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳のみの補聴器装用は、片耳難聴と同じ

Pocket

checkmate-1511866_640

両耳とも聞こえにくい場合、片耳のみ装用するケースがありますが、両耳とも補聴器の効果が望める耳であれば、それは、すべきではありません。その理由は、タイトル通り、片耳のみの補聴器装用は、片耳難聴と同じだからです。厳密には、それ以下になります。

私の場合、職業柄、片耳のみ難聴の方にもお会いし、補聴器の販売をしています。彼ら、彼女らも聞こえにくさを感じており、補聴器を求めるわけですが、両耳とも聞こえにくいのに関わらず、片耳のみ補聴器を装用するという事は、片耳難聴の方と同様の症状がでます。

「補聴器は両耳装用がお勧めです」と言われる事が多いのですが、補聴器を装用している私から言えるのは「片耳のみ補聴器をつけている場合は、片耳難聴と同じなので、結局、困るところが増えてしまう」という印象が大きいです。

そして、重要なのは、片耳装用や両耳装用といった言葉に惑わされず、自分の状態を最も補える方法で、補う事となります。

今回は、皆と少し異なる視点で両耳装用、片耳装用について記載していきます。

片耳装用は片耳難聴と同じ

結論から申し上げますと、両耳とも難聴であり、かつ両耳とも補聴器の適性があるのに関わらず、片耳のみ補聴器の装用すると

  • 騒がしいところでの聞き取りがよりしにくくなる
  • 聞こえにくい側からの音、音声に気が付きにくい
  • 複数の人との会話は、よりしにくくなる
  • 音の方向が理解できない

という事が起こります。これは、両耳と片耳の装用を比べたものですが、片耳のみ装用しますと、このような傾向がでます。

難聴の方の中には、片耳のみ難聴の方(片耳は、健聴、もう片耳のみ聴力が低下している方)もいらっしゃるのですが、その場合も、実は、上記、同様の症状がでます。そして、聞きにくさゆえに、補聴器をお求めになります(一般的な補聴器では補えない事が多いため、クロス補聴器という特殊な補聴器で補います)。

私自身、様々な方を対応して感じるのは、片耳のみ装用するという事は、自ら片耳難聴の方と同じ状況になる事と同等であるという事です。そして、補聴器を装用したとしても、片耳難聴の方よりも、聞こえが良くなる事はありませんので、それ以上に聞きにくさを感じるようになります。

片耳難聴の方は、片耳が健聴で一般の方と同じ聴力をしており、もう片方が、聴力低下により、聞きにくい状態です。両耳難聴で片耳に補聴器を装用しても耳が治るわけではありませんので、両耳とも難聴であり、片耳のみ補聴器装用した状態を比較をすると、片耳難聴以下となります。

つまり片耳のみ装用するという事は、片耳難聴と同じであり、厳密には、それ以下になります。

片耳難聴の方とお話しして

私自身、片耳難聴の方も対応する機会があるので、よくこのような方々とお話しをします。そこで気が付くのは、上記と同様ですが

  • 騒がしいところでの聞き取りがよりしにくくなる
  • 聞こえにくい側からの音、音声に気が付きにくい
  • 複数の人との会話は、よりしにくくなる
  • 音の方向が理解できない

という症状が出るという事です。

ある人は、職場で聞きにくさを感じ、周囲が少々騒がしくなると、聞きにくい耳側にいる隣の人の席の人の会話も聞きにくいという事を聞きます。そして、隣の人の声すらわからないとなると、離れたところでの呼びかけやお話しには、ほとんどわからなくなるという事でした。

また、ある人は、会議の際に左右から話される環境下では、聞こえる耳側は、良いけれど、聞こえにくい耳側からお話しされたものは、わからず、いつの間にか、お話しの内容が変わっており、ついていくのがやっと……と聞きました。さらに、ついていくのがやっとになると発言もできなくなるので、周囲の人からの評価は、低くなりがちです。

実際に片耳のみ聞こえにくい方のお話しを伺ってわかったのは、例え片耳のみ聞こえにくい状態で、かつ片耳が健聴であってもそれだけ困る機会があるという現状でした。

このように片耳のみ聞こえにくい状態でも、様々な事に困ります。

補聴器は自分の耳を活かす補い方をするのが重要

補聴器は、自分の耳を活かす補い方をするのが大切です。私は、両耳装用を勧めるわけでも、片耳装用を批判するわけでもありません。ひと言で言えば「自分の耳を活かす補い方をする」こちらが重要であるという事です。

補聴器の事をあまりご存知ない方からすれば、どの補聴器を購入しようか……どのメーカーが良いんだろう?、どの補聴器が売れ筋なんだろう?と補聴器を主体に考える方が多いのですが、重要なのは、ご自身の耳を主体に考える事です。

耳には、音がどれほど聞こえるかの聴力、そして音声がどれだけ理解できるのかの音声の理解力があります。前者は、聴力検査で調べられ、後者は、語音明瞭度検査(語音弁別能検査)で調べられます。音が聞こえる事と音が理解できる事は、異なります。

そして、語音明瞭度検査で数値が低い場合は、補聴器を装用しても、効果がでない可能性があります。音声を大きく聞かせても、それが理解に繋がらない耳もあり、その傾向が出ている場合は、その耳には、補聴器を装用しないケースもあります。

大切なのは、補聴器を装用する事で、効果が望める耳に補聴器を装用する事です。両耳とも音を大きく入れる事によって、効果が望めるのであれば、それが最も自分の状況を改善できる方法となります。しかし、両耳とも難聴であり、かつ片耳は、補聴器を装用しても効果が得られない耳であれば、効果を得られない耳には、補聴器ではなく、音の転送機器を使い、より、聞こえを改善させる事もあります。

両耳とも効果が得られる耳であるのに関わらず、片耳のみしか装用しないのは、片耳難聴と同じ状態となり、補聴器の効果を得られない耳に補聴器を装用しても、効果は得られません。この場合、どちらも、適切に耳の聞こえを良くできていない事に繋がります。

補聴器は、自分の耳を活かす補い方をするのが最も重要です。そのために耳の状況を理解する検査があり、その状況によって提供する補聴器は、異なります。

補聴器を購入する……というスタンスではなく、自分の耳の状態を良くできる方法は何か?どうやったら良くなるのか?というスタンスで見るのが重要です。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム