2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれるというお話し

Pocket

emperor-penguin-62982_640

補聴器や聞こえを補う道具には、補聴器以外にもあったりするわけですが、肯定的な諦めという意味で、諦めるという選択肢のおかげで様々なものが生まれているんだな……と感じる事が多々あります。私の方でよく扱っているクロス補聴器もそうですし、補聴器の仲間、人工内耳もそれに当てはまります。

初めに結論から言ってしまえば、これらのものは、補聴器で耳を補う事を諦めた事で、生まれたとも言えます。補聴器では、補えない、補いにくい方に、お勧めできる機器だからです。

諦めた事で生まれたもの

こちらに当てはまるのは、

  • クロス補聴器
  • 人工内耳

の二つです。どちらも補聴器では補いにくい方々に提供される聞こえを補う機器です。

クロス補聴器

主に片耳のみ難聴の方に使われる補聴器がクロス補聴器です。厳密には、補聴器ではなく、クロスシステムと呼ばれます。特徴は、聞こえにくい耳に音を入れて補うのではなく、聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送して補う機器である事です。

クロス補聴器は、聞こえない耳に来る音を聞こえる耳に送る補聴器

クロス補聴器は、聞こえる耳で音を理解する補聴器

イメージとしては、このようになります。こちらの機器の形状は、補聴器と同じです。

クロス補聴器は、クロスに来た音を通常の補聴器に転送させる

クロス補聴器は、クロスに来た音を通常の補聴器に転送させます

クロスには、耳にかけるタイプと耳の穴の中に入れるタイプの形状があるのですが、どちらもあります。上記の写真は、耳にかけるタイプの写真です。

片耳の聴力低下が大きすぎる場合、従来の補聴器で音を補っても、補いきれず、聞きにくい状態である事が大半でした。補聴器は、ある程度、聴力から、どのくらい効果が見込めるのかがわかるため、装用しても、思うように効果がでなかったり、ただ単に音が聞こえるだけになりがちでした。

また、聞こえにくくなった病気の種類によっては、音を入れても、音声の理解に全く繋がらず、補聴器の効果を得られない方もいました。このような方には、補聴器を装用しても、ただ単に音が大きく聞こえるようになるだけであり、音声を認知する力がありません。

そこで、聞こえにくくなった耳に補聴器で音を大きく入れて補うという方針を諦め、聞こえる耳に音を転送して、状況を改善できないかと考えました。それがクロスシステムの始まりです。聞こえにくい耳を改善しようとしても効果が望めないのであれば、その方法で改善させる事をあきらめ、別の方法を模索し、その結果として、このような方法にたどり着きました。

このおかげで、今まで補聴器は効果がないと言われてきた方も困っているところを改善でき、生活の質が上がるようになりました。

人工内耳

人工内耳とは、内耳と呼ばれる耳の器官内に、インプラントを埋め込み、外の機械と中の機械を通信させて、内耳に直接音を入れる機器となります。

耳の図。耳には、外耳、中耳、内耳の三つのエリアがある。人工内耳で重要なのは、内耳の部分となる。

耳の図。耳には、外耳、中耳、内耳の三つのエリアがある。人工内耳で重要なのは、内耳の部分となる。

実際には、内耳と呼ばれる部分にインプラントを埋め込みます。人工内耳メーカーのコクレア社の画像を引用しますと

人工内耳の図。人工内耳は、外部の機器と内部のインプラントのの二つにより、成り立っている。

人工内耳の図。人工内耳は、外部の機器と内部のインプラントの二つにより、成り立っている。

※画像は人工内耳メーカーコクレア社より引用

このようになります。外部の機器と内部にインプラントがあります。主に重度難聴の方が使用する補聴機器ですが、その聞こえの効果は、補聴器とは、比べ物にならにくらい、良くなります。

重度難聴における補聴器の問題点は、音を大きく補ったとしても補える量に限界があるため、大きく効果を感じる事は、少ない状態となります。これは、上記のクロスシステムと同様です。

音を大きくしても、聞こえが改善できる幅が限られており、そして、音を大きくしすぎると、ハウリングの問題が起こるため、補聴器で改善させるのは、限定的な改善でした。それでも、全く聞こえないよりは良く、かつわずかに聞こえてくる音と口話で理解するというやり方で、今まで補ってきました。

機械側の視点で見ますと、今までやっていた補い方というのは、補聴器で音を増幅し、耳の穴の中を通って、内耳とよばれる部分に音を伝え、そして、内耳が電気信号に変換して脳に音の情報を届ける……というやり方でした。普段、私達の耳は、様々なところを通って音を理解しているわけですが、 通る所が多いと音が減少しやすく、かつ、送れる情報も少なくなってしまいます。これは、難聴の程度が重いと重い程、起こりやすくなります。

そこで、音を大きくして入れても内耳で電気信号に変換するなら、そこまでの役割をすべて機械で補ってしまえば良いのでは?と考え、本当に実行したのが、人工内耳です。内耳にインプラントを埋め込み、外の機器で拾った音を直接内耳に送れるようになった事で、補聴器とは、比べ物にならないくらい、聞こえが良くなりました。

こちらも補聴器では補えないという事実を認め、そして、補聴器で補うという事を諦めた結果、そのようになった……と見る事ができますね。

諦めから生まれたものもある

諦めるというと悪い言葉のように聞こえますが、肯定的な諦めは、悪い事ではありません。どちらも目的は、聞こえにくい人の生活を良くさせる事であり、補聴器で補えないのなら、別の方法で、という事で、開発された機器です。目的は何かが重要だったわけですね。手段と目的を混合させない事が重要だという事です。

このような機器を開発してくださる方のおかげで、様々な人の生活が良くなってきました。完全に耳が治るわけではありませんので、そこは、申し訳ない限りではあるのですが、聞きにくいままでいるよりは、ずっと聞きにくさを改善でき、日常生活がしやすくなったり、会社で働きやすくなったりしています。

視点を少し変えてみれば、これも諦める事によって生まれたと見る事ができます。いや〜本当にすごいですね。このように視点を柔軟にして、物事を見たいものです。

このような機器を開発した人々は、一番初め「そんなのうまく行くはずがない」と言われたのでしょうが、諦めずに開発&改善してくれたおかげで、世の中が良くなっているとすれば、何とも皮肉なお話しですね。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム