2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

私が今、わかっている耳あな型のクロス補聴器の実情

Pocket

work-864960_640

クロス補聴器には、耳あな型と耳かけ型の2つがあります。さらに、耳あな型のクロスの場合、私の方で扱っているフォナックの補聴器の場合は、旧型の耳あな型のクロスと現行の耳あな型クロスの2つがあります。片耳難聴の方に有効なクロス補聴器ですが、初めに耳あな型のクロスか耳かけ型のクロスかで聞こえの改善どが異なり、さらに、耳あな型のクロスでも、旧型と現行でも異なったります。

私自身が様々な方に試し、わかってきていることに関して載せていきます。

今現在の耳あな型のクロスの選択肢

基本的に、聞き取りを重視する場合ですが、耳あな型のクロスを使用することになるのですが、その場合、選択肢としては

  • 旧型の耳あな型クロス&耳かけ型の補聴器
  • 現行の耳あな型クロス&耳あな型補聴器

の二択となります。この場合、安定して聞こえるようになるものは、旧型の耳あな型クロス&耳かけ型の補聴器となります。言葉だけではわかりにくいので写真を載せますと

cros-bte-ite

が、旧型のクロス

cros-ite-03

が現行のクロスです。

この2つですが、性能に関しては、現行のクロスの方が良いのですが、この場合、厄介な問題が発生します。それは、聞こえる耳をふさぎやすいということです。具体的にお話ししますと、聞こえる耳側が塞がれてしまい、元々聞こえていたものが聞きにくく感じるようになります。

この問題があるため、旧型の耳あなクロスを使用した方が無難に聞こえを改善できます。現行の耳あな型クロスは、ある程度耳のあなが大きくないと厳しい傾向があり、女性の方は、おそらくほぼ無理かと思います。

現行の耳あなクロスの形状

さて、実際にこちらを作ると、どのようになるのか、私の耳の型を使ってメーカーさんに作ってもらいましたので、それを見ながら記載していきます。

DSCN1817

クロス補聴器を使用する場合、基本的には、聞こえる耳側に補聴器を装用し、聞こえない耳には、音を転送する送信機をつけます。この送信機がいわゆるクロスになります。

DSCN1822

クロス側は、このような穴が空いており、

DSCN1823

その穴は、この部分につながっています。基本的に送信機の役割しかしませんので、耳の通気を良くするために、このように穴を開け、装用感覚を良くします。

 

DSCN1824

こちらが聞こえる耳側に着ける補聴器になります。

DSCN1825

耳の中に入る部分は、こんな風になっています。白いフィルターは、耳の中に入る部分で、この先に音を出すイヤホンがあります。

DSCN1826

ここからが重要ですが、補聴器側は、聞こえる耳側の外の音を耳の中に入れる必要があるため、耳を塞がないようにします。そのために、溝を掘り、耳が埋まらないような加工をします。写真を見ていただきますとくぼみがありますね。それが溝です。

DSCN1827

耳に装用した状態を見てみますと、下の部分が空いているのがわかるかと思います。この部分に穴を開け、耳を塞がないようにします。そのためのくぼみ、溝になります。この穴から聞こえる側の音を入れ、聞いていきます。

基本的にクロス補聴器は、聞こえる耳側の音は、聞こえる耳が直接聞き、聞こえにくい側に来た音を聞こえる耳に転送して音を聞く補聴器です。そのため、聞こえる耳には、普段聞こえてくる音に加え、聞こえにくい側からも入るようになります。

耳をふさぎやすい現行の耳あな型クロス

問題となるのは、補聴器側で、こちらがある程度耳の中が大きくないと補聴器で耳をふさいでしまい、元々の聞こえがより聞きにくく感じるようになります。これが起こりにくいのが、耳あな型のクロス&耳かけ型の補聴器の組み合わせになるのすが、現行のクロスは、耳あななら耳あなで統一し、耳かけなら耳かけで統一しなければなりません。

旧型のタイプであれば、混合型が作れるので、それが、今現在、考えるうえでもっと無難な選択肢となります。私のところでは、現行の耳あな型のクロスを望む型には、ダメだったら、旧型にするというお約束をつけて試聴という形で始め行い、よければ良いで、それにしていただき、ダメであれば、旧型にし、聞こえの改善をしています。

実際には、無難な選択肢を選択するケースや仮に現行タイプを選択してもほぼ全滅なので、旧型のタイプで対応することがほとんどとなります。

無難なのは、旧タイプの耳あなクロスと耳かけ型補聴器の組み合わせ

今まで様々な方々を対応してきましたが、安定して改善できるのは、この組み合わせです。特に女性の方や耳が小さい場合は、選択肢など存在しておらず、ほぼ強制的にこちらになります。

現行タイプの実情としては、クロス側は聞こえても、聞こえる耳側が聞きにくさを感じてしまうことが起こります、耳が小さければなおさらそのようになります。そのことから言えるのは、性能面は、確かにこちらの方が良かったりするのですが、実際には、選択そのものができないということです。

少々電池の持ちは悪くなってしまうのですが、聞こえにくさの改善を重視し、かつ無難な選択をしたい場合は、旧タイプの耳あなクロスと耳かけ型補聴器の組み合わせを選ぶことをお勧めします。こちらの方が今現在は、活用しやすいクロス補聴器となります。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!