クロス補聴器の調整についてわかってきた3つの事


補聴器は、調整によって良くも悪くも変わります。このブログでは、他ではほとんど取り扱わないクロス補聴器についても記載しているのですが、おかげさまで、様々な方にお越しいただくことで、ようやくクロス補聴器の調整に関してわかってきました。すみません、実は、初め全然わかりませんでした。誰だって初めてやるものは、わからないものです。

聴器の根幹は、音の調節であり、これに関しては、クロス補聴器も同様です。この部分がうまくいかなければいくらクロス補聴器が有効と言っても効果は薄い、もしくは、ほとんどない状態になります。特にクロスは、調整をわかっている人とそうでない人の違いが大きい補聴器であると、個人的には思います。

様々な方を調整してきたことによってわかってきたことを3つに絞って載せていきます。

クロス補聴器に関して真剣に向き合ってきてわかってきた3つの事

私自身が感じているのは

  • 初期調整では、効果がほぼ出ない
  • 男性の音声は改善しにくい傾向がある
  • 耳の中の大きさや髪の多さに影響されやすい

の3つです。

初期調整では、効果がほぼ出ない

私の場合、フォナックのメーカーしか知りませんが、フォナックの場合、初期調整のまま、もしくは、それに近い状態では、効果は、あまり出ません。特に耳かけ型のクロスは、本当に聞こえるようになっているのか、なっていないのかが非常にわかりにくい傾向があります。注意深く聞けば聞こえるようになっているのがわかるかもしれませんが、おそらくほとんどの人は、補聴器あり、なしであまり違いを感じていないのではないかと思います。

片耳のみ聞こえにくい人が最も改善させたいポイントは、騒がしい中で聞きにくい側にいる人の声や音をきくという点ですが、これは、初期状態では、ほとんど無理です。耳あなのクロスにすることにより、いくらかよくなりますが、耳あなのクロスも初期状態では、まだまだ効果が低く、調整することでより良くできます。

通常の状態よりもある程度大きくした状態にしないとクロスの効果は出ない。それがクロスをたくさん調整してきてわかったことの一つです。

男性の音声は改善しにくい傾向がある

クロス補聴器は、聞こえにくい側に来た音を聞こえる側に転送し、音声を理解する機器です。しかし、仕組み上、男性の音声は改善しにくい傾向があります。そのポイントは、聞こえる耳側につけている耳せんです。

聞こえる側につけている耳せんは、

聞こえる側につける補聴器。耳せんを見てもらうと穴が空いている。これは、聞こえる耳側からくる音を聞くために空けている。

聞こえる側につける補聴器。耳せんを見てもらうと穴が空いている。これは、聞こえる耳側からくる音を聞くために空けている。

このように穴を開けています。こちらにより、聞こえる耳に補聴器をつけても耳を塞がず、聞こえる耳側からくる音が理解できるのですが、その変わり、転送されてくる音の低域の部分が抜けてしまい、男性の音声は、女性の音声に比べ、改善しにくい傾向があります。

耳の中の大きさや髪の多さに影響されやすい

これは、一般的な補聴器もそうなのですが、気のせいか、クロス補聴器の方が影響を受けやすい傾向があります。

聞こえる音に影響する要素には、主にマイクにどれほどの音の大きさで入るのか、イヤホンからどれだけの大きさで出すのか。の2つがあります。その内、クロス補聴器の場合は、補聴器をつける側の聴力が正常でほぼ0〜10dBに入っている人が使いますので、イヤホンからどれだけの大きさで出すのかは、理論的には、ほとんど変わらないはずです。が、耳の中の大きさや髪の多さにより、出力を変えざるを得ないことがあるため、調整することも多いです。

髪が多いと聞きにくく、耳の中が小さいと音は、少しの大きさで伝わりやすくなります。これらも見ないと、聞こえにくいもの、逆に音が大きすぎるものになりやすいですね。以外にシビアだな……と私は、感じています。

クロス補聴器も調整が重要だった

このブログでは、クロス補聴器に関して形状や性能などを記載してきましたが、クロスを扱ってきてわかってきたことは、それらの要素より調整が重要だったということでした。形状や性能などの前に音の調整がうまくいかないと出せる効果を出せないためです。正直、10人以上は確実に失敗し、どれほど失敗したかは、覚えていませんが、ようやくクロスの調整に関してわかってきました。

今では、ようやく初めての試聴時でも8割ほどの人がすぐに効果を感じるところまで調整できるようになってきました。これは、耳かけ形でも耳あな形でも同様です。最終的な聞こえのキャパに関しては、耳あな形の方が上ですので、さすがに耳かけ形は、効果に関しては負けるのですが、それでも出せるところまでは、出せるようになりました。

それでも耳が治るところまでは、残念ながらいけないのですが、片耳が聞こえにくい方の聞こえにくさを改善させられる部分は、多くなってきました。中には、居酒屋さんで働いており、クロス補聴器を装用することにより、今まで聞きにくかったところが聞きやすくなった、理解しやすくなることにより、仕事がしやすくなったという方もいます。片耳のみ聞こえにくい方が居酒屋さんで働いているというものスゴイですが(周囲が騒がしいことにより、かなり働きづらいはず……)、まさかそのようなところでも改善できるとは、私も思っていませんでした。

クロス補聴器を扱ってきたことでわかったのは、兎にも角にも調整が重要であるということです。もし、クロス補聴器に関して相談した場合は、クロス補聴器のことがわかっているところ、もしくは、調整に関してやる気があるところで相談することをおすすめします。