2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

聞こえにくさが軽い内に補聴器をつけた方がいい3つの理由

Pocket

snowdrop-1263455_640

たまに「少しだけ聞きにくいだけなので、このままでいいかな」「聞きにくいけれど我慢すればいいか」などお考えの方をお見かけします。本当の意味で、ほんの少しだったり、あまり困っていないのであれば構わないのですが、明らかに困っている場合は、医療機関への相談、補聴器の相談をおすすめします。

補聴器は、聴力低下が軽い内に装用した方が、聞こえにくさを改善できます。そのため、状況を改善させるのでしたら、早期に装用する事がおすすめです。どんな病気も早期の方が改善できるように補聴器も早期の方が聞こえの効果を改善できます。

早期装用をお勧めする3つの理由

さて、その理由ですが、主に

  • 騒がしいところでの聞こえ改善値の低下を抑えられる
  • 聞こえの改善値を高くできる
  • 言葉の聞き取りが良い内に改善できる

の3つがあります。内容は、冒頭の通りですが、早めに装用すると補聴器の効果も高くなります。

騒がしいところでの聞こえ改善値の低下を抑えらる

なんのこっちゃわかりづらいのですが、難聴のレベルが進むと進むほど、騒がしいところでの聞こえの改善は、困難になります。聴力が軽い内に補聴器を装用できれば、それなりに効果も期待できるのですが、ある程度、聞こえにくさが進行すると、補聴器を装用し、比較的静かなところでの聞き取りは良くても、騒がしいところでの聞き取りは、難しい……となりがちです。

そのため、早めの内から補聴器を装用できると、騒がしいところでの聞き取りも比較的良くできますので、聞こえをキープしやすくなります。

補聴器でよくあるのは、騒がしところでは聞きにくいということです。その理由の一つには、聴力がある程度、低下すると、その部分での聞き取り改善に限度が出てくるためです。

聞こえの改善値を高くできる

騒がしいところでの聞こえ改善値の低下を抑えられると似ているのですが、聴力低下が軽いと軽いほど、補聴器で聞こえを補いやすくなります。難聴には、いくつかレベルがあるのですが、そのレベルが低下すると低下するほど、改善させられる数値に限度が出てきます。

例えば、仮に軽度の方の聴力で多い傾向があるもので例を出して見ますと

軽度の方で多く見られる聴力の改善例。補聴器で効果を出すには、大抵30〜40dBの間まで改善させること。軽度であれば、それがやりやすい。

軽度の方で多く見られる聴力の改善例。補聴器で効果を出す場合は、大抵30〜40dBの間まで改善させること。軽度であれば、それがやりやすい。

このようになります。△は、補聴器なしの状態の聞こえ、▲は、補聴器ありの聞こえです。聴力検査と同じく、数値が上にあるとあるほど、聞こえる状態になります。軽度であれば、補聴器の効果を出す上で重要になる30〜40dBのラインまで聞こえさせることが比較的容易になります。そこまで聴力低下がないからです。

次に見ていただきたいのは、こちらです。

高度難聴の場合の改善例。聴力低下が大きくなれば、それだけ欲しい数値までは、改善しにくくなる。特に30〜40dBの間まで改善させるのは、高度の場合、困難である。

高度難聴の場合の改善例。聴力低下が大きくなれば、それだけ欲しい数値までは、改善しにくくなる。特に30〜40dBの間まで改善させるのは、高度の場合、困難である。

先ほどのものよりも聞こえが重いケースです。▲を比較していただければお分かりの通り、聴力が低いと低いほど、この▲も低い位置になります。これが意味するのは、補聴器で改善できる数値というのは、おおよそ決まっており、かつ、聴力ごとにその上限が決められているということです。

数値にすると理解しやすいのですが、補聴器で補える範囲は、おおよそ決まっていますので、聴力低下が大きければ大きいほど、補聴器の効果も薄くなります。ですので、最近は、聴力低下が重い方は、補聴器ではなく別の機械をつけるということもしています。補聴器では効果が見込めないためですね。

できれば放置せず、早いうちから装用した方が良いのは、このような側面もあります。

言葉の聞き取りが良い内に改善できる

よく言われるのは、こちら、言葉の聞き取りが良い内に改善できるというものです。これもなんのこっちゃわからないかと思うのですが、耳には、音が聞こえにくい症状と音声が理解しにくい症状の2つが存在します。ほとんどは、この2つがミックスされて聞こえづらさを感じるのですが、聴力の低下が重かったり、ある特殊な状況になると音声が理解しにくい症状が重くなります。その結果、補聴器を装用してもほとんど効果が得られない……となる場合もあります。

補聴器は、端的に言えば音を大きく聞こえるようにする道具ですので、音を大きくすることで音声が理解できる方に効果があるものです。逆に理解ができない方は、補聴器を装用しても効果は薄いままになります。

この症状は、基本的に聴力低下が軽い方が良い傾向があります。重くなってくるとその症状も重くなり、中には、残念ながら補聴器の効果を期待できない方もいます。音が聞こえることと音が理解できることは違う。そして、音が理解できる内に装用できれば、補聴器の効果も期待できますし、補聴器で聞こえの改善もできるようになります。

なお、音声の理解力は一度下がると今のところ、改善させる手立てがありません。

聞こえに困っているのであれば早期装用をお勧めします

聞こえに困っているのであれば、補聴器の装用をお勧めします。それも早ければ早いほど補聴器の効果を落とさずにできます。基本的に、軽度のうちから装用した方が、聞こえの効果は高くなります。

もっともあまりにも軽すぎると補聴器で補える範囲以上に聞こえているため、効果が出にくいかもしれません。この辺りの線引きは難しいのですが、聞こえにくさに困っているのであれば、それなりに低下しているケースが多くなりますので、ご相談してみることをお勧めします。改善できるのであれば、より生活の質もよくなるでしょう。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!