補聴器を装用するとどうに聞こえる?という疑問の解


補聴器を装用する際、どのように聞こえやすくなるのか。それに関しては、良くも悪くも聞こえやすくなる。というのが正直な感想です。補聴器を使った時の想像をしようと思っても、普段、音を大きくするもの、例えばテレビや動画、音楽プレイヤーなどそれらの音を大きくするとは、やっていることが全く異なりますので、、少し解りにくいかもしれません。中には、こちらと同じ感覚で想像しており、補聴器で音を聞いた時のギャップに驚く方もいます。

補聴器を装用すると、音は大きくなりますが、それ以上に感じるのは、聞こえる範囲が非常に広がる。それが補聴器を装用している人間が感じることです。補聴器を装用することで、どのように聞こえが変化するのか、こちらに関して載せていきます。

聞こえやすくなる2つのこと

補聴器は、文字通り、聞こえを補う機械になります。それにより

  • 聞きにくい音が大きくなり、聞きやすくなる
  • 今まで聞こえなかった音が聞こえるようになる

の2つが起こります。

聞きにくい音が大きくなり、聞きやすくなる

今まで音は聞こえていたけれども、音量が小さかったもの、それが大きくなって聞こえるようになります。ほとんどの方の補聴器を装用するイメージは、こちらかと思います。テレビやラジオ、音楽プレイヤーなどでは、聞こえにくければ音量を大きくするかと思いますが、そのようなイメージですね。

今まで聞こえなかった音が聞こえるようになる

補聴器を使うと大きく変わるのは、この点です。重要なのは、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになるというのは

  • 音源が離れすぎていて聞こえなかった
  • 音が小さくて聞こえなかった

の2つがあり、これらが一気に聞こえるようになります。簡単に言いますと、聞こえる音の範囲がかなり広がります。

良い表現をすれば、離れたところからの音も聞こえるようになる、呼びかけに気がつきやすくなるとなりますが、悪い表現をすれば、周囲の細かい音がきになる、音が多いところでは、うるさく感じやすくなる、となります。特に聞こえの程度hが軽度〜中等度までは、この側面が非常に大きくなります。

私自身、生まれつき耳が悪いため、補聴器を装用していますが、補聴器なしの場合、近くであれば、聞こえる音もほんのすこし離れるだけで気がつかなかったりします。しかし、補聴器を装用すると、一気に聞こえるようになります。聞こえる音の範囲の広がり方は、正直、ハンパではありません。もちろん、そのおかげで、少し離れていたとしても呼びかけられたり、何か言われた時に気がつきやすくなっています。

聞こえる音の範囲が広がるのが非常に大きい

音が聞こえやすくなるというのは、おそらく今現在、聞きにくい音が大きくなり、聞きやすくなるという想像をしている方が多いかと思いますが、実際は、それよりも、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになる部分の方が、大きくなります。これは、単純に音は聞こえないと気がつかないため、周りにどれだけの音がしているのか、そして、自分はどれだけ聞こえにくい状態なのかを把握しづらいためになります。私も補聴器を装用しなければ、どのくらい聞こえていないのかはわかりません。聞こえる状態と聞こえない状態を比較しないと、自分がどれだけ聞こえにくいのかは、理解することができません。

感覚的なものは、どうしてもこのような判断がしづらいため、知らず知らず、周囲の音がかなり効きにくくなっていたりします。そこに補聴器を装用すると、ご想像できるかと思いますが、今まで聞こえにくいと思っていた音、以上に周囲の音や今まで聴こえていなかった音が聴きやすくなります。そのおかげで、いろいろな音に気がついたり、呼びかけや離れたところから話されてもわかるようになるのですが、この部分のギャップが強くなります。

補聴器を装用している私が感じるのは、聞こえにくい音が大きくなるというよりも、補聴器は、聞こえる音の範囲が爆発的に変わるというものであるということです。それだけ聞こえにくい状態だったということではあるのですが、身近にある音を大きくする機器とは、違った音が大きくなるという感覚があります。

結構、多くの方が聞きにくい音が大きくなると誤解されているため、実際に補聴器を装用している私自身がこちらに関して載せてみました。補聴器に関する理解が進めば幸いです。

なお、人の声が聞きにくくなっている時点で、周囲の音は、もっと聞きにくくなっていますので、難聴が進むと進むほど、周囲の音は聞こえやすくなる傾向があります。使う際は、これらのことも意識しておきましょう。ですので、使う気がある人しか補聴器は使えなかったりするのですが、それはまた別の機会にでもお話ししましょうか。