いくつも補聴器屋さんを回っている人は、人に注目しよう


knowledge-1052010_640

たまにいくつも補聴器屋さんを回っている人を見かけるのですが、そのような方にアドバイスしているのは、ものに注目するのではなく、人に注目すること、ということです。補聴器を販売している身から言えるのは、こちらですね。

なぜそのようなことが言えるのか。補聴器の販売をしている身から言えることを伝えていきます。

補聴器は、調整が重要

いくつもの補聴器屋さんを回っている人に多く感じているのは、どのメーカーの補聴器を買おうか、と考えている方がおおいように感じています。私だけ感じてるのでしたら申し訳ないのですが、補聴器を販売している身から言えるのは、メーカー以上に重要なのは、その補聴器を調整する人です。ここの技術で、ほぼ補聴器の効果は、決まります。

もちろん、メーカーによってもできること、できないことはありますし、どのように耳を補うのか、補聴器の形状は何にするのかによっても変わってくることはあります。しかし、その割合よりも補聴器を調整する人の方が、重要になります。

ここからが重要ですが、どんなに良い人でも耳を治すというところまでは、できません。申し訳ないのですが、多少、聞きにくいところは出てきます。そして、ある程度、技術力があれば、ほとんど補聴器の効果は、変わらなくなります。補聴器を調整する人を変えれば、音の聞こえ方が変化することはありますが、補聴器を装用した時の効果に関しては、さほど変わりは出てこなくなります。

補聴器を買うではなくその人の技術を買う

補聴器の場合、全く同じ機器でも調整の仕方で全く異なる補聴器になります。ですので、補聴器を販売しており、かつ使っている身から言えるのは、補聴器を買いにいくというよりも、その人の技術を買いにいく。という表現の方がしっくりきます。同じメーカーで、全く同じ機械で聞こえ方、補聴器の効果も同じであれば、どこで購入してもいいと思うのですが、残念ながら補聴器はそうではありません。

いくつか回っている人にアドバイスするとしたら、耳のことに関してちゃんと相談に乗ってくれ、補聴器を装用してみて、ある程度、効果が出ているのでしたら、聞こえるようになっていると感じるのでしたら、その方を信じてみて、次に進んだ方が、より良いかと思っています。

自分なりに相談しやすいこと、補聴器を試聴させてもらい、補聴器がない状態よりも聞こえやすくなっていること、この2つが当てはまるのでしたら、私はどこでも良いと思っています。