2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

バイクロス補聴器の調整と耳に合わせる基本

Pocket

reading-498103_640-1

ほとんどの補聴器には、音を調整して、どのくらい聞こえさせれば良いのか。確認方法から、聞こえを改善させる目標値まで、おおよその部分は、決められています。

基本的に補聴器は、聞こえの改善が見込める数値、すなわち目標値を設定し、そこまで聞こえを改善できるようにしていきます。そして、日常生活でも使えるように音を聞こえるようにしつつ、使える範囲内にしていきます。これが補聴器の調整の基本です。

では、どのようにしていくのでしょうか。バイクロス補聴器における目標値と確認方法。調整の基本に関して載せていきます。

バイクロス補聴器の調整の基本

バイクロス補聴器は、片側の耳は、補聴器で補い、もう片方の耳は、音を聞こえる耳側に音を転送して聞く機器です。この場合、基本的には、一般的な補聴器と同じような聞こえ改善の目標値を出し、そこを目指して調整していきます。

上記の通り、調整とは

  • 聞こえが改善できる目標値まで改善させる
  • 日常生活上でも使えるようにする

の2つを意識しながら調整していきます。

音を大きく聞こえやすくすると聞こえの改善はしやすくなるのですが、その代わり、それ以外の音もよく入るようになります。

補聴器で音を聞こえるようにする場合、自分が聞こえにくいと感じている音、あるいは、聞きたいと思う音も聞こえるのですが、世の中の音は、聞きたいと思う音、以上に周囲の音や様々な音がしているため、それらの物音も入るようになります。

聞こえを改善させるのは、確かにその通りなのですが、逆に音を大きくしすぎて使えないということがないよう、調整していきます。それが補聴器の調整の基本です。

バイクロス補聴器で聞こえさせる目標値

バイクロス補聴器の場合、聞こえる耳側を基準として考えていきます。聞こえにくい側は、音を転送するだけしかしないためです。

補聴器を専門とする耳鼻科の研究会、聴覚医学会が出した補聴器適合指針では

audiology-03

(3)評価方法

ファンクショナルゲインが聴力の半分(ハーフゲイン)であるか、装用域値が1000Hzで35dB以内であればよい。ファンクショナルゲインは、低音域ではハーフゲインより少なくてもよく、高音域の利得は補聴器の性能上ハーフゲインが得られない場合がある。

評価例(図11)

補聴器適合例と適合不十分例を示した。▲印は低音及び高音部をのぞき非装用時の域値のほぼ半分のファンクショナルゲインを得ており適合例と言える。■印の場合は、ゲインが不足しており、適合不十分例といえる。

Audiology japan 53,2010 補聴器適合検査の指針(2010)聴覚医学会より引用

これは、下記に紹介する測定結果での効果確認になるのですが、1000Hzが35dBまで改善できるか、測定値の半分(主に中音域)まで改善できて入れば良いとされています。

私自身もこちらを基準として考えているのですが、仮に聞こえる側が軽度〜中等度難聴の場合

聞こえ改善の目安。軽度〜中等度難聴までは、このように目標値を設定し、聞こえを改善させていく。

聞こえ改善の目安。軽度〜中等度難聴までは、このように目標値を設定し、聞こえを改善させていく。

このように目標値を定め、その値を達成できるよう音を大きくして入れていきます。基本的にこの部分まで改善できていると補聴器の効果を感じることが多くなります。

補聴器の聞こえのベースとなるのは、この部分です。音を入れ、どこまで聞こえにくさが改善できているのか。この部分があやふやだと改善できているのか、どうかもわかりません。そして、その目標値まで改善できていない場合は、その分、聞こえにくさを改善しにくくなります。

音を大きくすると音が響いて使えない、○○の音が気になる、という場合は、無理に大きくせず、使用できる範囲内に収めて音の調節を行いますが、聞こえ改善のためには、できる限り、聞こえるようにしていきます。このようにすることで、聞きにくさ改善しやすくなります。

なお、余談ですが、補聴器は、調整をしっかりやったとしても聞こえにくさは、少々残ります。

聞こえの改善の基本。数値で聞こえを見られるようになると、様々なことが理解できるようになる。

聞こえの改善の基本。数値で聞こえを見られるようになると、様々なことが理解できるようになる。

その理由は、聞こえの改善を目指せる目標値がどのような意味を持つのか。が影響します。上記の画像の通り、赤いラインで囲まれているところが聞こえに問題ない方々の聞こえです。一般の方は、0〜10dBで聞こえています。

そして、正常の範囲内は、0〜30dB(厳密には、25dBまで)で、それ以下になると難聴の扱いになります。ここで重要なのは、補聴器を装用し、聞こえを改善したとしても軽度難聴の域を出ないことです。

もちろん無理に大きくすることで聞こえやすくさせることはできることはできますが、ほとんどの方は、うるさすぎて使い物になりません。そのため、目標値は、いま現在、上記のような状態になっています。

いま現在感じている聞こえにくさは改善できますが、正常の範囲内まで改善させることは、残念ながらできない。それが補聴器です。

調整の確認方法

確認方法は、

  • 音場閾値測定
  • 実際に使ってみて確認

の2つです。

音場閾値測定は、どこまで聞こえを改善できているのかの確認で、実際に使ってみて確認は、日常生活上で使ってみて、ちゃんと使い続けられる音量なのかを確認することになります。音が大きすぎないかの確認といった方がわかりやすいかもしれません。

音場閾値測定

補聴器の世界には、補聴器を装用することで、どのように音が聞こえているのか。補聴器がない状態に比べ、装用すると、どのくらい聞こえが改善できているのか。それを確認する方法があります。簡単な言い方をするとメガネ、コンタクトレンズを使った状態で視力検査を行うようなものです。

それは、音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)と呼ばれるものです。上記に出した画像は、すべて音場閾値測定の測定結果になります。

様々な測定をする部屋。音場閾値測定は、このような測定室で行われる。

様々な測定をする部屋。音場閾値測定は、このような測定室で行われる。

このような部屋で

中にあるスピーカーから音を出して測定を行う。補聴器を装用した状態で、このスピーカーから出た音で、どのくらい聞こえているのかを確認する。

中にあるスピーカーから音を出して測定を行う。補聴器を装用した状態で、このスピーカーから出た音で、どのくらい聞こえているのかを確認する。

このようなスピーカーから音を出します。

聴力測定と同じく。聞こえたらボタンを押して確認をする。基本的にこの測定は、聴力測定の補聴器装用版になる。

聴力測定と同じく。聞こえたらボタンを押して確認をする。基本的にこの測定は、聴力測定の補聴器装用版になる。

聴力測定と同じ要領で、ボタンを押してもらい、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのかを調べられるものです。

ポイントとなるのは、補聴器を装用しない状態で、聴力測定の数値と概ね同じになること。つまり、補聴器を装用して改善できたポイントとは、単純にどれだけ補聴器を装用して改善したかの数値となる。

ポイントとなるのは、補聴器を装用しない状態の数値は、聴力測定の数値と概ね同じになること。つまり、補聴器を装用して改善できたポイントとは、単純にどれだけ補聴器を装用して改善したかの数値となる。

数値の見方としては、▲が補聴器を装用した状態、△が補聴器を装用していない状態です。ここからが重要ですが、△の位置は、聴力測定の数値と概ね同じ位置になります。つまり、自分の聴力が補聴器を装用することで、どこまで聞こえるようになったのか。それを可視化できるのが、この測定です。

どんな人でもそうですが、補聴器を装用しただけでは、今までより聞こえやすくなった感覚こそわかりますが、自分がどこまで聞こえるようになっているのか。補聴器で目指せる目標値まで改善できているのか。それらの確認は、装用するだけではわかりません。このような測定を通じて、しっかりと効果が出るように調整されているのか。それを確認するのが、この測定になります。

そして、測定後、上記の目標値と比べて、どうなのか。足りていれば良いですし、足りていなければ音をより補います。ただし、大きすぎて使えないようにしていきます。

使ってみて確認

基本的に補聴器は、音を調整し、使える範囲内にする必要があります。日常生活で実際に使ってみて、うるさすぎることはないか、使える範囲内であるかを確認する必要があります。

なお、大きい音のレベルには

  • やや大きい
  • 大きいが聞いていられる
  • 大きくて長くは聞いていられない
  • 大きくて短時間でも耐えられない

の4つがあります。この内、大きいが聞いていられる程度であれば、よく、大きくて長くは聞いていられないという音、以上に関しては、大きいが聞いていられるレベルに下げていきます。

バイクロス補聴器の調整のまとめ

バイクロス補聴器に限らず、ほとんどの補聴器は、

  • 聞こえを改善させる目標値まで聞こえを改善させる
  • 日常生活上で使用できるようにする

この2つを満たすように調整していきます。そのようにすることで聞こえを改善し、日常生活で使用できる補聴器になります。どちらがかけても、適切な補聴器にはなりません。

目標値に関しては、概ね上記の通りです。そこまで改善できれば聞こえにくさは、聞きにくいところも少々出てきますが、おおよそ改善ができます。その状態で日常生活上も使えると生活も改善しやすくなります。

バイクロス補聴器の場合は、上記のように調整し、なるべく聞こえにくさが出ないよう改善していきます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!