2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の聞こえ改善のベースと形状、性能の関係

Pocket

adult-1869624_640

補聴器のことを理解する際にまず押さえておきたいのは、補聴器の聞こえは何によって決まるのか。という点です。そして、それが形状や性能という要素にどのように関わってくるのか。補聴器の全体像を知ることとなります。

重要なのは、どの部分がどれだけ聞こえの改善に貢献できるのか。その点を理解することです。

補聴器の全体像

基本的に補聴器の要素には、大きく分けると以下のようになります。

聞こえ改善のベースがあり、それ以外に形状や性能があります。聞こえ改善に最も貢献するのは、この聞こえの改善のベースの部分となります。

そして、形状や性能は、実際に補聴器を選択する上での要素となります。補聴器の形状による特徴や性能による特徴はあるのですが、それらの特徴よりも聞こえの改善に貢献するのは、聞こえ改善のベースの部分です。

聞こえ改善のベース

補聴器の改善でベースとなる部分は、上記の通り

  • 補聴器の出力
  • 補聴器の調整(合わせ方)

の2つがあります。

補聴器の出力

補聴器の出力とは、単純に補聴器からでる音の大きさになります。補聴器には、どのような難聴レベルの方が使用できる製品なのか。その表記があります。

補聴器には、必ず対応できる聴力が記載されている。それに合うものであれば、ほとんどの聴力で活用できる。

補聴器には、必ず対応できる聴力が記載されている。それに合うものであれば、ほとんどの聴力で活用できる。

例えば、軽度難聴の方であれば、軽度難聴用、もしくは、軽度難聴対応という表記があれば、概ね、耳の聞こえにくさを補うことができます。

自分の難聴レベルがわかればどの補聴器が自分の耳を補えるのか。その点を理解することができますので、はじめに見るのは、どの補聴器が自分の耳を補えるのか。その点を理解することになります。

補聴器の調整(合わせ方)

補聴器の調整の部分は、厳密には、どのようにして、自分の耳の状況を理解し、補聴器で改善できる目標となる部分まで改善させるかとなります。

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえるのかを知るツールがあります。

こちらはその一つ、音場域値測定と呼ばれるものです。見方は、赤い△が目標となる改善値で、△が補聴器を使用していない状態、▲が補聴器をつけた状態になります。こちらで聴力から改善目標となる数値を決め、そこまで達成させるということができれば、補聴器でできる限りの改善を行うことができます。

この際重要なのは、目標となる部分まで聞こえを改善させることとなります。実際には、自分が感じる音の感覚を吟味しながら、改善できるところまで改善させることにより、補聴器の効果というのは、上がりやすくなります。

なお補聴器は、残念ながら聞こえを元に戻すことはできません。中等度難聴くらいの聴力の方を聴力ベースで補聴器の聞こえ改善の数値を見てみますと

このようになります。正常な聴力の人は、全周波数で0〜10dBあたりで聞こえているのですが、正常の範囲内は、0〜25dBになります。補聴器で改善させられる数値をみてみますと、良いところで35dBほどになります。実際には、30dBくらいまで改善させているケースもありますが、25dB、20dBまで大きくすると周囲の音が大きすぎたり、日常生活上の物音がかなり大きくなってしまうため、使いづらい補聴器になりがちです。

そのため、今現在は、よくできて30〜35dBほどになります。ただ、耳を治すことはできなくても聞こえを改善させることはできます。そしてその鍵は、ちゃんと自分の聞こえを可視化し、数値化して、どこまで改善しているのか。目標となる部分まで改善できているのか。それらの部分をみながら、調整していくことです。

そのように行うことで、自分の状態をよりよくすることができます。

まとめ

補聴器で聞こえを改善させるベースは、

  • 補聴器から出せる音の出力
  • 補聴器で目指す音の聞こえ(調整)

この2つにより、決まります。この部分でほとんどの聞こえの要素が決まりますので、補聴器を理解する上で、最も重要な要素と言えるかもしれません。自分の聴力に対応する機器で、ちゃんと改善できるところまで改善させる。そのようにすることで、補聴器ができる限りの改善を行うことができます。

形状や性能というところに目を奪われがちですが、もっとも聞こえの改善に貢献するのは、この部分です。性能がよかったとしても、聞こえるところまで音を大きくしてあげないと聞こえることはありませんし、形状は、使いやすさの部分で関わってくるものですので、聞こえを改善させる。という要素は、あまり影響を受けません。

どのように改善させるのかは、言い換えればどこまで聞こえさせるのかというものと同意です。その”どこまで聞こえさせるか”により、補聴器の効果がほとんど決まります。

こちらに記載したのは、あくまでも全体像の説明ですので、別のところでそれぞれの詳細に関しては、記載していきます。

気になるベースの部分とお金の関係

上記の内容では、いくつかきになるところがあるかもしれません。例えば

  • 補聴器の金額により、出力は変わるの?
  • 補聴器の金額により、目標にできる聞こえ改善値は変わるの?

の2つです。

補聴器の金額により、出力は変わるの?

あくまでも私のところで扱っているフォナックというメーカーの製品は、変わりません。他のメーカーさんだと変わる可能性はあります。

目標にできる聞こえ改善値は変わるの?

基本的に変わりません。ですので、高額なものは、より改善目標を高くできる、平均的な金額のものは、改善目標が低くなる、ということは、今現在の状態では、あまりありません。

よく高い補聴器ではないと(ここにおける高い補聴器とは、一台あたり、30万以上とします)聞こえは改善できないのではないかとご心配になる方もいますが、そのようなことはありません。

ある程度、調整できることが条件ですが、改善目標となる部分を定め、そこまで改善させることができれば、それなりに効果を感じるようになります。ある程度調整できると記載しているのは、いくら目標の部分が変わらなくても、調整しづらいものは、そこまで達成させるのが、難しくなることがあるためです。

聞こえの改善のベースのまとめ

さて、まとめていきます。少し前にまとめましたが、基本的に補聴器の聞こえの改善のベースとなるのは、

  • 補聴器から出せる出力
  • 補聴器で聞こえ改善の目標値を決め、改善させていく

の2つになります。これらを行うことにより、補聴器でできる改善を行うことができます。

出力が聴力に対し足りない場合は、改善できませんし、目標値を決めないで、そのまま調整しても、聞きにくさは軽減したかもしれませんが、どのように聞こえているのか。それは、理解しづらい状況となります。

補える出力がある補聴器を選び、改善できるところまで改善させる。この部分が補聴器の聞こえのベースとなる部分です。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム