2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

バイクロス補聴器の形状と形状による効果の違い

Pocket

ball-1786430_640

バイクロス補聴器とは、両耳とも聞こえにくく、左右の聞こえが異なり、かつ聞こえない耳には、補聴器を装用しても効果が出にくい方が使う補聴器です。

聞こえの良い耳は、補聴器でそのまま聞こえを補い、聞こえにくい耳は、クロスと呼ばれる音の送信機をのせ、聞こえる耳に音を転送します。このようにすることで、聞きにくさを改善させます。

では、この機器には、どのような形状があり、そして、形状により、聞こえの効果は、どう変化するのでしょうか。こちらに関して、記載していきます。

なお、初めから結論を記載しますと、この機器は、クロスの形状により、聞こえの効果が大きく変化します。そのため、ちゃんと聞こえを改善させる場合は、形状による効果の違いを理解する必要があります。そうしなければ、本来得られるべき効果を得ることができなくなりますので、その点にご注意ください。

バイクロス補聴器の基本的な形状

この補聴器ですが、基本的に

  • 耳かけ形
  • 耳あな形

の2つから選ぶことができます。

耳かけ形とは

耳かけ形補聴器を装用した図。最近の耳かけ形は、耳の裏に隠れるようになっている。

耳かけ形補聴器を装用した図。最近の耳かけ形は、耳の裏に隠れるようになっている。

このように耳の上にかけて使用する機器で、耳の上につけて使うことによる利点、欠点があります。

これが本体。耳にかける部分と耳の中に入れる部分がある。

これが本体。耳にかける部分と耳の中に入れる部分がある。

形状については、このようになります。

耳あな形とは

耳あな形を装用した図。このように耳の中に入るのが、耳あな形になる。

耳あな形を装用した図。このように耳の中に入るのが、耳あな形になる。

このように耳の中に入れて使用する機器で、耳の中に入れて使うことによる利点、欠点があります。

形状に関しては、このようになる。表面の部分と耳の中に入る部分がある。

形状に関しては、このようになる。表面の部分と耳の中に入る部分がある。

形状に関しては、このようになります。表面で見えている部分と耳の中に入る部分があります。

基本的にバイクロス補聴器の場合は、

基本的にバイクロスは、耳かけなら耳かけ、耳あななら耳あなで揃える。こちらは、耳かけの場合のセット。

基本的にバイクロスは、耳かけなら耳かけ、耳あななら耳あなで揃える。こちらは、耳かけ形のセット。

耳かけ形なら補聴器側もクロス側も同じ耳かけ形を使用し

こちらは、耳あな形のセット。どちらも左右の形状に関しては、同じになる。

こちらは、耳あな形のセット。どちらも左右の形状に関しては、同じになる。

耳あな形なら補聴器側もクロス側も同じ耳あな形を使用して、聞こえを補っていきます。

2つの形状の比較

2つの形状の比較ですが、

2つの形状の比較。バイクロスの場合、主にこの2つから選ぶが、その比較になる。

2つの形状の比較。バイクロスの場合、主にこの2つから選ぶが、その比較になる。

このようになります。

基本的に形状の違いは、

  • 音を拾う範囲
  • 機器をおく場所

の2つになります。この2つの要素により、それぞれの利点、欠点が出てきます。

音を拾う範囲

聞こえの効果にも直結するのですが、2つの補聴器で異なるのは、音を拾う範囲です。

形状の違いの一つは、音を拾う範囲。補聴器の効果を決める大きな要素となる。結論を言うと耳あな形の方が聞こえの効果が高いことが多い。

形状の違いの一つは、音を拾う範囲。補聴器の効果を決める大きな要素となる。結論を言うと耳あな形の方が聞こえの効果が高いことが多い。

かなり大雑把ではありますが、耳かけ形と耳あな形では、音を拾う範囲が異なります。耳かけ形は、全体的に音を拾う傾向があるのに対し、耳あな形は、人がもつ音を拾う範囲である前の音を優先して聞こえるようにしています。

これがどのようなことに影響するか。というところになるのですが、耳かけ形は、全体的に音を拾う代わりに騒がしいところでは、音が入りすぎて、聞きにくくなりやすく、耳あな形は、前方の音を中心にきくようにできているため、騒がしいところでも耳かけ形より、聞きやすい傾向があります。

耳かけ形より耳あな形の方が聞こえる範囲が狭いように感じがちですが、基本的に人が拾う音の範囲そのものが耳あな形の音を拾う範囲ですので、良くも悪くも人の耳そのものを活かしたものになります。

機器を置く位置

機器を置く位置により、様々な利点、欠点があります。

耳かけ形の特徴

耳にかけるタイプの特徴は

  • メガネ、マスク、ヘルメットなどの邪魔になりやすい
  • マイクが耳の上にあるため、余計なノイズが入りやすい
  • 耳あな形より自声のこもり、響きを軽減しやすい

の3つです。

メガネ、マスク、ヘルメットなどの邪魔になりやすい

耳かけ形は、耳にかけて使用するものですので、同じ位置に使うものは、邪魔に感じることがあります。例えば、メガネは、ツルが邪魔に感じたり、マスクの耳にかける部分が補聴器に絡まったりすることがあります。

重なる部分があるものは、それらにより、使いにくさを感じることがあります。

マイクが耳の上にあるため、余計なノイズが入りやすい

これは、音響機器ならではなのですが、補聴器を叩いたり、補聴器が何かに当たったりすると大きな音がします。また、マイクにものが触れても同様です。

耳の上にマイクがある状態ですと髪がマイクに刺さり、ガサガサと音がしたり、メガネを使っている場合は、メガネのツルが補聴器にあたり、カチカチと音がする場合があります。

一般的なマイク、例えばカラオケのマイクでもそうですが、マイクをほんのすこし擦っただけでも大きな音がします。それが、補聴器でも起こりますので、マイクがものに当たりやすい環境下では、それらによる余計なノイズがしやすくなります。

耳あな形より自声のこもり、響きを軽減しやすい

補聴器を装用すると、少なからず、耳の中を塞ぐ必要がありますので、イヤホンを耳につけた時のように、自分の声がこもったり、すこし響くような感覚を得ます。

その感覚に関しては、耳かけ形の方が少なくなります。この部分は、装用感覚の快適性に関係してきます。

耳あな形の特徴

耳あな形の特徴は

  • ものの邪魔になりにくい
  • 耳かけ形より、声が響きやすい、大きく聞こえやすい
  • 人によっては要注意な場合がある

の3つになります。

ものの邪魔になりにくい

耳かけ形と異なり、耳の中に入れてしまうため、重なるものがありません。そのため、メガネを使っても、マスクを使っても、ヘルメットを使ったとしても邪魔になることはありません。

この点が耳あな形の良いところの一つです。邪魔されないというのは、活用する上では、重要な要素になります。

なお、こちらとは異なりますが、余計なノイズに関しても入りにくくなります。この場合の余計なノイズとは、上記に載せた髪がマイクに当たって聞こえる音やメガネのつるが補聴器に当たってカチカチと聞こえる現象です。

これらの現象は、マイクが耳の上に乗っていることにより、ものがマイクに触れやすい環境にあるためです。耳の中に入れてしまえば、そこまでマイク(もしくは、補聴器)にものが当たることはありませんので、そのようなことによって聞こえる余計なノイズは、確実に減ります。

耳かけ形より、声が響きやすい、大きく聞こえやすい

耳あな形の欠点は、自分の声が大きく聞こえやすいことです。中には、自分の声が響いて聞こえると表現する方もいます。

耳あな形の場合、耳の型を採取し、その方の耳に合わせて製作するため、声がより大きく感じたり、響いて感じやすくなります。

いくらか軽減することは、可能なのですが、それでも大きく聞こえる傾向にあります。

なお、あくまでもこちらは、聞こえる耳側のお話しになります。バイクロスの場合、聞こえにくい耳にクロスを装用しますが、クロス側は、基本的にほとんど感じません。

人によっては、要注意な場合がある

人によっては、耳あな形を製作できない、もしくは、要注意な場合があります。それは

  1. 耳の中が大きく変形している方
  2. 耳あかが湿性の方
  3. 耳だれが出る方
  4. 耳あかが多い方

のいずれかに当てはまる方です。1は、耳あな形そのものが作れない可能性があり、主に耳を手術したことがある方になります。

それ以外は、耳あな形補聴器そのものが故障や音が出にくくなる可能性が高くなるため、このような場合は、特に気をつけて活用いただくか、他のものを使用するかの2択になります。

なお、1は、クロス側も影響しますが、2〜4に関しては、クロス側は関係ありません。

形状による聞こえの効果は、大きく変化する

ここからは、私自身がお客様にバイクロス補聴器を試して気がついたことですが、バイクロス補聴器は、クロス側の形状により、大きく効果が異なります。耳かけ形と耳あな形の2の形状がありますが、どの方も耳あな形の方が聞こえが良いと返答しています。

耳かけ形と耳あな形の違いは、上記の通り、音を拾う範囲になります。中の性能は、基本的に同じものが使われており、音の調整は、若干違うものの、聞こえを改善させる。というものには、変わりはありません。

しかし、形状による違いは、かなり大きく、聞こえにくい側から聞こえる感覚に関しては、耳あな形の方が効果が高い傾向があります。

これらから言えるのは、もしバイクロス補聴器に関して考えるのであれば、もしくは、試聴をするのであれば、クロス側を耳あな形にすることをオススメします。対象となる方に耳かけ形のクロスを試聴したことは、いくつかありますが、どれも効果に関しては、薄い傾向がありました。というよりもクロスがある状態とそうでない状態の差がほとんどわからなかった方が多くいました。

バイクロスは、形状により、大きく効果が変化する。その点だけ、お気をつけください。

バイクロスの形状のまとめ

バイクロス補聴器には、大きく分けて

  • 耳かけ形
  • 耳あな形

の2つがあります。そして、基本的には、耳かけ形であれば、補聴器側(まだ聞こえる方)とクロス側(聞こえない耳)は、同じ形状を選択することがほとんどです。

そして、形状による違いは、上記の通りです。当店の場合は、効果があまりにも形状によって異なるため、基本的にバイクロスの場合は、耳あな形しか勧めていません。

バイクロス補聴器の場合は、クロス補聴器と同様、聞こえの改善度に貢献する要素が、形状>調整>性能になるため、形状の選択は、非常に重要です。

なお、仮に試聴やどのくらい聞こえるのか。こちらを確認するのでしたら、クロス側(聞こえない耳)に耳あな形のクロスを装用するタイプをオススメします。

耳かけ形は、私自身も様々なお客様に試してみましたが、ほとんど効果を感じないケースやちょっと聞きやすくなるかも?程度にしか感じないケースが大半でした。

本当に改善させたいのであれば、耳あな形のクロスを試聴してみて、どう聞こえが改善されるのか。そちらをみていただくことをオススメします。

これらの内容がお役に立てば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!