2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

Pocket

board-1614646_640

補聴器を購入する際、どの補聴器を購入しようか。どの機種を購入すれば良いのかとお考えになる方は、多いのではないでしょうか。補聴器を販売している私の場合、どの補聴器を購入すれば良いかを考える前に、どのように補ったら聞こえにくさが最大限、軽減されるのか。それを考えます。

どうしても補聴器を考える際、目に見える補聴器そのものしか見ない傾向がありますが、本当に聞こえをしっかりと改善したいのであれば、まず初めに見るべきは、自分の耳の状態であり、その耳の状態に適した補い方を理解することです。

こちらでは、両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う場合、どのように補ったら良いのか。どのような補うパターンがあるのか。耳の状態を理解することから、補聴器の補うパターンまで記載していきます。

もし、

  • 真剣に聞こえにくさを改善したい
  • しっかりと聞こえにくさを改善したい
  • 最大限、聞こえにくさを改善したい

とお考えでしたら、参考にしてみてください。

なお、あくまでも補聴器は、耳が治らなかった方が使用する機器です。もし、耳鼻咽喉科に行ったことがないのであれば、まずは、耳の状態をみていただきましょう。耳鼻科で改善できれば、補聴器をつける以上に聞こえにくさは改善できますし、安く済みます。

両耳が聞こえにくい場合の補い方

両耳とも聞こえにくい場合の補い方は、単純で

  • 両耳とも補聴器の適性があれば両耳とも補聴器の装用
  • 片耳が何らか補聴器が適合しない場合は、バイクロス補聴器

の2つしかありません。そして重要なのは、どちらで補ったら聞こえにくさを最大限補えるのか、それを見分ける事です。

さて、いきなり補聴器、バイクロス補聴器など、聞き慣れない言葉が出てきましたが、初めに補聴器に関して説明しますと

一般的な耳かけ形補聴器。主に聞こえにくくなった耳に装用する補聴器。

一般的な耳かけ形補聴器。主に聞こえにくくなった耳に装用する補聴器。

耳かけ形の他に耳あな形補聴器もある。こちらも一般的な補聴器で、耳の穴の中に入れて使用するタイプとなる。

耳かけ形の他に耳あな形補聴器もある。こちらも一般的な補聴器で、耳の穴の中に入れて使用するタイプとなる。

をこちらでは、補聴器と呼んでいます。一般的な補聴器で、主に聞こえにくくなった耳に補聴器を装用して補うタイプとなります。聞こえにくくなった耳そのものを聞こえさせる方法で改善させているといえば、分かりやすいかもしれません。

一方、バイクロス補聴器とは、片耳が何らか補聴器では補えない方、補聴器の効果が望めない方が使用する機器です。

補聴器には、聞こえにくい耳にクロスと呼ばれる送信機をつけ、補える耳には、補聴器をつけて聞くバイクロスと呼ばれるものもある。

補聴器には、聞こえにくい耳にクロスと呼ばれる送信機をつけ、補える耳には、補聴器をつけて聞くバイクロスと呼ばれるものもある。

このような機器で、聞こえない耳にクロスと呼ばれる送信機をつけ、補聴器で補える耳に聞こえにくい側にくる音を転送します。

仕組みとしては、補える耳は、補聴器で補い、補聴器でも補えない耳は、音を転送させて補う。聞こえにくい耳をそのまま放置すれば、聞こえにくいままとなってしまうからだ。

仕組みとしては、補える耳は、補聴器で補い、補聴器でも補えない耳は、音を転送させて補う。聞こえにくい耳をそのまま放置すれば、聞こえにくいままとなってしまうからだ。

そのようにすることで、聞こえにくい側の音も聞こえる側の音も理解できるようにしたのが、バイクロス補聴器です。

耳には、残念ながら聞こえにくくなった耳に補聴器を装用しても効果がほとんど得られない耳があります。バイクロス補聴器は、補聴器で補えない耳があるからこそできた技術で、

  • 片耳が補聴器で改善が難しい耳である事
  • もう片耳は、補聴器の効果が望める耳である事

この2つが合わさった場合、適応するものとなります。

大切なことですので繰り返し記載しますが、耳には、補聴器の効果が望みやすい耳とそうでない耳が存在します。それらを見分けることが聞こえにくさを最大限、改善させることに繋がります。

耳の状態を理解する2つの測定

では、それぞれどのように補ったら良いのか。それを見分ける測定に関してみていきましょう。補聴器の効果が望みやすいのか、そうでないのかは、耳を調べることによりわかります。測定には

  • 聴力測定
  • 語音明瞭度

の2つがあります。この2つの測定を行い、そこからベストな補い方を導き出していきます。

聴力測定

聴力測定とは、どれだけ小さい音が聞こえるのかを調べる測定で、125H~8000Hzまでの音を出しながら、どのくらいの聞こえなのかを調べるものです。

当店の測定室。様々なことが調べられる。他のお店や病院さんにもこのような測定室がある。

当店の測定室。様々なことが調べられる。他のお店や病院さんにもこのような測定室がある。

このような部屋で

聴力を調べる機器をオージオメーターと呼ぶ。こちらで聴力を調べていく。

聴力を調べる機器をオージオメーターと呼ぶ。こちらで聴力を調べていく。

このような機械を使い

聴力測定の場合、必ずヘッドホンを耳につけ、ボタンを押して、聞こえたか、そうでないかをお知らせする。

聴力測定の場合、必ずヘッドホンを耳につけ、ボタンを押して、聞こえたか、そうでないかをお知らせする。

このような道具を使って測定します。音が聞こえたらボタンを押す。そのような流れで聴力を測定するのが聴力検査です。

聴力の状態を記したものもオージオグラムと呼ぶ。主な見方は、画像の通り。

聴力の状態を記したものもオージオグラムと呼ぶ。主な見方は、画像の通り。

こちらが聴力を調べた図です。赤い○が右側を示し、青い×が 左側を示します。こちらは、主にどのような聴力なのかを見ます。

補聴器は、聴力によって大きく効果が異なります。基本的に聴力低下が大きいと大きいほど、効果は薄くなります。

補聴器は、様々な要素により、効果が異なる。その一つが聴力だ。聴力が重い耳は、軽い耳よりも効果は、必ず薄くなる。

補聴器は、様々な要素により、効果が異なる。その一つが聴力だ。聴力が重い耳は、軽い耳よりも効果は、必ず薄くなる。

例えば、このような聴力ですと、聞こえやすい方の耳(左耳、青い×で表記)は、まだ補聴器で効果を出しやすい傾向があるのですが、聴力低下が大きい耳側(右側、赤い○で表記)は、効果を望みにくくなります。このような場合は、補聴器を両耳につけるのではなく、バイクロスという特殊な補い方の方が聞こえにくさを改善できます。

聴力を調べる理由は、耳に補聴器を合わせるという理由もあるのですが、聴力によって補聴器の効果が異なるため

  • 両耳に補聴器を装用した方が良いのか
  • バイクロスで補った方が効果が高いのか

を考えるためでもあります。両耳とも同じような耳の状況の方は、あまり考える必要はありませんが、左右で耳の状況が異なる場合は、特に考える必要があります。

語音明瞭度測定

語音明瞭度測定(ごおんめいりょうどそくてい)とは、主に音声がどれだけ聞き取れるかを調べるもので、あ、き、じ、などの単音がどれだけ正解したかを見るものです。こちらは、初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

測定室には、いろいろなものがある。

測定室には、いろいろなものがある。

聴力検査と同じくこのような部屋で行い

オージオメーターには、語音明瞭度測定をすることもできる。(メーカーやものによって変わります)

オージオメーターには、語音明瞭度測定をすることもできる。(メーカーやものによって変わります)

またまたこのような機器を使い

同じくヘッドホンをつける。ヘッドホンから音声が聞こえるので、聞こえた通りに記載する。

同じくヘッドホンをつける。ヘッドホンから音声が聞こえるので、聞こえた通りに記載する。

ヘッドホンから聞こえてくる音を

あ、じ、か、などの単音が聞こえてくるので、このような紙に記載し、どのくらい正解したかを調べる。

あ、じ、か、などの単音が聞こえてくるので、このような紙に記載し、どのくらい正解したかを調べる。

上記のような紙に記載します。

こちらは、記入例。このようにして採点し、耳の状況を見ていく。

こちらは、記入例。このようにして採点し、耳の状況を見ていく。

そして、記載した内容がどれだけ正解したのか。それを見る測定です。

語音明瞭度測定をするとこのような図に記載する。主な見方は、こちらの通り。

語音明瞭度測定をするとこのような図に記載する。主な見方は、こちらの通り。

主にこのような図を使い、耳の状態を見ていきます。縦が正解率になり、横が音の大きさです。音を大きくすることで、音声が理解できるようになるのか。それを見る測定になります。

正解率による状況の目安は、

各数値の意味。こちらを理解することが非常に重要となる。

各数値の意味。こちらを理解することが非常に重要となる。

の通りです。どのような測定もそうですが、その数値から読み取れる意味を理解することが大切です。

ここからが非常に重要なポイントになるのですが、このような測定があるのは、音は聞こえていても音声が理解できない耳があるためです。不思議に感じるかもしれませんが、音が聞こえることと音声が理解できることは、全く別です。そして、中には、聴力は正常でも音声が理解できない方もいます。

音を大きく聞こえさせることにより、音声が理解できる耳であれば、補聴器の効果は、望めます。しかし、音を大きく聞こえるようにさせても音声の理解ができない耳は、残念ながら補聴器の効果は、薄くなります。補聴器は、簡単に言いますと音を大きくして耳に伝える道具だからです。

この測定の結果で60%はとれないと、聞こえにくい耳に補聴器を装用しても効果が薄くなります。これより上のパーセンテージであれば補聴器による効果は望みやすく、これよりも低い数値だと効果は望みにくくなります。ここが一種の基準です。(※相談場所によってこの基準が50%、60%と異なります)

ここで重要なポイントは、耳には、音声が理解できない耳があるということを理解しておくことです。それが理解できれば、なぜバイクロスという補い方があるのか。補う方針が重要なのか。それも自ずと理解できるでしょう。

耳の状態を理解する2つの測定のまとめ

耳を理解するというのは、とても重要なことです。なぜなら補聴器は、どんな耳でも効果があったり、改善できるような代物ではないためです。残念ながら補聴器は、耳の状態により、大きく効果が左右されます。

そのような状況ですので、その補い方を導きだすために耳の状況を理解することが、一番重要になります。

両耳とも難聴の方を補う5つのパターン

では、実際に両耳とも聞こえにくい場合、どのような補うパターンがあるのでしょうか。それは

  • 両耳とも同じくらいの聴力で明瞭度が良好なケース
  • 片耳が軽度~中等度難聴でもう片耳が重度難聴のケース
  • 片耳のみ明瞭度が低いケース
  • 両耳とも明瞭度が低いケース
  • 両耳とも重度難聴(90dB以上)のケース

の5つです。ほとんどの方は、この5つの内、いずれかに該当します。

①両耳とも同じくらいの聴力で明瞭度が良好なケース

こちらは、両耳とも補聴器を装用し、改善することが一番良い改善方法となります。

ケースその1、両耳の聴力が同じくらいのケースの例。

ケースその1、両耳の聴力が同じくらいのケースの例。

例えば、このような聴力で

そして、明瞭度も両耳とも同じくらいのケース。

そして、明瞭度も両耳とも同じくらいのケース。

明瞭度もこのようなケースが当てはまります。

このようなケースであれば、両耳に補聴器を装用することで、最大限、聞こえにくさを改善できます。明瞭度測定にて、音を入れることにより、両耳とも理解度が上がっているためです。

なお、厳密には、このようなケースでは

  • 片耳のみ補聴器を装用する
  • 両耳とも補聴器を装用する

の2つの選択肢があります。健聴の方は、両耳とも聞こえていますので、その状態を基準とし、片耳のみ補聴器を使用した場合を比較しますと、

  1. 装用していない側からは聞きにくい
  2. 人が多いところや騒がしいところでは聞きにくくなる
  3. 複数の人とお話しする際は、聞きにくくなる
  4. 音の方向がわからないことがある

の4つの特徴があります。

片耳のみ装用した場合、一番大きな部分は、騒がしいところでの聞き取りが非常に難しくなることです。

メーカーのカタログに記載されている片耳、両耳の違い。基本的に人は、両耳あるので、両耳で聞こえる状態がベースとなる。そこから考えると聞こえに関しては、マイナスしかない。

メーカーのカタログに記載されている片耳、両耳の違い。基本的に人は、両耳あり、両耳で聞こえる状態がベースとなる。そこから考えると聞こえに関しては、片耳のみではマイナスしかない。

補聴器メーカーフォナックのカタログより引用

こちらは、両耳とも聞こえる場合と片耳のみ聞こえる場合の理解度を示した図です。私自身も子供の頃は、片耳のみ装用していた時期がありましたが、騒がしいところを含め、上記の4つの部分による不自由なところはありました。

しかし、今現在では、両耳装用にしています。日常生活を送る上で、騒がしいところがない状況などあり得ませんし、聞きにくさを感じていたためです。両耳装用することにより、より聞きにくさはなくなりました。

もちろん金額が大きくなる点はありますが、聞こえの改善を考える場合は、両耳とも装用し、できる限り、改善させていくのが一番ベストとなります。

②片耳が軽度~中等度難聴でもう片耳が重度難聴のケース

このようなケースは、バイクロス補聴器がもっとも改善しやすくなります。

片耳のみ聴力低下が大きいケース。

片耳のみ聴力低下が大きいケース。

このような聴力だった場合、聞こえにくい耳に補聴器を装用しても効果は薄くなります。特に聴力測定の際、測定時の音がほとんど聞こえず、ただ単に鼓膜がブルブル震えているだけ……という場合は、ほぼ補聴器の効果が見込めません。お医者さんからも補聴器の効果はないと言われるケースです。

そのため、まだ聞きやすい耳側は、補聴器で補い、音を入れてもほとんど効果が見込めない耳側は、クロスの送信機をのせ、バイクロスという少し変わったやり方で改善させるのが、もっとも聞きにくくさせる補い方です。

厳密には、このようなケースは、

  • まだ聞きやすい側のみ補聴器を装用し、片側だけ聞きやすくする
  • バイクロス補聴器を装用して、両方とも聞きやすくする

の2つがあります。昔は、前者(まだ聞きやすい側のみ補聴器を装用し、片側だけ聞きやすくする)が多く、それでも一部は改善できていたのですが、このようなケースで困りやすいのは、

  • 聞こえない側から話された時に反応できない
  • 騒がしいところでのお話し
  • 複数の方とのお話し

の3つの部分です。これらの部分は、片耳のみ補聴器をつけても改善は難しい状態になります。また、当たり前ではありますが、聴力低下が大きい方が聞こえにくさを感じやすい状態となります。

聞こえない側から転送できる機器をつけても耳が治る訳ではありませんが、片耳のみ装用するよりは、より聞きやすくなります。聞こえにくさの改善を第一に考える場合は、こちらの補い方がおすすめです。

③片耳のみ明瞭度が低いケース

こちらは、②と同じくバイクロスで補った方が聞こえにくさは改善できます。

片耳のみ明瞭度が低いケースの例。こちらは、聴力関係なしに明瞭度が低いケースとなる。

片耳のみ明瞭度が低いケースの例。こちらは、聴力関係なしに明瞭度が低いケースとなる。

仮に左右とも同じ聴力だったとしても片耳の明瞭度が低い場合は、その片耳に補聴器を装用しても、あまり補聴器の効果を感じない状態となります。そのような場合は、バイクロス補聴器で補った方が、聞こえにくさは改善できます。

見分け方は、語音明瞭度測定を行った際に音声の聞き取りはどうだったかです。

  • 声が歪んで聞こえた
  • 音声が音声じゃなく聞こえた
  • なんだかよくわからない音にしか感じなかった

このような場合は、補聴器でその耳をよくしても同様の症状が出るため、バイクロスの方が聞こえにくさは、改善できます。

④両耳とも明瞭度が低いケース

このようなケースは、両耳とも補聴器を装用し、なるべく聞こえを改善できるよにしていきます。

両耳とも明瞭度が低いケース。

両耳とも明瞭度が低いケース。両耳とも測定しても思うように改善ができない場合は、このように出ることもある。

聞こえにくくなった方の中には、このように両耳とも明瞭度が低いケースがあります。このような場合、明瞭度が低いことを前提に両耳装用し、なるべく聞きにくさを改善させていきます。

ただ、こちらのケースは、仮に両耳に装用したとしても効果がかなり限定的になります。しかし、それでもつけた方が聞こえるようになることもありますので、装用し、なるべく改善できるようにしていきます。

⑤両耳とも重度難聴(90dB以上)のケース

両耳とも重度難聴のケースでは、効果を望むなら、補聴器ではなく人工内耳をお勧めします。

両耳ともかなり聴力が重いケース。

両耳ともかなり聴力が重いケース。

このような聴力の場合、誠に申し訳ないのですが、補聴器の効果は薄くなります。補聴器は、聴力の低下が大きいと大きいほど、聞こえの効果は薄くなります。そして、ここまで聴力が低下した場合、補聴器を装用しても一般的な会話音を理解するのに必要な値まで聞こえさせることが困難であることが多いため、聞こえにくさの改善にフォーカスした場合は、人工内耳がお勧めです。

耳を手術することや補聴器以上にお金がかかる(保険が効けば補聴器1台分くらいかそれ以下(※初回のみ))のはありますが、聞こえの改善度は、補聴器の比ではありません(※人工内耳も耳が治るわけではありません)。

このようなケースに補聴器を装用するのは、人工内耳はリスクが高い方や片耳は人工内耳を使用されており、もう片耳を補聴器で補う場合です。そのようなケースに、補聴器を装用します。

補うパターンのまとめ

両耳とも聞こえにくい場合は、主にこれらのパターンに分かれます。難しいのは、聞こえにくい側が①と②の間にある聴力で、補聴器で補った方が良いのであれば、両耳とも補聴器、バイクロスの方が効果が見込めそうだと感じたら、バイクロスで補っていきます。

様々な耳の状態がありますので、それぞれに適した補い方があります。

両耳が聞こえにくい場合の改善、まとめ

両耳とも聞こえにくい場合、耳の状況により、補い方は様々です。それは、補聴器を単に耳に装用すれば聞こえるという単純なものではないためです。耳は、様々な理由により、聞きにくくなります。そして、その状態別に補い方を考えないと最大限、聞きにくさを軽減させることはできません。

こちらで第一に伝えたかったのは、補聴器はどんな耳にも効果があり、何も考えなしに自動で改善してくれるものではないということです。そのため、自分の耳の状態を理解し、その耳をどのように補っていくかを初めに考えることが重要となります。その部分に関しては、おわかりいただけたでしょうか。

それであれば、こちらに関して記載した甲斐があります。そして、こちらをご覧になり、おそらくご理解されたかと思いますが、補聴器は、どのメーカーを扱っているか、どの補聴器を扱っているかを見るのではなく、ちゃんとお客様の耳ベースで改善を考えてくれるところに相談することが重要です。なぜなら、上記のように耳の状態により、改善方法が異なるためです。

補い方を初めに考え、その補い方にそった補聴器を選択する。そのようにすることで、できる限り、聞こえにくさを改善させることができます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム