2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器が合っているのか、そうでないのかを見る3つの要素

Pocket

suyan-766428_640

補聴器が自分の耳に合っているのか、そうでないのか。それを見るのには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、補聴器を販売している私自身が見ている基準に関して、載せていきます。

基本的にこれらの部分を確認すれば、少なからず失敗することはありません。そしてここからが重要ですが、補聴器は、自分の耳に合わないものより、合うものの方が多くなります。

以下の内容をご覧になり、自分の耳に合う補聴器について、ご自身と補聴器屋さんで探していきましょう。

自分の耳にあっている補聴器を見る3つの要素

こちらに関しては、主に

  • 補聴器から聞こえる音
  • 耳に入れた感覚
  • 補聴器の操作

の3つになります。補聴器を見る際、この3つについて見ておけば、失敗することは、ほとんどありません。

補聴器から聞こえる音

こちらは、

  • 補聴器を装用して変化があるか
  • 補聴器で補えるところまで補えているのか
  • 補聴器を装用して、日常生活上の音に耐えられるか

の3つがあります。

補聴器を装用して変化があるのか

補聴器を装用した状態とない状態で変化があるか。というのがまず、判断基準になります。一番良いのは、補聴器を装用した方が聞きやすく、会話が楽になったり、コミュニケーションがしやすくなることです。

しかし、補聴器は、残念ながら耳を治す道具ではないため、聞きやすくなったり、会話が楽になることはありますが、全てが全て、そのようになるわけではありません。どうしても聞きにくいところは出てきます。

補聴器を装用し、聞こえやすくなった感覚があれば、それが補聴器の効果です。

まず、補聴器を装用して聞こえの変化があるのか。直球に言いますと、効果があるのか。自身で使われ、どのように感じているかが重要です。

補聴器で補えるところまで補えているのか

こちらは、補聴器を装用した状態で、どこまで補えているかになります。補聴器は、感覚だけで聞こえを理解するのではなく、聞こえの改善値を可視化して、確認します。

その聞こえが補聴器を装用して目指す目標値まで改善できているのか。こちらも判断基準の一つです。

なお、音を大きくできなかったり、大きくすると却って使えなくなってしまう場合は、目標値まで大きくすることはありません。その場合は、その値がベストな聞こえの位置となります。

詳細に関しては、こちらをごらんください。

リンク:補聴器の調整と聞こえを改善させる目安

補聴器を装用して、日常生活上の音に耐えられるか

補聴器を使用した状態で日常生活上の音に耐えられるかも重要です。補聴器を装用すると、様々な音が大きく入るようになります。今まで聞こえにくかったことで周囲の音が聞きにくくなっているところから、実に様々な音が聞こえるようになります。

補聴器を装用すると良くも悪くも聞こえるようにしてくれます。それにより、自分が聞きたいと思っている音も聞きやすくなる反面、周りの音や細かな物音、今まで聞こえていなかった音が一気に聞こえるようになります。

補聴器は、日常生活で使うものですので、様々な物音を聞いても耐えられるようにする必要があります。大きすぎて辛い場合は、音量を下げて楽にし、周囲の音が色々聞こえて騒がしいけど耐えられるという状態であれば、良しとなります。

耳の中に入れた感覚

耳の中に入れた感覚としては

  • こもり、響きは耐えられる範囲内か
  • 耳の中が痛くなることはないか

の2つがあります。耳の中に入れた装用感覚も重要な要素です。

こもり、響きは耐えられる範囲内か

補聴器を装用すると、自分の声が響いた感覚、大きく聞こえる感覚、こもった感覚を感じます。それが使用できる範囲内かも確認要素です。

この部分は、補聴器についている耳せんを変更したり、ベントと呼ばれる穴を設けることで、少し楽にすることができます。

ただし、こもり、響の軽減は、やりすぎると補聴器の効果も失われていきますので、あくまでもこもり、響きが耐えられる範囲、使っていける範囲にし、補聴器の効果を上げていくことが重要です。

なお、こちらは、人によって大きく変化し、ほとんど感じない方から強く感じる方まで様々です。

耳の中が痛くなることはないか

耳せんを耳に入れたり、耳あな形補聴器を使用している際ですが、耳の中が痛くなることがないか。こちらも確認要素です。

耳の形状に合っていないものを使用すると耳の中が痛くなることがあります。痛くなってしまうと使用することができなくなってしまいますので、その場合は、痛くならないよう加工する必要があります。

補聴器の操作はできるか

最後に確認するのは、補聴器の操作です。補聴器の操作には、使い続けていくために必要な基本操作と補聴器の機能を使う上で行う、機能操作の2つがあります。補聴器を使う上では、基本操作ができれば構いません。

使うために必要な基本操作とは、主に

  • 補聴器をつける、外す
  • 電池を交換する
  • 補聴器の電源を入れる、切る

の3つです。これらができれば、使用し続けていくことができます。

これらができていれば、操作面は特に問題ありません。

この3つを押さえておこう

基本的には、これらの部分を確認すれば、補聴器選びに関して失敗することはありません。補聴器を見る場合、

  • 音の聞こえはどうか
  • 耳に装用した感覚はどうか
  • 操作できるか、使えるものか

の3つを押さえ考えていくことをお勧めします。

耳に合うというと自分が望む聞こえになれば合っているとお考えになる方もいらっしゃいますが、基本的に補聴器は、耳を治す道具ではありませんので、補ったとしても聞きにくさは感じます。ですので、こちらでは、補聴器で補える聞こえの目標値まで音を補えている場合は、耳に合っていると記載しています。そして、その状態で、自分自身が補聴器の効果を感じているのであれば、合っていると考えています。

また、補聴器を装用すると少なからず周囲の音もしますし、様々な音がします。それらの音が全く一切なく、自分の聞きたい音のみが聞こえるということは、補聴器の性質上、ありえないことになりますので、これは、合っている、合っていない以前の問題になります。

耳の聞こえを補聴器でできる範囲内で改善させ、かつ日常生活上で使っていければどの補聴器も耳に合っていると言えます。それ以外には、使い方がわかっており、かつ耳に入れても不快な感覚が我慢できるレベル、気にしないレベルであれば、問題ないでしょう。

これらの部分を押さえて考えれば、自分の耳に合った補聴器を選ぶことができます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!