補聴器が合っているのか、そうでないのかを見る2つの要素


補聴器をつけた時の評価ですが、補聴器が合っているのか、そうでないのか。その点をみる場合、ポイントは、たった2つしかありません。

それは、補聴器を使って聞こえる感覚と補聴器を使う際に問題ないか。の2つです。補聴器の判断は、そんなに難しくなく、みるべきところを見れば、合っているか、合っていないかは、わかる様になります。※補聴器の効果の判断だけが難しい状態です。

では、早速見ていきましょう。

補聴器を使って聞こえる感覚の評価

こちらは、補聴器を使って聞こえる感覚、補聴器の聞こえになるのですが、

  • 聞こえの効果はどうか
  • その状態で日常生活は、送れるか
  • 声がこもる、響くという感覚は、少ないか、使える範囲内か

の3つです。

聞こえの効果はどうか

この場合における聞こえの効果とは、補聴器で改善できる範囲、言い換えれば、補聴器の適合範囲まで、改善できているか。という部分になります。

中には、改善が難しい特殊な耳のケースもありますが、個人的な体感では、7〜8割の人は、補聴器で改善できる範囲までは、改善できている印象があります。

かくと長くなってしまうため、「しっかり改善させるための補聴器調整の基本と2つの効果確認法」←調整は、こちらにまとめています。

その状態で日常生活は、送れるか

補聴器を調整し、耳に合わせていくと、少なからず、周りの音や聞こえが良くなります。一部の音は、より大きく聞こえる様になるため、聞こえを改善させた状態でも、日常生活上、使えることが望ましいです。

声がこもる、響くという感覚は、少ないか、使える範囲内か

補聴器を使用する場合、少なからず、耳の中を塞ぐ様になりますので、自分の声が異なって聞こえたり、こもって聞こえたりすることがあります。

この感覚は、耳を塞ぐことによって起こるため、どうしても避けられないものです。補聴器を使える範囲内で収まっているなら良いのですが、かなり強く感じ、耐えられないほど大きい場合は、使いづらくなってしまいます。

その場合は、補聴器を変えるか、補い方を変え、なるべく耐えられる範囲内に抑えられる様にしていきます。

なお、この部分は、加工することにより、軽減することはできますが、軽減しすぎると、補聴器の効果が薄くなります。

軽減させる方法は、耳を塞がない様にすることで、耳を塞がない様にすると、補聴器から音を出しても、その出した音が耳から漏れ、耳に伝わりづらくなるため、結果的に補聴器があるのとないのとでは、聞こえの差がなくなってしまったりします。

ですので、補聴器の効果を出す場合は、耳を塞いで、効果が出る様にする必要があります。この場合、重要なのは、その感覚をゼロにすることではなく、耐えられる範囲内にしつつ、補聴器の効果を出すことになります。こもった感覚をゼロにしようとすると、ほとんどの確率で、補聴器の効果もゼロになります。その点に注意しましょう。

補聴器を使う際に問題はないか

音の評価の次は、使い方です。基本的に確認した方が良いのは

  • 耳につけていて痛みはないか
  • 耳につけて、落ちる、外れることはないか
  • 補聴器の装用など、問題なくできるか(操作面)

の3つです。

耳につけていて痛みはないか

補聴器をつける場合、少なからず、耳の中に何かを入れます。耳かけ形補聴器であれば、耳せんを耳の中に入れますし、耳あな形補聴器であれば、補聴器そのものを耳の中に入れます。

この際、耳の中が痛くなったりしなければ大丈夫です。靴擦れと同じ様に、初めは、大丈夫でも、2〜3日、使用していると痛みが出たり、異変が起こったりすることがあります。その場合は、一時的に、装用を控えたり、状況によって、お店の方でより良くしていきます。

なお、耳せんによっては、耳が痒くなることがあります。特に初めは、痒くなりやすく、しばらくすると(1週間ほど使用すると)、収まるケースもあります。しかし、かゆみが気になってしまう方は、イヤモールドという専用の耳せんを作ることで、改善するケースもあります。

耳につけて、落ちる、外れることはないか

補聴器をつけていて、落ちたり、外れる、もしくは、外れそうな感覚がある場合は、その感覚を無くしていきます。外れそうな状態だと、落ち着いて使えませんので、状況別にその様なことがないよう、良くしていきます。

大抵は、耳の型を採取して作るもので、改善していくことが多いです。

補聴器の装用など、問題なくできるか(操作面)

最後は、補聴器の装用や操作に関して、問題なくできるかどうか。になります。この点は、大抵、試聴やお試し中にわかることが多く、あまりにも使いづらい場合は、別の機械にしても良いですね。

実際に使ってみるとわかることも多く、試聴をしている間に使いやすいか、そうでないかがわかるとベストです。

補聴器が合っているのかの確認

補聴器が合っているかの評価軸は、大きく分けて、

  • 補聴器の聞こえ(補聴器の聞こえの効果)
  • 補聴器を使っていて、問題ないか(操作面、使用中の状況)

の2つしかありません。上記のものが確認できていれば、ほとんどの確率で、失敗することは、ないと思います。

補聴器の聞こえは、補聴器で改善できる部分まで改善させ、その状態で、日常生活、あるいは、職場で使用できれば問題ないですし、補聴器を使っていて、耳が痛くなる、落ちる、外れる。ということがなければ、活用できないということは、ほとんどありません。

これらを確認し、OKであれば、補聴器は、問題なく使っていけるでしょう。