2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の効果を決める要素とその重要度に関して考えてみた

Pocket

book-1760998_640

本日は、お休みなので、ちょっと私が思ったことでも書いてみます。つい先ほど、補聴器の効果を決める要素の中で、重要度をつけるとしたら、どのようになるのか。それについて考えていました。んで、自分なりに考えてみた結果、

耳の補い方>補聴器の調整>補聴器の形状>補聴器の性能

という考えに行き着きました。どのように考えて、こちらにたどり着いたのか。それについて載せてみます。

各要素の説明

補聴器の効果を決める要素には、大きく分けて

  • 耳の補い方
  • 補聴器の調整
  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能

の4つがあります。まず、それらが何を意味するのか。それについて記載します。

耳の補い方

簡単に説明しますと耳の補い方とは、両耳の聴力から、どのように補聴器で補ったら良いのか、それを決めることです。耳には、音を入れれば改善できる耳もあれば、それでは、改善できない耳があり、この部分を考えることは、非常に重要です。

たとえば、片耳のみ大きく聴力低下している場合は、聴力低下している耳に補聴器を装用してもうまく補えません。ですので、この際、聞こえにくい耳に補聴器を使うのではなく、聞こえる耳に音を転送させて聞くクロス補聴器というものを使います。

このように耳の状態によってどのように補うのか、聞こえを改善させるのかが異なり、その方針を補い方と私は呼んでいます。どのように聞こえを改善させるか、全体図のようなものでしょうか。

補聴器の調整

次に補聴器の調整ですが、補聴器は、単なる器でしかなく、どのように音を入れていくのか、それにより、効果が異なります。聴力に対し、どのように音を調整するか、それが補聴器の調整です。

結構、誤解されている方も多いのですが、仮に同じ補聴器を使用したとしても補聴器を調整する人によって聞こえる感覚は、変化します。補聴器は単なる器ですので、それをどう調整するか。それが重要になります。

補聴器は、補聴器だけをみても何もわかりません。

補聴器の形状

補聴器の形状とは、耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器などの形状になります。形状による違いは、

  • 補聴器を置く位置
  • マイクの位置

の2つが異なります。補聴器は音響機器ですので、マイクの位置により、聞こえ方は、変化します。どんな音響機器でもマイクの位置で大きく聞こえ方は変化します。

それは、補聴器も例外ではありません。

補聴器の性能

補聴器の性能とは、主に指向性と呼ばれる騒がしい中で聞き取りをなるべくしやすくしてくれる機能だったり、日常生活上の快適性をあげるため、補聴器で抑えられる不快な音を抑制する機能です。

これらの機能はあるとあるほど、快適性が上がり、かつ、聞きにくさを軽減してくれます(補聴器でできる限りではありますが)。

このような形状以外の部分を性能と呼んでいます。

重要度に関して考えてみる

さて、本編。

冒頭に答えを書いてしまいましたが、私の考えは

  • ①耳の補い方
  • ②音の調整
  • ③補聴器の形状
  • ④補聴器の性能

というような状態でした。それに関して理由について載せていきます。

一位は耳の補い方

重要度に関して考えてみますと、まず、音声が理解できない耳に補聴器を装用しても改善はできないので、耳の補い方がトップにきます。これは、誰がどう考えても、トップですね。

補聴器の効果は、補聴器で決まるというよりもその人の耳の状態が9割です。耳に大きく音を入れているということは、すなわち耳を活かしているわけですから、その耳の状態が音を受け付けなかったり、音声が理解できない耳であれば、補聴器の効果は、残念ながら期待できません。よって、トップは、補い方がきます。

二位は音の調整

次は、どんなに良い補聴器でも補聴器の調整で聞こえをよくできるラインまで調整してあげないと聞こえは良くなりませんので、次点で音の調整。形状や性能がいくら良くても聞こえを改善させる本質が良くなければ、改善できるものも改善できません。よって、2番目は、音の調整。

三位は、補聴器の形状、四位は、性能

その次は、性能か形状ですが(ここが一番の悩みどころですが)、こちらはかなり意見が分かれます。この部分ですが、

  • 同じ形状で、異なる性能を選ぶ
  • 同じ性能で、異なる形状を選ぶ

のうち、どちらの効果が一番変化するか。となります。で私の結論は、金額に制限をかけないのなら、性能>形状。金額に制限をかけるのなら、形状>性能です。

まず、補聴器の形状、性能に関してですが、何も考えなければ性能の方が補聴器の効果は上です。補聴器の世界では、今現在、上のものは、両耳で100万以上するものもあり、それと一番下の補聴器と比較すると効果に雲泥の差が出ます。主に異なるのは、抑制機能と騒がしい中でなるべく聞きやすくしてくれる機能です。

しかし、体感ではありますが、両耳で30万くらいで制限をかけると個人的には、形状>性能だと感じています。補聴器の機能は、基本的に耳の構造を利用して作っており、耳の効果を利用できる耳あな形の方が、騒がしい中での聞き取りや音を拾う範囲などは、優れているためです。

最終的には、耳の機能と補聴器の性能、どちらが優れているか。という問題になってくるのですが、40〜100万くらい払えるのであれば、補聴器の性能。それ以下の場合は、耳の機能ではないかと。それは、それほどに耳の機能というのは優れており、それを利用できる耳あな形補聴器を装用する方が、効果が高くなるからです。

形状の方を優先したのは、そちらを優先する方が、金額の負担が少なくより改善できること、そんなに高額な金額をポンポン出せる人は少ないことを考慮して、そのようにしました。

私の考えは、こんな感じ

ということで、私は、

耳の補い方>補聴器の調整>補聴器の形状>補聴器の性能

というような結論に達しました。耳の補い方を間違えれば、効果どころではありませんし、補聴器の調整は、聞こえさせるラインまでしっかり補わないと聞こえを補うことはできません。主に聞こえのベースになるのは、この2つです。

それに補聴器の形状と性能を考えると、どこまでお金を出せるかで変わりますが、聞こえの改善度とその容易さを考えると、若干、形状>性能かなと思っています。

と、自分が考えていることを載せてみました。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム