2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

どの補聴器が良いかぐだぐだ悩んでいる方へ送る2つのアドバイス

Pocket

frog-947770_640

ブログを書いていますと、多々ある相談は「A、B、Cの補聴器を試したけれども、どれがいいのかよくわかりません」という内容です。お店に来てくれれば状況などもわかり、よりアドバイスができるのですが、そうではなくメールですと、確認できない事が多いため、うまく回答ができません。

これらの方々から連絡いただいた時に、彼ら、彼女らに共通する要素を感じます。それは、補聴器はどのようなものなのか、そして、補聴器を決める上でどのようにしたら良いかが不明なことです。

そして、その悩みを改善させるのにアドバイスするとしたら、

  • 基準を合わせたら購入できる範囲内のものを買う
  • 耳ベースで改善を考えてくれる人に改善を依頼する

の2つになります。

基準を合わせたら購入できる範囲内のものを買う

私からアドバイスできるのは、こちらです。基準を合わせたら購入できる範囲内のものを買う。ただそれだけです。今現在、様々な補聴器のメーカーがありますが、AもBもCも試聴してわからないという方に共通するのは、機械ベースで物事を考えていることです。

補聴器はあくまでも器でしかありません。補聴器を調整する人によって効果が異なりますので、たとえAという補聴器をαさん、βさんが調整したら、似たような感じになるかもしれませんが、音の聞こえ方は、違います。つまり、機械ベースで補聴器を考えても仕方がないということです。

私のいう基準とは、補聴器を装用してどのくらい改善できているのか。その部分の基準です。この部分は、補聴器を調整する人がどのようにして聞こえを可視化しているのか。どのようにして補聴器の効果を確認しているのか。その部分で変化します。

box6

私の場合は、補聴器を装用した状態の聞こえを調べる音場域値測定というもので、効果を調べています。

box17

このような部屋で、スピーカーから音を出し、どのくらい聞こえているのか。現状、どのくらいの聞こえで、聴力からして適正な目標値を設定し、その目標値まで聞こえているのか。それを見ます。どんな方でもそうですが、使用している補聴器がその適正な値までこないと聞こえは、うまく改善されません。

そしてここからが重要ですが、仮にAは、その目標値を達成し、Bは達成しなかった。ここだけ見れば、Aがあっていると思いがちですが、大抵の補聴器は、各周波数の音量を自由に変えられますので、Aの補聴器のような音の調整にBもできたりします。

初めに記載した通り、補聴器はあくまでも器でしかありません。その補聴器をどう操作し、どう聞こえを改善させていくか。補聴器を扱う人によって効果が異なります。

多くの方が誤解しているのは、機械が補聴器の効果を決めるとお考えになっていることです。事実はそうではなく、補聴器を調整する人が効果の大半を決めています。もちろん、機械の効果もありますが、それ以上に、影響が大きいのは、補聴器を調整する人の力です。

そして補聴器の効果を望める基準に合わせれば補聴器で出せる効果は、一定以上を保てます。その際、購入できる範囲内のものを購入すれば、大半の補聴器は合います。

耳ベースで改善を考えてくれる人に改善を依頼する

であれば、答えは、簡単です。機械ベースでものを見るのではなく、耳ベースで聞こえの改善をしてくれる人に聞こえにくさの改善を依頼する。それだけになります。

補聴器は、単なる器でしかありませんので、調整する人によって大きく効果が変わります。補聴器販売店あるあるではありますが、他のお店で購入した補聴器を他の補聴器販売店で調整してもらったら、聞こえが格段によくなった。改善された。というケースもあります。それは、補聴器をどう選ぶかが重要なのではなく、補聴器からどう音をだし、どのようにしてその人の聞こえを改善させるかが重要だということの証拠です。

補聴器は補聴器ですが、本当に重要なところは、どんな補聴器を購入するかより、その人の聞こえを改善させるために、どのように補聴器を調整するか。または、どのように聞こえやすくさせるか。そこが重要であるということですね。

結論

耳ベースで改善をしてくれるところにお願いすれば、今、どのような状態なのか、どのように聞こえが改善できているのか、それらもわかるでしょう。

私自身も補聴器を装用しているのでわかりますが、補聴器は、装用するだけでは効果はわかりません。補聴器がない状態よりも聞こえるのはわかりますが、どのくらい聞こえているのか、どのくらい改善できているのかは、さっぱりわかりません。それを可視化するために測定するものがあったりします。 現状を数値化するものがあると言った方がわかりやすいかもしれません。

目も同様ですね。コンタクトレンズやメガネをつけることで、見えるようになるかもしれませんが、どのくらい見えるようになっているのかまではわかりません。視力検査をすることで、コンタクトやメガネでどのくらい見えているのかを可視化し、それが基準に満たしていればよしとなります。

どんなものにも基準があります。目であれば、0.8以上見えれば日常生活ができる、1.0を目指すなどになります。それは、当然、補聴器にもあり、補聴器も装用して、聞こえが改善できる数値というものも存在しています。その数値に満たない場合は、聞こえにくさを感じやすくなりますし、満たしていれば聞こえにくいことより、聞こえるようになることの方が多くなります。

残念ながらどんなに良いものを使っても耳が治るわけではないこと、仮に今現在の補聴器から買い替える際、新しい補聴器にすることで、今までの聞きにくさが改善できるとは、限らないことはありますが、可視化することで、できる限り、聞こえにくさを改善させることができます。

補聴器で重要なのは、どの補聴器を選ぼうか?と考えるのではなく、耳ベースで改善をしてくれる人に改善を依頼する。こちらになります。

そして後は、購入できる範囲内のものを購入する。そのようにすることで、大半の方は改善されます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!