補聴器の使用年数(寿命)と買い替えサイクル


補聴器は、お値段がすることもあり、どのくらい使用できるのか。使い続けていけるのか。こちらが気になる方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、一つの補聴器の使用年数は、約5年になります。一度買えば一生使えるものではなく、ある程度、買い替えの頻度があります。

質問をよくいただくこともあるため、こちらに関してまとめていきます。

補聴器は、修理ができる機器

まず、補聴器は、お皿やコップのように壊れたらおしまい。というものではありません。故障したとしても修理をして、使い続けていける機器となります。

その場合、いつまで修理ができるのか。こちらにより、平均使用年数が決まります。

修理対応期間は、販売中止後、約5年

補聴器の修理対応期間は、対応する補聴器の販売中止後、約5年は、受け付けてくれます。

例えば、新しく補聴器を購入し、その補聴器を購入後、2年後に販売中止となったとしましょう。すると、7年間は、修理対応期間になります。

その間は、修理ができますので、使い続けていくことができます。しかし、その後、壊れてしまうと修理ができないため、新しいものを購入せざるを得なくなります。

このように最低でも5年間は、修理対応期間を設けています。

なお、今現在の現行機種を購入すると、概ね、7〜8年は、修理を受け付けてくれます。ほとんどの補聴器は、販売開始から、3〜5年後に販売中止になるため、概ね、7〜8年は、修理対応ができます。

考えられる買い替えサイクル

さて、上記のことをご理解いただいた上でお話ししますと、補聴器の買い替え頻度は、2〜3年で新しいものを購入する方と7〜8年間ギリギリまで使用する方に分かれます。その間をとって、平均約5年間、使用できるもの。ということが多いです。

そして、メーカーの保証が切れるのが、だいたい4年以降になります。補聴器には、故障しても無償修理する無償修理保証と故障してもそれ以上の代金を請求しない修理価格保証があります。この修理価格保証が切れるのが、4年以降です。それ以降は、長年使ってきたことにより、補聴器が故障しやすくなったり、修理金額がかさむ傾向にあります。

2〜3年で買い換える方は、ご自身にとって良い補聴器、聞こえにくさをより改善してくれる機器が出るたびに購入する方になり、7〜8年間ギリギリまで使用する方は、今現在、お持ちのものをなるべく長く使う方になります。

これらは、人の価値観によるものですので、どちらが良い、悪いはありません。ご自身がどのように考えるかですね。

長く使う場合の注意

仮に長く補聴器を使う場合ですが、

  • 修理対応の終了一年前
  • 7年使用後

この時期から、買い替えを検討することをお勧めします。

補聴器を購入後、補聴器を使い続けていきますと、基本的に補聴器は、体(耳)の一部になります。補聴器を変えるということは、自分の耳の感覚を変える行為と同意ですので、今現在の補聴器が使える内に買い替えを検討した方が、余裕を持って相談ができます。

よく困るケースが、故障した後、修理ができず、そのまま補聴器の相談をすることです。初めからある程度、合えばよいのですが、そうでない場合、合わないものをずっと使い続けていくことになります。新しい補聴器が慣れるまでに時間がかかるケースがありますので、その点だけ注意です。

そうならないように行動する目安が上記に出したものです。そのくらい前から相談を始めれば、スムーズに補聴器の切り替えができるようになるでしょう。

いきなり切り替えるのではなく、ある程度、余裕を持ってできるといいですね。長く使う場合は、ここだけ要注意です。

使用年数と買い替えサイクルのまとめ

補聴器は、一度壊れたら終わりという製品ではなく、修理して使い続けていける製品です。ですので、その補聴器がいつまで修理できるのか。それにより、いつまで使えるのかが変化します。

その期間は、対応する補聴器の販売中止後、5年は、持つようにしています。現行機種を購入した場合は、7〜8年は、修理できると考えてよいでしょう。

その後、いつ買い換えるかは、ご自身の自由です。長く使用されてもいいですし、新しいものが出るたびに購入しても構いません。

ただし、長く使う場合は、最低限、上記のデッドポイントだけは、意識するようにしましょう。スムーズに補聴器を切り替えられれば、困ることは、自ずと少なくなります。

補聴器の使用年数と買い替えサイクルは、概ねこのようになります。

 

この内容をご覧いただいた方は、こちらの内容もオススメです。

リンク:両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

リンク:補聴器が合っているのか、そうでないのかを見る3つの要素

リンク:私の耳に補聴器は合いますか?という質問の解

リンク:【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させました