2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

クロス補聴器に関してよくいただく3つの質問

Pocket

children-1879907_640

最近、クロス補聴器に関して、書いていないなぁ・・・ということで、よくいただくクロス補聴器の質問、言い換えれば、皆さんが感じている疑問点ですね。そちらに関してまとめていきます。

なお、こちらは、クロス補聴器を装用する前にいただく質問となります。当店の場合、一般の補聴器販売店より、クロスに関して問い合わせいただくことが多いため、その中でよくいただく質問、3つを載せていきます。

ご参考にどうぞ。

よくいただく3つの質問

よくいただくのは

  • どんな感じに聞こえるの?
  • 実際のところ、効果は、どうなの?
  • こんな耳だけど、使えるの?

の3つです。

どんな感じに聞こえるの?

聞こえる耳に聞こえない側の音がプラスαされた感じです。

クロス補聴器は、聞こえる耳に聞こえない耳にくる音を転送して聞こえさせる補聴器です。

cros-hearing-2-1

イメージとしては、この通りですね。

cros-set

聞こえる耳は、耳せんに穴をあけ、聞きにくくならないようにします。音楽を聞く際に使うイヤホンを耳に入れると外の音は聞きにくくなるかと思いますが、それがないように耳せんに穴を開けるイメージです。

音の感覚としては、今現在、聞こえている音の感覚にプラスαされたような感覚になります。劇的に聞こえやすくなる感覚はなく、もともと片耳のみ聞こえる感覚に今まで聞こえにくかった側からの音が入り、その入る分が、プラスαされるような状態です。

一般的な補聴器の場合、聞こえにくい耳に装用するため、聞こえにくい耳が聞こえるようになることで、違いを感じやすいのですが、クロスの場合は、聞こえる耳にそのまま音を上乗せしますので、違いは、少々感じにくい傾向があります。特に静かなところは、もともと聞こえていることも多いため、ほとんど違いはありません。

違いを確認する場合も聞こえない側からお話したり、音を出したりするとわかりやすくなります。また、聞こえにくさを感じやすい、少々、騒がしいところでクロス補聴器をつけながら会話するとわかりやすくなったりします。

そのような環境下だと、今まで音声が理解しにくい状態だったのが、つけることで、音声が明瞭に感じやすくなるとお客様からは伺っています。つけると劇的に変わる感覚はなく、どちらかというと曖昧に聞こえていた部分が、明瞭に聞こえるようになる。というのがクロス補聴器です。

実際のところ、効果はどうなの?

クロスの効果に関しては、6割、7割がた理解しやすくなるという意見が多いです。人によっては、5割、6割という方もいます。最も良い評価は、8、9割という方もいましたが、正直、使用する環境により、大きく変わる。というのが正直な感想です。

まず、静かなところでは、ほとんど違いを感じません。静かなところであれば、片耳が聞こえていることで、ほとんど聞こえるため、聞きにくい側から聞きやすくなっていることはありますが、特別変化は、感じにくい状態です。

違いを感じやすいのは、人が多いところや少々、騒音がするところです。例えば、

  • ショッピングモール街
  • 車の通りが多いところ
  • 学校
  • 人が多い職場
  • 飲食店
  • 車の中
  • 電車の中

などです。

このうち、人が多いところである

  • 車の通りが多いところ
  • 学校
  • 人が多い職場

などでは、聞こえにくさは、改善しやすい傾向があります。

人が多い環境下では、どうしても少し騒がしくなる傾向があり、それにより、聞こえにくい側から言われた際に気がつきにくかったり、聞こえにくい側から言われると音声がはっきり聞こえにくい感覚があります。それが理解しやすくなります。

たいていの方は、この部分に関して、曖昧だったものが明瞭になるということで効果を感じます。

一方、それよりも聞こえにくくなりやすい

  • 飲食店での会話
  • 居酒屋さんでの会話
  • 電車の中
  • 車の中

に関しては、今までよりは、聞こえやすくなるものの、少し聞きにくさが残ります。厳密には、話す人により、大きく変わるようで、ある程度、しっかりお話する方は、クロス補聴器を装用することで、結構聞きやすくなりますが、ボソボソお話する人や声が小さい方に関しては、聞きにくさを感じやすくなります。

これらのことをまとめますと

今までの聞こえやすさ(音声の理解のしやすさ)ですが

  • 静かなところ:9〜10割がたOK
  • 少し騒がしいところ:4~6割(聞こえるけど、聞きにくくて理解しづらい。憶測でお話を理解)
  • 騒がしすぎるところ:2〜3割(話が全然、分からない、呼ばれたことすらも気がつかない)

  • 静かなところ:相変わらず9〜10割がたOK
  • 少し騒がしいところ:8〜9割OK(音声の理解がしやすくなる)
  • 騒がしすぎるところ:5〜7割OK(理解しやすくなるなるが、聞きにくさも感じることがある)

というところまで改善する傾向があります。

人によって大きく変わるのは、クロス補聴器を装用する人の生活環境が、少し騒がしい程度のところが多いのか、騒がしすぎるところが多いのかによって変わるためです。

騒がしすぎるところが多い場合は、ない状態より理解はしやすくなってはいるのですが、まだ少し理解がしづらい状況です。人によっては、それでも聞こえるようになっていいという方もいれば、このくらいだと使いづらいという方もいます。

そして少し騒がしい程度のところであれば、クロス補聴器を装用することで、聞きやすさが改善しやすくなりますので、効果に関しては、感じやすくなります。

これらの比率により、効果の有無、感じ方には、差がでます。

こんな耳だけど、使えるの?

すみません、これに関しては、調べてみないとわかりません。使える、使えないで言えば、使えますが、それが必ずしも、その方の状況を最も良くさせる改善方法かどうかは、耳の状況によって異なります。

少し視点を変えていただきたいのですが、クロスが使えるか、使えないかではなく、どのようにしたら、ご自身の状況が良くなるか。という視点で考えていただきたいということです。ものを中心に考えるのではなく、耳を中心に考えるということになります。

基本的に耳を良くする流れは、

  1. 耳鼻科で治療ができるなら行う
  2. できないなら、補聴器で補う
  3. 補聴器でも効果が薄い場合は、クロス

という流れになります。ただし、これらは、片耳のみ聞こえにくく、かつもう片耳が正常に聞こえている場合に該当します。

補聴器を装用した方が改善できる例とクロス補聴器の方が改善できる例の違いは、聞こえにくくなった耳に補聴器を装用して効果があるか、ないかになります。

audio-katamimi-09

例えば、このように片耳の聴力があまりにも低下してしまった場合は、聞こえにくくなった耳に補聴器を装用しても効果がほとんど見込めません。耳鼻科に行った際に補聴器のことを聞いても「残念ながら効果は薄い、ない」と言われることが多いです。

audio-katamim-08

しかし、このような状況であれば聞こえにくい耳に補聴器を装用することで、効果を望めます(厳密には、音声を理解する力も必要です)。

なお、音を入れても音声が理解できない耳の場合は、クロスで補っていきます(耳には、音を大きく聞こえるようにしても理解につながらないケースがあります)。こちらも補聴器を装用しても効果が薄いケースに該当します。

これらのケースにクロス補聴器は、適合します。適合するというよりも、そのようにしないと聞こえが改善できない。というのが正しい状態です。

クロスが合うか、合わないかではなく、どのように聞こえにくさを改善するか。その視点が重要です。補聴器は、耳の状態によって聞こえにくさを最大限、改善させる方法が異なります。

よく聞かれるもののまとめ

クロスの取り扱いをしている私のところでよくいただくのは、このような内容です。いずれもきになることかと思いますが、実際に使ってみると(試聴、借用してみると)よりわかりやすいかもしれません。

クロス補聴器は、補聴器を扱っているところでもないところもあれば、あるところもあります。もし、試すのであれば、一度調べてみて(お問い合わせしてみて)確認することをお勧めします。

実際には、形状や組み合わせによっても効果が異なりますので、扱っているところで相談したいところですね。

なお、私のところでは、試聴や貸し出しもしています。というのも、静かなところでは効果がわかりにくく、かつ、上記の通り、その人の生活環境により、大きく変化するためです。

会社で困っている、学校で困っているなどであれば、補聴器あり、無しで違いを感じることが多くなりますが、子育て中の主婦やあまり騒がしい環境下がない場合(家の中などが多い場合)は、違いは感じにくい傾向があります。

人によって生活環境が異なることから、私の場合は、試聴や貸し出しについても行なっています。どのようなものなのかを理解した上で、あった方がいいのか、これであれば見合わせようと考えるのか。そのようにできた方が良いと考えたためです。

おそらくクロスに関して貸し出ししてくれるところは、あるかと思いますので、きになる方は、そのような場所で試してみることをお勧めします。

以上、クロス補聴器に関してよくいただく3つの質問でした。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム