2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳のみ中等度難聴の補聴器における基本改善


片耳のみ中等度難聴の場合、主な改善方法としては、2つあります。それは、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、改善させる方法と聞こえる耳に音を転送して改善させる方法です。

どんな場合にも聞こえにくい耳に補聴器を装用して改善させるかと言いますと、そのようなことはありません。聞こえにくい耳に補聴器をするという選択肢は、あくまでも聞こえにくい耳に補聴器を入れると効果が見込める人のみ行います。

あくまでも私のところでやっていることですが、どのように見分け、改善するのか。こちらに関して載せていきます。

改善の分かれ目は、音声が理解できるか、できないか

私のところでは、聴力以外にも音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定(ごおんめいりょうど測定)というものも行なっています。

耳には、どの周波数がどのくらい聞こえるのかを調べる聴力測定と、音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定があります。音を聞いてその音が何を意味するのかを理解するのは、脳がしていることですので、音が聞こえることと音声が理解できることは、異なることです。

例えば、聞いたことがない地名や会社名を言われると、聞き返す確率が高いのは、音が聞こえていないのではなく、その単語が頭の中(脳の中)にないため、理解しづらい状況です。専門用語も同様ですね。

何度か聞くとその言葉を覚え、すんなり認識できるようになるわけですが、この際、理解できるようになったのは、聴力が良くなったわけではなく、その言葉を覚え、その単語が来た際に、脳で認識できるようになったからです。

このように音が聞こえることと音声が理解できること(言葉や音の意味が認識できること)は、全く異なる状態なため、2つの測定があります。ここからが重要ですが、補聴器は、簡単に言えば単に音を大きくして聞こえを改善させることしかできません。つまり、認識する力が弱いと補聴器の効果は、望みにくくなります。

そのため、聞こえにくい現状を改善させるには、音声の理解力を調べ、その耳を活かせるのか、それともその耳を活かすのではなく、別の方法をとった方が良いのかを考えます。

結論から言えば、その耳を活かせるのであれば、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、その耳を改善させます。それをしても効果が薄い場合は、聞こえにくい耳で理解するのではなく、音を聞こえる耳に転送して補い、聞きにくさを改善させていきます。

補聴器の効果を擬似化できる語音明瞭度測定

耳鼻科で行うことは少ないかと思いますが、私のところでは、それを調べるために、上記に出てきた語音明瞭度測定を行います。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

聴力測定同様、このような防音室の中で、

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

ヘッドホンをつけ、聞こえる音量にして、あ、じ、は、などの一つの言葉を出していきます。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

それを聞こえた通りに紙に記載し

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

その結果がどうなのか。それを確認します。

ちょうど良い音量から少し大きいくらいの音量でやるとその人の音声の理解力を調べることができます。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

それを調べたのが、こちら。補聴器の適性を見る場合は、基本的に一番正解数が高いところを見ます。この場合は、縦軸の一番高い部分ですね。そこの数値の意味は、

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

このようになります。補聴器の効果ですが、基本的に50%以上はないと効果は望みにくいとされています。50%でも日常会話は、しばしば(多々、度々)理解できないことがあるレベルですが、ここから補聴器の適用になります。

耳の場合は、音が聞こえることと、音声が理解できることは異なるため、このような測定があります。こちらで耳の状況を理解し、どのように聞こえを改善させたら良いか。その方針を理解することができるようになります。

それぞれの改善方法

語音明瞭度測定の結果が良ければ(50%以上であれば)、聞こえにくい耳に補聴器を直接装用し、聞こえにくさを改善させた方が、聞きにくさは改善しやすくなります。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、このような形状をしたものや

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

このような機器があります。

それでも聞こえる耳ほどには、なりませんが、全体的に感じている聞きにくさをより無くしていくことができます。

一方、明瞭度(音声の理解力、語音明瞭度測定の結果を示す言い方)が低く、明らかに効果は薄い、ない場合は、聞こえにくい耳で音を理解するのではなく、聞こえる耳で音を理解できるクロス補聴器で理解できるようにしていきます。

仕組みとしては、このようになります。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に補聴器をのせ、聞こえない耳には、音を転送させる機器をのせます。すると、聞こえにくい耳にくる音を常時、聞こえる耳に送ってくれます。このように音を理解する道具が、今現在ではあります。

このような機器がでてきたのは、補聴器を直接、耳に入れても効果が望みにくい耳があるためです。明瞭度が低い耳は、音を入れて改善させるということができません、音を大きくしても音は聞こえるけれど、理解はできない、という状況になります。聞こえにくい耳に音を入れても改善できないのであれば、音を聞こえる耳に転送して改善したらどうか。そのような発想により、生まれたのがクロス補聴器です。

耳の状況によって改善方法は、違う

耳の場合、聞こえにくい耳に音を入れることで改善できるのか、できないのか。まず、ここから理解していきます。と言いますのも、音を入れて改善できない耳に音を大きくして聞きにくさを改善させる補聴器を装用しても、聞きにくいままになるからです。

耳には、音が聞きにくいというところと音声が聞きにくいという、この2つの部分の理解ができれば、あとは、自身の状況がどのようになっているのか。ちゃんと補聴器を装用すれば、聞きにくさは改善できるのか。その部分まで見れば、どのようによくしたら良いかがわかります。

それでも補聴器による聞こえの改善には、限度はあるのですが、補聴器で出せる限りの改善は、行うことができます。補聴器での改善は、限度がありますが、限度があるからこそ、ちゃんとやるべきことをしないと、聞きにくさは、ほとんど改善できません。

ということで、片耳のみ中等度難聴の方の基本改善ということで載せてみました。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム