クロス補聴器で気になる聞こえる耳への負担


クロス補聴器に関して、お問い合わせいただくことの一つに、クロス補聴器を装用した際に、聞こえる耳への負担は、どうなのか。という点をいただきます。

この点に関しては、語弊がないようにお伝えしますと、クロス補聴器を使用する場合としない場合では、確実にする方が耳に負担がかかります。

しかし、クロス補聴器は、大きすぎる音については、抑えるようにしています。耳に対する負担は、つけないよりは増えますが、できる限り、耳への負担に関しては、下げるようにしています。

聞こえる耳への負担

クロス補聴器の仕組みとしては、聞こえない耳にクロスと呼ばれる音を転送する機器を載せます。そして、その機器が拾った音を聞こえる耳へ転送します。

クロス補聴器は、片耳で全ての音を聞く仕組みになっている。そのため、聞こえる耳には、補聴器を装用しない状態よりは、負担がかかる。

クロス補聴器は、片耳で全ての音を聞く仕組みになっている。そのため、聞こえる耳には、補聴器を装用しない状態よりは、負担がかかる。

絵で表現するとしますと、このようになります。この際、聞こえにくい耳側の音も入るようになりますので、聞こえる耳側は、通常の状態よりも音が入ることになります。

補聴器の調整画面の一部。補聴器には、基本となる聞こえの部分を調整できるところと、音の制限をかけるところがある。この2つを活用し、聞こえを改善させつつも、耳への負担も考える。

補聴器の調整画面の一部。補聴器には、基本となる聞こえの部分を調整できるところと、音の制限をかけるところがある。この2つを活用し、聞こえを改善させつつも、耳への負担も考える。

それにプラスし、補聴器特有の現象として、紙の音やビニール袋の音、強い衝撃音(何かを落とした音、ものが強く叩きつけられた際の音)も大きく聞こえるようになります。

基本となる聞こえの部分は、音量の軸と周波数の軸がある。この2つを組み合わせ、音を軽減させたり、音をより入れたりすることができる。

基本となる聞こえの部分は、音量の軸と周波数の軸がある。この2つを組み合わせ、音を軽減させたり、音をより入れたりすることができる。

それらの部分に関しては、初めの段階でいくらか軽減させ、さらに日常生活上での活動や実際に音を聞いてみて、うるさすぎる、耳が辛くなるようでしたら、その部分の音(周波数)を下げ、なるべく負担にならないようにします。

そして、補聴器には、音の出力の制限をかけることができます。

音の制限も各周波数で調整できるようになっている。基本的に大きくすることは、ほぼなく、低くすることの方が多い。

音の制限も各周波数で調整できるようになっている。基本的に大きくすることは、ほぼなく、低くすることの方が多い。

これは、これ以上、大きな音を出さない。という制限で、不意に大きすぎる音が入った場合でも、耳を守るようにしています。

それにより、音が大きい(音を聞いても耐えられる範囲)と感じることがあっても、音が強すぎて耳が痛い、耳がキーンとする。というようなことは、起こりにくくしています。

リスクは最小限に

補聴器をつける場合、クロス補聴器に限らず、どのような耳でも、通常の状態よりも音を入れることになります。そのため、耳には、確実に補聴器を使っていない状態よりも負担がかかります。

しかし、音を調整できるようにし、大きいと感じる音は抑制したり、出力にも制限を設けることで、できる限り、リスクは、最小限に止めるようにしています。

片耳難聴であり、クロス補聴器を装用している方で、私が見ている限りでは、聞こえが低下したケースは、今のところ、いません。だからと言い、安全かと言われればそんなことはないのですが、このような処置はしています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もオススメです。

リンク:片耳難聴の方に両耳、耳あなクロスは、どうなのか?色々と調べてみた

リンク:【仕事が楽に】外リンパ瘻にて右耳失聴の方、クロス補聴器で改善しました

リンク:耳あな形のクロスの試聴器を作りました

リンク:【聞きにくい側からの話がわかりやすく】生まれつき左耳が聞こえない方をクロス補聴器にて改善しました