2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【補聴器の効果測定】音場域値測定の数値からわかる事


先日は、補聴器で聞こえを改善させるための考えという内容を記載しました。そこで記載したのは、測定や目標を決めつつ、改善できる数値まで改善させる。ということでした。このお話を聞いていたクロブタは、少しきになることがあったようです。さて、彼?は、何を思ったのでしょうか。

今回は、こちらに関して記載していきます。

深井
さてさて、またまた時間が空いたけど、その後は、どうですかね。

クロブタ
ようやく色々とわかってきました。前回は、補聴器で聞こえを改善させるための考えでしたね。簡単に要約しますと、聞こえを数値化して、改善値まで補聴器で改善させる。ということですね。

深井
そうだね。

クロブタ
そこでは、音場域値測定で聞こえを確認しつつ、目標となる数値まで目指す。というお話だったのですが、少し気になることがありまして・・・

深井
ほ〜、それは何かな?

クロブタ
この音場域値の数値なのですが、数値による特徴はあるんですか?

深井
数値による特徴?

クロブタ
例えば、聴力測定だと、数値別に軽度難聴、中等度難聴というように分かれてますよね。つまり数値によって耳の聞こえやすさが変わる、ということは数値でおおよその聞こえにくさがわかるようになっているわけですよね。

深井
そうだね。

クロブタ
そうすると、補聴器を装用した状態でのこの数値でも、数値によって今、こんな状態なのでは?もしくは、このような部分を改善したい場合は、どのくらい聞こえさせると良い、などは、わかるのですか?

深井
おおよそだったらわかるね。

クロブタ
おお!やはり!

深井
じゃあその部分に関しても説明していこうか。ただ、これは、あくまでも私の方で調べてみた限りなので、話半分に聞いてね。一応、自分の感覚とお客さんのお話を聞く限りは、かなりいい線まで行っているとは思うけど。

クロブタ
了解です。

音場域値の数値でわかること

深井
では早速初めていこうか。音場域値測定の数値でわかることだけど、

  • 音声の聞きやすさ
  • その他の音の聞きやすさ

基本的には、この2つに分かれる。

音声の聞きやすさは?

深井
一つは、音声の聞きやすさ。皆が気にするのは、ここだね。この点は、どの会話の音声かにより、大きく変わってしまうけれども、対面で、面と向かって会話する場合は、40〜45dBくらいあれば聞こえるようになるかな。

クロブタ
そうなんですか。てっきり前回の目標値であった35dBは、必要なのかと・・・。

深井
一般的な声の大きさであれば、40〜45dBくらいであれば聞こえるね。もちろん、対面でお話する場合の通常の音声の大きさだと、それなりに大きいので、どちらかというと聞きやすい部類には、入るよ。

クロブタ
それ以外は、どうなんですか?例えば小さい声の方とか・・・

深井
そうだね。この辺りは、少々、意見が分かれるけれども最低でもに25dBくらいで聞こえていないと理解が難しいようだね。

クロブタ
いきなりハードル上がりましたね・・・。最低25dBですか・・・。

深井
まず、音そのものに関しては、平均30dBくらいで気がつくようになる。そして、何か話している様子もわかるようになる。ただ・・・

クロブタ
何を話している(話の内容)までは、わからないと・・・

深井
その通り。音声の場合は、音が聞こえるだけでなく聴取するのにある程度音量が必要なので、どうしてもそうなりやすい。まぁだから、聴力レベルに関しては、25dBまでは正常で、それ以下からは、難聴としている(※考え方によって一部異なります)のだけど。

クロブタ
なるほど、オージオグラムには、そのような見方もできるのですね。

深井
そう、正常の範囲というのは、言い換えれば基本的に聞こえに困らない範囲だね。逆に言えば音だけで考えればそこまで目指せれば良いとも言える。ただ、実際、感音性難聴の場合は、明瞭度の問題も入ってくるから、改善については、そんなに単純な話では無いんだけどね。

クロブタ
確かに・・・。

深井
ここまで話しておいてなんだけど、音声の場合は、小さい声が聞こえるようになる、理解できるようになる部分まで目指すのは、少々困難なので、あくまでも目標とする数値で考えた方がいいかな。前回書いた、こちらの目標とする部分まで聞こえを補う。という考えだね。

クロブタ
人によっても話の聞きやすさが異なることも含めてですね。

深井
そうだね。ただ目標となる部分がわかれば、現状を調べて、より良くできるのか、そうで無いのかもわかるから、客観的に耳の状態をみつつ、改善していければいいんじゃないかな。自分が感じている音の感覚も照らし合わせてね。

クロブタ
はい。

その他の聞きやすさ

クロブタ
では、その他の聞きやすさは、なんですか。

深井
それは、主にアラーム系だね。アラームというのは、例えば電子機器で、お知らせする音、体温計の音やお風呂の湯はりの音、洗濯機で洗い終わった際に鳴らしてくれる音、電子レンジで温め終わった後の音などの……

クロブタ
ああ、基本的に高い音ですね。チャイムなどの……

深井
そうだね。この部分に関しては、ちょっと不明確な部分もあるけれども、私自身が数値と評価を繰り返し行なった限り、1000Hzも含むそれ以降の周波数の数値(1500Hz、2000Hz、3000Hz、4000Hz)が、それぞれ40dBくらいまで聞こえていれば、だいたい聞こえるケースが多いね。

クロブタ
おお・・・そうなのですか。

深井
まず、アラーム系は、1000Hz〜3000Hzあたりをだいたい、45dBくらいまで聞こえるようにするとわかることが多いね。このアラーム系は、電子レンジの音やお湯はりの音、時計、洗濯が終わった際のお知らせの音など、日常的なアラームの音だね。実際には、50dBくらいでも聞こえるようだけど、確実に聞きたいなら、40dB、45dBは欲しいところだね。

クロブタ
ふむふむ・・・

深井
4000Hzは、体温計だね。体温計は、一番聞こえにくくて(音も小さいため)、4000Hzも45dBくらいにしないと気がつかないケースが多いかな。できれば、4000Hzは、40dBくらいまで改善させておくと聞きやすくなるよ。

ただ最近の体温計は、ご年配の人向けに少し音量が大きいタイプの体温計が出たりもしているので物によって結構違うのが正直な感想かな。

クロブタ
なるほど・・・

深井
私も補聴器を使っているけれど、確かなのは、1500Hz〜4000Hzに関しては、40dBくらいまでできればかなりわかりやすくなるということだね。お客さんのお話を聞いても、自分自身の体感としてもそれを感じるかな。

クロブタ
ということは・・・

深井
もし、ちゃんと補いたいなら、高い音もしっかり補った方がいいということだね。ただし、あくまでも目指せる方のみが対象。どの聴力でもそこまで補えればいいけど、聴力低下が大きいと大きいほど、補いにくくなるのでね。

クロブタ
そうなるとまさに始めの通り、目標とする部分まで補う。という発想になるということでしょうか。

深井
そうだね。

聞こえを数値化することによりある程度は、わかる

クロブタ
ありがとうございます。まさか数値化することでここまでわかるようになるとは思いませんでした。

深井
まぁここまでといっても主に高い音くらいしか実用的なことは言ってないけどね。

クロブタ
いやいやそれででも感覚だけしかわからないより、よっぽどいいですよ。ここまで大きくすれば良くなるんだ。とわかっている場合とわからない場合では、全然モチベーションも違いますから

深井
確かにそうだね。

クロブタ
数値で見るって大事なんですね。

深井
まぁどうしても感覚だけではわからないからね。目だって、メガネかけることで見えるようになるかもしれないけど、それによって視力がどのくらいになっていて、改善させられるところまで改善させられているかなんてわからないのと同じだよ。

クロブタ
・・・

深井
あとは、高い音に関してもなるべく補えれば補った方がいい。マイクを通した感じで聞こえたり、高い音が気になる傾向は出やすいけど、その代わり、それらの部分が聞きやすくなることにより、わかる音も増えてくるのでね。

クロブタ
なるほど・・・

深井
ちゃんと改善できるところは改善させる方が全体的に聞きやすくなるから、目標とするところまで改善させるというのは、とても重要なんだよ。逆に言えばそれらの部分も改善させた方が良いから音を入れているというのもある。

クロブタ
・・・

深井
ということで今日はいいかな。

クロブタ
はい!ありがとうございました。

深井
いえいえ、どういたしまして。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム