盲の方の特徴とろうの方の特徴を聞いた上で思った難聴者の特徴


少し前に面白い話を聞きまして、それは、盲の方は、一匹狼が多く、聾の方は、コミュニティを作る傾向がある。という話です。なかなか面白いなと思うのですが、盲の知識があまりないため、この話は本当なのか定かではありません。ただこの話で思ったのは、「難聴者」と「聾」でもちょっと違うなと感じます。

結論からいえば、難聴者もどちらかというと一匹オオカミが多いように感じ、聾の方は、確かにコミュニティを作っている人が多いと感じます。私だけでしょうかね。

色々な聞こえにくい人たち

聞こえにくい人を表す言葉としては、

  • 難聴者
  • 聴覚障害者
  • ろう者

というような言葉がありますが、聞こえにくいという共通点はあるものの、意味合いとしては、かなり異なります。私が感じている傾向ですが、

  • 難聴者:音の世界で生きており、考えは、一般の感覚とほぼ同じ。音声(声)で会話
  • 聴覚障害者:広く使われるが、どちらかというと会話がかなりしづらい人達であり、目でコミュニケーションする人。
  • ろう者:独特な世界観を持っている方が多い、手話で主に意思疎通をする。

このように感じます。で、上記の話を聞いた時に思ったのは、

  • 難聴者:一匹オオカミが多い…気がする
  • 聴覚障害者:コミュニティ型
  • ろう者:コミュニティ型

というように感じます。ただ、1人でいることが好きな方、そうせざるを得ない方もいるため、状況的に仕方がない部分もあるかと思いますが、性格的なものも難聴の方は、一匹オオカミ型が多いように感じます。気のせいならすみません。

ちなみに私の性格診断テストでは、こんな感じになりました。私のカテゴリは、難聴者で、右上に光り輝く一匹オオカミの文字が。一応、この部分は、私だけの感性ではなく、そのほかの人の状況も考えた上で、書いてます。

今後の状況

一応、上記では、

  • 難聴者
  • 聴覚障害者
  • ろう者

というようなカテゴリ分けしましたが、今後は、治療や改善の技術が上がってくると

  • 音(音声)でコミュニケーションする人達
  • 視覚情報でコミュニケーションする人達

でカテゴライズできるかと思います。その場合は、

  • 音(音声)でコミュニケーションする人達:一匹オオカミ
  • 視覚情報でコミュニケーションする人達:コミュニティ型

となりそうです。今現在も聴力ではなく、どの世界に生きているのか。どのようなコミュニケーション方法で行なっているのかで、この部分は、決まっている感はありますが、今後は、より、その感覚が強くなるかと思います。

と、話を聞いた上で思ったことを書いてみました。こちらのものは、ただ私自身が感じたことですので、事実はどうかわかりません。ただの傾向としてみてください。

現場からは以上です。