2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の聞こえの効果と性能の関係、性能を理解する3つのポイント


補聴器の購入を考える際、気になるのは、どのようなものがどう聞こえの改善に影響してくるのか。金額が高いものほど、良さそうな感覚はわかるけれども、実際、どう良いのか。そして、どう違いがあるのか。このような点かと思います。

そこで、こちらでは、聞こえの改善をベースに性能がどう関わってくるのか。そして、その性能とは、どのようなものがあるのか。こちらについてまとめていきます。

  • 補聴器についてしっかり理解したい
  • 聞きにくさを感じていて、補聴器について調べている
  • 補聴器の性能がイマイチどう聞こえに影響するかがわからない

という方は、参考にしてみてください。

なお、機能の説明に関しては、あくまでも当店が扱っているフォナック、というメーカーを基準に記載していきます。各社、機能に関しては、名前を変えているケースはありますが、似たような名前で作っているケースが多いため、多くの場合に当てはまるように記載していきます。

そして、補聴器を例にだす説明は、あくまでもフォナックの製品に絞って記載していきます。その点だけ、ご了承ください。

補聴器の聞こえの基本と性能の関係

まず、こちらでは、

  • 補聴器で聞こえを補う基本
  • 基本と性能の関係

の二つに関して分けて記載していきます。一番気になるのは、補聴器を装用し、聞こえの改善部分にどう性能が関わってくるのか。というところかと思いますので、その点に関して、重点的に記載していきます。

補聴器で聞こえを補う基本

それを理解するには、まず補聴器は、どうやって聞こえを改善させているの?というところからはじまるのですが、

補聴器には、基本的にどの聴力に合うものなのかが必ず表記されている。その範囲内のものを選べば、まず間違いはない。

補聴器には、基本的にどの聴力に合うものなのかが必ず表記されている。その範囲内のものを選べば、まず間違いはない。

フォナックジャパンより引用(カタログ)

補聴器は、それぞれ、どのくらい音を大きくできるのか。性能とは、異なる音の出力という要素があります。そして、自分の聴力を理解し、この適合範囲内の補聴器を選ぶ必要があります。

中にはわかりやすく、◯◯難聴が対応しますよ。という表記があるものもある。

中にはわかりやすく、◯◯難聴が対応しますよ。という表記があるものもある。

リオネットより引用

補聴器に◯◯難聴用、と記載されていたり、適合聴力の範囲が記載されているのですが、この範囲内のものを耳にセットし、音量を増幅して、耳に合わせていく。これが、基本の部分です。

補聴器の調整に必要な道具一式。こんな風にして、調整していく。

補聴器の調整に必要な道具一式。こんな風にして、調整していく。

耳に合わせる過程としては、補聴器は、フィッティングソフトと呼ばれる音を調整する道具により音を設定し、合わせていきます。今現在は、パソコンで全て行なっています。

補聴器を調整する際は、フィッティングソフトを使用し、調整していく。その聴力を入れる際の画面が、こちら。

補聴器を調整する際は、フィッティングソフトを使用し、調整していく。その聴力を入れる際の画面が、こちら。

聴力を入力すると

今のものは、聴力を入力するとある程度のところまでは出してくれる。

今のものは、聴力を入力するとある程度のところまでは出してくれる。

このようにおおよその音の大きさを出してくれます。その後、音の大きさを

  • 自分の体感
  • 客観的にみた数値

の二つを利用しながら、耳に合わせていきます。音を大きく聞かせることにより、音が大きすぎないかを確認し、かつ、補聴器を装用した時の状態を可視化できる測定を行い、適切に音が補えているのかを見ていきます。

▲が補聴器を装用して聞こえている値、赤い△が補聴器を装用して目指す聞こえのライン。補聴器は、自分の状況を可視化し、聴力から改善できるであろう目標を決め、そこまで改善を目指す。目標がないとどこまで聞こえればいいかわからないからだ。

▲が補聴器を装用して聞こえている値、赤い△が補聴器を装用して目指す聞こえのライン。補聴器は、自分の状況を可視化し、聴力から改善できるであろう目標を決め、そこまで改善を目指す。目標がないとどこまで聞こえればいいかわからないからだ。

こちらは、補聴器を耳に合わせた後、どのくらい補聴器で聞こえが改善できているのかをみる音場域値測定というものです。こちらをみると、状況がわかるようになります。そして、ここからが重要ですが、

  • 聴力から定めた改善目標値
  • 現状の聞こえを可視化(数値化)
  • 実際に装用し、音量がどう感じるか

この三つを比較しながら、聞こえの改善をしていきます。

改善目標まで音を入れられ、かつその状態で日常生活上でも使用できる範囲内であれば、いい状態と言えますし、そこまで大きくすると周囲の音がうるさい、厳しいなどあれば、そこより、少し低めに設定するなど、状況に応じた調節を行なっていきます。

目指す改善値はどこなのか、そして、今現状はどうなのか、かつ、音の体感値として使える範囲内なのか。これらをみることにより、補聴器の調整は、徐々に良くなっていきます。

これが補聴器の調整の基本となる部分です。

性能と聞こえを補う基本の関係

では、本題。性能と聞こえを補う基本の関係ですが、先ほど、補う目標を決め、そして、音を入れていく旨、ご説明しました。その際に気になるのは、

  1. 音の聞こえの改善のしやすさは、性能により変わるのか
  2. 改善の目標値は、性能により変わるのか

の2点になります。

初めから結論を書きますと

  • ①性能が2割ほど関わる
  • ②変わらない

となります。

音の聞こえの改善のしやすさは、性能により変わるのか

この点は、2割ほど性能が関わります。補聴器の性能には、大きく分けて

  • 補聴器の聞こえの基本となる機能
  • 騒がしい中でなるべく聞きにくくならないようにしてくれる機能
  • 快適性をあげる機能

の三つがあります。そして、ベースとなる聞こえに関しては、補聴器の聞こえの基本となる機能が関係します。

まず、補聴器で聞こえを改善させる場合、補う目標を決め、そして音を入れていくことと記載しました。この場合、この”音を入れていく”という部分が、どう性能(補聴器の聞こえの基本となる機能)と関わるかを理解することが重要です。

音を入れて補うというところですが、横の軸と縦の軸があります。それは

  • 周波数
  • 音の出力

の二つです。この点は、聴力検査でも同様ですね。その内、音の出力は、性能により変わることはありません。

音の出力は、主に形状、もしくは、上記に記載した通り、その補聴器が◯◯難聴用、及びどこまで音を強く出せるかにより、変化します。

こちらが主な聴力別の形状タイプになります。聴力が重いと重いほど、大きい補聴器で大きな音が出る補聴器でないと、そもそも補えない状態になるのですが、軽度〜中等度難聴であれば、ほぼ全部の機器で、補えるようになります。

つまり、出力は性能とは別の要素であり、性能は関わりません。この部分に関しては、性能というよりも、ちゃんと適合聴力範囲内のものを選ぶ。ということが重要です。

しかし、周波数は、変わります。業界的には、チャンネルという言い方をするのですが、補聴器の画面を見て見ますと

どの補聴器にもチャンネルという概念がある。この数値が大きいと大きいほど、周波数別に調整ができ、ある部分だけ大きくしたい、小さくしたいということがしやすくなる。

どの補聴器にもチャンネルという概念がある。この数値が大きいと大きいほど、周波数別に調整ができ、ある部分だけ大きくしたい、小さくしたいということがしやすくなる。

このように複数の周波数を区切って調整できるようになっています。この区切りが性能により、変化します。良いものほど、多くなりますので、細かく分類して、調整できるようになります。

では、これがどのようにいいのか。というお話になるのですが、例えば、耳に補聴器を合わせる過程上、音場域値測定をしたら

実際に補聴器を調整した後、仮にこのような状態だった。さぁどうする?なお、結構、こういう状態は、ある。

実際に補聴器を調整した後、仮にこのような状態だった。さぁどう修正していこうか?なお、結構、こういう状態は、ある。

上記のような状況であることがわかりました。目標値に関しては、図の通りで、足りているところもあれば、足りない部分は、周波数ごとに異なります。このようなケースの場合、チャンネルが多いと足りない部分のみの調整がしやすくなります。

チャンネル数が多い場合は、調整したいところだけ、上げ下げできるようになる。状況を調べて見て、各部分を修正しやすくなる。というように言えばわかりやすいかもしれない。

こちらは、20chのもの。チャンネル数が多い場合は、調整したいところだけ、上げ下げできるようになる。状況を調べて見て、各部分を修正しやすくなる。というように言えばわかりやすいかもしれない。

多いものは、その部分だけ音量を調整できたりします。

チャンネル数が少ない場合は、一部、巻き込みながら、影響を与えながら調整することになる。特に各周波数で足りない音量が異なる場合が非常に調整しづらくなる。

こちらは、8chのもの。チャンネル数が少ない場合は、一部、巻き込みながら、影響を与えながら調整することになる。特に各周波数で足りない音量が異なる場合が非常に調整しづらくなる。

低いものは、他の部分も巻き込みながら調整していくこととなります。これらの部分で、違いが出るようになります。

なお、ここからはあくまでも個人的内容ですが、

こちらが、当店で扱っている補聴器のランクになります。チャンネルを見て見ますと、8〜20chまでありますが、私自身は、よほど特殊な聴力でない限り12chのスタンダードクラスくらいまであれば、ほとんどの方の状態を細く調整できますので、チャンネルに関しては、このくらいで十分だと思っています。そういった意味でのスタンダードですね。

多ければ多いほど調整する人間からすると楽で、その分、金額が上がるのですが、その上昇分の価値を得られるかというとチャンネルに関しては、感じにくい状態です。一人暮らしなのに、4LDKのマンションを借りるようなもので、そんなに広さは必要だろうか?という状況といえばわかりやすいかもしれません。

よってこちらでは、2割くらい関わる。というように表現しています。一番下の8chでも基本の部分は、おおよその部分は補えるようになっていますので、よりそのように感じます。

改善の目標値は変わるのか

これは、変わりません。基本的に改善の目標値は、聴力により決まるため、実際に改善できる数値は、補聴器により少々異なっても、改善できる目標値が変わるというのは、ありません。

どの補聴器も補聴器の効果に関しては可視化し、補えるところは補う。ということを行えば、改善しやすくなります。

まとめ

補聴器の聞こえに関しては、どれだけ改善目標となる部分まで、聞こえを改善できたかにより、聞こえの効果が決まります。こちらは、あくまでもベースとなる聞こえの部分のみではありますが、上記にある音場域値の数値が上にくるとくるほど聞こえは改善しやすくなります。

では、この数値に関して、性能により、変化があるかというと、出力は性能と関係ありませんが、調整できるところに関しては、少々影響が出てきます。

これが、補聴器の基本となる部分と性能の関係です。

補聴器の性能とその種類

では、次は補聴器の性能に関して見ていきましょう。補聴器の性能に関しては、上記に出てきた通り

  • 補聴器の聞こえの基本となる機能
  • 騒がしい中でなるべく聞きにくくならないようにしてくれる機能
  • 快適性をあげる機能

主にこの三つに分かれます。それぞれ詳細を記載していきます。

補聴器の聞こえの基本となる機能

補聴器の聞こえの基本となる機能は、先ほど出てきたチャンネル(バンド)になります。まさに音を調整する部分に関わり、影響が大きいところになります。

上記では、聞こえを改善させる場合の使用方法のみ記載しましたが、実際には、音が大きく感じたり、特定の音がより大きく感じる場合は、その周波数帯の音量を下げたりもできます。

この部分は、チャンネル、あるいは、バンドと呼ばれ、だいたい数値で表記されています。

騒がしい中でなるべく聞きにくくならないようにしてくれる機能

こちらは、騒がしい中での聞き取りをなるべく低下させないようにする機能で、補聴器の世界では、指向性という呼ばれ方をしています。指向性とは、

指向性とは、前方の方向からの音を優先的にきく機能。元々は、きく範囲を定めるのが指向性という。

指向性とは、前方の方向からの音を優先的にきく機能。元々は、きく範囲を定めるのが指向性という。

あくまでも基本的な考えですが、このようなことをする機能です。

人は、お話する際、前を向きながら話す習性があります。それを利用し、前方の音を中心的に入れ、後方や横の音を抑制し、前方からくる音をなるべく邪魔させないようにします。そのようにすることで、騒がしい中で聞きにくくなりやすい状態をなるべく聞きやすく支援してくれる機能です。

もともと人の耳は、前方の音の方が聞こえ、後方からの音の方は、前方に比べると聞きにくくなっています。人の耳も実は、聞く範囲を絞っています。そのような習性から、生まれた機能と言ってもいいかもしれません。

この機能が優れているといるほど補聴器の金額が上がるようになります。上がると上がるほど、騒がしい中での聞き取りを手助けしてくれるようになります。しかし、この機能があるからと言って100%理解できるわけではありません。その点に注意です。

快適性をあげる機能

快適性をあげる機能とは、補聴器を装用しているとよく感じやすい音を補聴器の方で抑制してくれる機能です。この機能も上がると上がるほど、金額が高くなります。

主に、このような種類があり、

補聴器ごとに何が搭載されているのかが変化します。

①暗騒音を抑制

こちらは、補聴器を装用しているとサーッといったり、ザワザワ…というような音が常に聞こえるのですが、それを軽減してくれる機能です。暗騒音は、人が多いところや車などがよく通っているところほど、感じやすくなります。

この機能が優れていると優れているほど、その音を軽減しやすく、かつ軽減する際に音声まで余計にカットすることなく、抑制がしやすくなります。ただし、限度はあります。

この機能が優れている場合、使用している人の評価を聞いてみますと、音がクリアに聞こえる。という評価をいただくことが多いです。おそらく暗騒音のような余計な音が少なくなることにより、より人の耳に近くなるためでしょう。

たまに周囲の騒音全般、例えば車の音や周りの音、そのものを抑制してくれるというような言い方をする方がいるようですが、そんなことはしてくれません。

こちらの機能は、

  • ノイズブロック
  • ノイズキャンセラー
  • 雑音抑制

など、様々な言い方があります。

②風の音を軽減する機能

こちらは、そのままですが、風の音を抑制する機能です。補聴器は、マイクに風が当たると非常に大きい音がします。その音を軽減してくれるのが、この機能です。

こちらもあると、風による大きな騒音が抑制されますので、快適性が増します。

この機能は、ウインドブロックなどと呼ばれています。

③突発的な大きな音を軽減する機能

こちらは、ものが落ちた際やヒールのカンカンする音を軽減する機能です。こちらがあると、その部分だけ軽減することができます。

補聴器を装用するとはじめに気になるのは、細かな音という事もあるのですが、突然発生する大きな音も同様です。ドアを勢いよく閉めた時の音やものを落とした際の音、その様な勢いよく大きな音がするものだけを抑制してくれるのが、この機能です。

大きな音は不快に感じることも多いため、あると、快適性が増すようになります。サウンドリラックスなどと呼ばれています。

④反響音を軽減する機能

これは、狭い部屋や響きやすいところでの反響音を抑制する機能です。こちらがあると、快適性+聞き取りに関して、貢献してくれます。

快適性をあげる機能のまとめ

上記にあげたものは、全部、音響機器であるがゆえに起こる問題です。最近は、YouTuberの動画や動画の生放送などが増えてきましたので、それらを見てみるとより感じるかと思います。

例えば、暗騒音に関しても、ずっと何か鳴っているような音が聞こえたり、ざわざわした感覚で聞こえたり、風があるところでは、風がマイクにあたり、ヴォーヴォー聞こえ、何を言っているのかよくわからなかったりします。また、細かい物音が妙に大きく聞こえたり、大きい音は、かなり響くような感じも同様です。

補聴器は、音響機器ですので、これらのことが起こります。補聴器を装用し続けることで、音の感覚に慣れてくることはありますが、これらの機能があると、より快適性は、増す様になります。

金額による性能別イメージ

さて、次は、金額による性能別イメージです。ここまで、補聴器の基本となる聞こえの部分を記載したり、性能の部分を記載しましたが、これだけでは、イマイチ、金額別にどう聞こえに関して、影響してくるのかが見えにくい状態です。そこで、金額別の性能に関して記載していきます。

なお、こちらに記載するのは、あくまでも私が扱っているフォナック社のものになります。別のメーカーさんは、どの様に性能別に構築しているのかが不明ですので、ここでは取り扱いません。この点は、申し訳ございません。

ということで、早速記載していきますが、基本的には、下のものは、耳の聞こえを補うだけに対し、上になるとなるほど、補うだけでなく、様々な抑制機能(快適性をあげる機能)や指向性機能がつき、さらにその聞こえを支援してくれる様になります。

上記のランク表があるとしますと、

  • エコノミー:基本的な聞こえを補うだけ、そして、それを最小限で行う
  • スタンダード:全体的に基本となる聞こえを補える様に。かつ、快適性も少し上がる
  • ビジネス:基本となる聞こえは補いつつ、快適性、指向性の機能がここから急に上がる様に
  • ファースト:聞こえを補う基本、指向性、快適性、全ての要素を最大限まで高めたもの

各クラスのイメージは、この様になります。

基本となる聞こえの部分は、どの補聴器でも補えますが、その機能に+して、快適性や騒がしい環境下での聞き取りをなるべく下げない機能の効果を上げていくと、それに伴い、どんどん金額が上がっていく状態です。

補聴器の金額と性能の差は、この様なところに出てきます。

まとめ

さて、今回の内容についてまとめていきます。

まず、補聴器の聞こえの基本と性能に関しては、上記に記載した通り

  • 性能が上がることにより、改善の目標値が上がることはない
  • 補える数値は、若干影響を受ける

となります。聞こえ改善の目標値はあくまでも聴力によって決まり、実際に音を入れた場合、チャンネル数により、細かさが少々異なります。ただ、スタンダードクラス以上は、よほど特殊な聴力でない限り、そこまで変わりません。

この点は、あくまでもフォナック社を扱っているというところと、実際に私自身がお客様の耳へ補聴器を合わせていることから感じる見解です。

そして、性能に関しては、分別すると

  • 補聴器の聞こえの基本となる部分
  • 騒がしいところでもなるべく聞きにくくならないようにする機能
  • 快適性をあげる機能

の三つに分かれます。どの補聴器にも聞こえの基本となる部分はあり、聞こえを改善させることはできます。そして、その基本の機能にどんどんプラスしていくほど、金額が高くなります。

それが補聴器の基本と性能の関係になります。

なお、ここから重要なことをお話しますが、

  • 補聴器の性能よりもどう調整するかの方が重要
  • 実際には、耳につけて体感しよう

の二つに関して、気をつけてください。

まず、補聴器の性能は、上記の通りですが、実際の改善値に関しては、どれだけ音を入れられるかであり、補聴器の性能以上にどう調整するかにより、補聴器の効果というのは決まります。ですので、ただ単に良い補聴器を購入すれば良いという訳ではありません。どう改善させるか、どう聞こえさせるかの方が重要です。

また、実際には、耳につけ、体感しながら補聴器の性能(ランク)については、決めていくことをお勧めします。

金額が上がることにより、確かに性能そのものは上がってはいるのですが、その点をよく実感できる方とあまり代わりがない方がいます。あまり変化を感じないのであれば、そこまで無理して高いものを購入しなくても良いですし、変化を感じるのでしたら、その点をお財布と相談し、どのようにするかを決めれば良いでしょう。

補聴器は体験型の製品ですので、なかなか体験して見なければわからないところが多いかと思いますが、こちらの内容で、補聴器に関して理解が進めば幸いです。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム