他店購入の方から言われる補聴器が聞きにくい、を改善させる方法


補聴器のお店を営業していると少なからず他店で購入された方より補聴器を見てもらいたい、この補聴器について相談したいという依頼があるのですが、その場合において、

  • 聞きにくさをよく感じる
  • 使っている補聴器が聞こえているのかわからない
  • 補聴器の効果がわからない

というケースに通じるのは、自分の補聴器がどこまで自分の耳を改善させているのか、それを把握していないことです。補聴器には、聴力からどのくらいの改善を目指し、どこまで聞こえさせるか。という目安が存在しています。

補聴器の効果の可視化を行うと自分の現状が補えているのか。そして、どう改善したらいいかも全て見ることができます。

残念ながら補聴器はどんなにうまく調整しても、補聴器で耳を治すことはできません。しかし、より生活を豊かにすることは可能です。

ということで実際にこのような方が来た場合、どのように対応し、どう改善させるのか。その点に関して記載していきます。

改善のために必要なのはまず可視化すること

私のところにご相談に来られる方は今のところ大半そうですが、ご自身で自分がどう音を感じているのか、そもそもどこまで聞こえが良くなれば良いかを理解していない方が多いです。

ですので、まず初めに行うのは、使っている補聴器の効果の可視化とその聴力からどのくらい改善できていればいいかの数値を説明しています。補聴器を使っている状態でどのくらい聞こえているのかがわからなければ、その状態が良いのか、悪いのかもわからないですし、どのくらい補えていないのかもわかりません。

そして、そもそも聴力からどこまで改善できて入れば補聴器として合格ラインなのか。それがわからなければ良いも悪いも、そもそも判断がつきません。判断というのは、目安があるからこそできることであり、目安がない場合は、どんなものも判断はできません。

補聴器の状態を簡易的に見れるのが、この測定。私は、良く行なっているが、補聴器の改善に関しては、明らかに関連性がある。

補聴器の状態を簡易的に見れるのが、この測定。私は、良く行なっているが、補聴器の改善に関しては、明らかに関連性がある。

その場合に行うのは、音場域値測定というものを行います。簡単にいえば補聴器を使用して、どのくらい聞こえているのか。それを可視化するツールです。聴力検査と似たようなもので、いわば補聴器の聴力検査のようなものです。やり方も補聴器を装用した状態で測定します。

耳の状態を可視化できるものもあれば補聴器の状態を可視化できるものもある。この手のものは、実際には、数値をどう見るのか(判断するのか)。それが一番重要になる。

耳の状態を可視化できるものもあれば補聴器の状態を可視化できるものもある。この手のものは、実際には、数値をどう見るのか(判断するのか)。それが一番重要になる。

それで測定すると、こんな感じに出ます。この測定の良いところは、音が足りていないだけではなくどの周波数が足りていないのかまで出してくれるところです。つまり、どこをあげれば改善しやすいのか、目標と比べて、どこがどれだけ足りていないのか。それを理解することができます。

このように聞こえにくさを感じている場合は、そもそも自分の聞こえは、どんな感じなのか。それを可視化します。そして、ちゃんと補えている状態であればよし、逆に音が全然補えていない状態であれば、補っていきます。

音を補うステップ

音を補うステップとしては、非常に簡単で単純に補聴器装用時を調べ、足りないところを上げていく。ただそれだけになります。

仮に調べてみたらこのような状態だった。その場合、どのように改善させたら良いだろうか?

仮に調べてみたらこのような状態だった。その場合、どのように改善させたら良いだろうか?

私を例(書いている人は生まれつき難聴で、かつ自分で補聴器を調整し、改善させています。もちろん感覚に頼ることはせず、数値で聞こえに関しては管理しています)にしてみますと、測定してみたら仮にこんな状態だったとします。

私の聴力。典型的な中等度難聴の数値が、こちら。

私の聴力。典型的な中等度難聴の数値が、こちら。

私の聴力はこんな感じです。そして、このような聴力の場合は、

聴力から出した改善目標。この部分は、主に補聴器販売店側の仕事。

聴力から出した改善目標。この部分は、主に補聴器販売店側の仕事。

補う目安は、だいたいこのようになります。※補う目安は、聴力によって変わるため、あくまでも私の聴力で記載しています。

2つを比較すると現状が良くわかる。物事は、目標があるからこそ、現状を比較でき、状況を理解することができる。

2つを比較すると現状が良くわかる。物事は、目標があるからこそ、現状を比較でき、状況を理解することができる。

二つを重ねてみますと、このようになります。音場域値測定を行うと、どこがどうなっているのかが目に見えて理解することができます。

補聴器には、チャンネルというものがあり、それぞれどのくらい細かく分けて調整できるかの指数がある。それにより、足りない部分の周波数だけ補うということがしやすくなる。

補聴器には、チャンネルというものがあり、それぞれどのくらい細かく分けて調整できるかの指数がある。それにより、足りない部分の周波数だけ補うということがしやすくなる。

なので、補聴器で足りていない部分を大きくし、

測定後、よりよくなっていればよし。ただ、基本的にこの数値は、このように綺麗な状態ではなく、少々、上下することが多い。

測定後、よりよくなっていればよし。ただ、基本的にこの数値は、このように綺麗な状態ではなく、少々、上下することが多い。

再度測定。その際、このように改善して入ればOKです。

そして、実際にその状態で音を聞いてみて、耐えられる範囲内であればさらに良い状態となります。

このように実際に数値してみて改善させるとより良くなります。

なお、私の場合、実際には、

私の実際の状態。目標と同等か、それ以上にしている。それ以上にしていても大きすぎて辛いということがなければ、だいたい大丈夫。

私の実際の状態。目標と同等か、それ以上にしている。それ以上にしていても大きすぎて辛いということがなければ、だいたい大丈夫。

こんな感じに調整しています。目標より上ですが、全然耐えられる範囲内であり、こちらの方がより聞きやすくなるため、この状態で聞いています。

まとめ:改善させるには、目標と現実を見える化すること

このように補聴器で聞こえを改善させる場合は、

  • まず聴力がどのくらい改善できれば良いのか(改善目標)
  • 補聴器でいま現在、どこまで聞こえているのか(現状確認)

の二つを調べることにより、よりよくしていくことができます。改善の目標値がわかれば、その数値と比較し、現状はどうなのか。その数値並みに補えていれば良い状態ですし、そうでないのであれば、もう少し大きくし、改善させる。この繰り返しで、よりよくすることができます。

中には、大きくすると辛くなる方もいますが、その場合は、辛くならない限度の部分まで調整してあげることにより、より聞こえに関しては、改善することができます。

私のところに訪れている方の感覚ではありますが、8~9割方、補聴器の効果も可視化したことがなく、そもそもどこまで改善できるのかも知らない方が多いです。特にメガネ店で購入している方は、今のところ100%の確率でそうです。そして、現状をよくできることが多くなります。

ただ、中には、がっちり調整されているケースもあり、その場合は、しっかり補えている旨、ご説明しています。また、希望であれば、もう少し聞きやすくさせることもしたりはしてます。

中には、改善できないこともありますが、だいたい上記のことを行えば、改善できるケースの方が私としては、多いです。

ということで聞きにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。ちなみにうちでもやってますので、気になる方は、どうぞ。と営業しておきます(笑)