2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を装用している私が感じる早期に補聴器をつける理由


耳が聞こえにくくなり、補聴器の検討をしているのでしたら、個人的には、やはりあった方が良いと考えています。もちろん補聴器を装用し、効果がある場合に限るのですが、補聴器がしてくれることは、結構あります。

こちらに関して、全体的な内容と実際に補聴器を使っている私自身が感じることについて載せていきます。

なお、結論から言いますと、私自身が感じる補聴器を早期装用する最大の理由は、心の負担を軽減させ、自分自身の自信を少しでも多く取り戻すことです。その部分が一番大きいと感じます。

早期に補聴器を使う理由とは

一般的な解釈として、補聴器業界、もしくは、耳鼻科さんが言っているのは、

  • 早期装用すると聞こえを良い状態にしやすい
  • 良い状態をキープしやすい

ということを聞きます。これは、どのような意味かと言いますと、耳には、音、音声を理解する部分があるのですが、あまりにも長い期間、音に晒されないと、補聴器から聞こえる音に馴染みにくい、音を理解する器官が正常に働きにくく、音だけしか感じなくなる(音声の理解が困難になる)というものです。

これは、確かにそうで、実際に補聴器の販売をしている私も非常に強く感じるところです。耳の方の音を理解する力が弱まると、音を大きくすることはできるのですが、その音を捉える力が低下し、音声が音声として捉えられなくなってしまいますので、ただ音が聞こえる……。というだけになりがちです。

ほとんどの人は、音声を理解したいと思う人が多いため、その要望からすると早期装用は、なるべく被害を最小限にするために必要なことでもあります。

しかし、個人的には、それ以外にも強く感じるところがあります。それは、コミュニケーション障害の被害を最小にする。ということです。

難聴の本質の障害を最小限に

難聴の本質、本元は、音が聞こえにくくなることではなく、音声が理解しにくくなることによってコミュニケーション障害が起こりやすくなることです。

言ったのにやっていない、言ったのに伝わっていない、このようなことが増えると、大抵、人間関係や職場関係にヒビが入るようになります。ほとんどの人は、この部分を解消したいと思ってますし、一番、心因的に負担が大きい部分でもあります。皆、好きでそうなっているわけではないのですが、周囲からそのようなことが増えれば、誰だって滅入ってきます。

個人的には、この部分を少しでも早く改善するということが一番重要だと思っています。なぜなら、

  • 心因的に負担が大きい
  • 自分自身に対する自信がなくなる
  • 社会的に孤立しやすくなる(相談者、友人が少なくなる)

というように人生の質、そのものに直接影響するためです。心の負担が大きくなれば、最悪、鬱になる可能性だってありますし、自分自身に自信がなくなれば、気分がすぐれない時の方が多く感じたり、心が腫れることは少なくなります。

そして、意思疎通がしにくくなれば、お話しそのものが面倒に感じ、避けたり、話すことがなくなれば社会的に孤立もしやすくなります。

よく早期装用に関しては、はじめに記載した内容のことを言われることは多いのですが、個人的には、こっちの方がよっぽど重要な内容だと思っています。もちろん、補聴器の効果が高くなればなるほど、これらの障害も最小限にできるので重要ではあるのですが、一番は、コミュニケーション障害による被害ではないか。と私は、感じています。

補聴器は、これらを軽減してくれる

今現在の補聴器を装用したとしても耳を治すことは残念ながらできません。しかし、聞こえやすくなることにより、これらの障害レベルを軽減することはできます。軽減することにより、心の負担が減ったり、自分自身に自信を持ったりすることもできます。話せたり、意思疎通がしやすくなれば、人間関係や職場関係にヒビが入ることも少なくなります。

人間関係や職場関係は、聴覚に問題ない聞こえている人間ですら、起こる問題ですので、実際には、耳だけが関与するわけではないのですが、今まで聞こえにくいことによって起こっていたことは、少なからず軽減されます。

補聴器を使っている私自身が思うのは、その部分の改善の方がよっぽど重要だということです。メンタルの部分がやられる前に、早々につけ、かつ人間関係、職場関係をよりよくしていくことができれば、悩みも軽減されますので、ストレスも軽減されます。

特にその部分で悩んでいる人は、早々につけ、自分自身を楽にさせる。軽減し、もっと自分をいたわってあげることが重要ではないか。そんな風に思います。 個人的には、潰れてからでは、意味がないようにも感じます。

その部分がもっとも苦痛や心因的負担が大きいので、それを早々に軽減させることができれば、自分自身の人生の質は、よりよくできると個人的には、思いますね。私は、そんな風に感じます。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もオススメです。

リンク:両耳が聞こえにくい方を補聴器で補う方法と補う5つのパターン

リンク:補聴器でどこまで補えるのかと聞こえのベースとなる部分

リンク:適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ

リンク:「今まで聞きにくかった人の声が聞きやすくなった」両耳、中・高度難聴の方の改善を行いました


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム